東京・麻布にマクラーレンの新ショールームが誕生

2018.09.14 自動車ニュース
「マクラーレン麻布」の外観。東京・南麻布の広尾寄りに位置している。
「マクラーレン麻布」の外観。東京・南麻布の広尾寄りに位置している。拡大

正規輸入車のディーラー事業を手がけるSKYグループが、東京・麻布にマクラーレンの正規販売店「マクラーレン麻布」を開設。2018年9月15日のグランドオープンに先駆け、同年9月14日に報道関係者向けの内覧会が開催された。

「マクラーレン麻布」の内観。
「マクラーレン麻布」の内観。拡大
「オーディトリアム」には最新モデル「600LT」が展示されていた。
「オーディトリアム」には最新モデル「600LT」が展示されていた。拡大
本社工場の最新映像などを表示する「ウオーキングウィンドウ」。
本社工場の最新映像などを表示する「ウオーキングウィンドウ」。拡大
タッチパネル式の3Dカーコンフィギュレーター。
タッチパネル式の3Dカーコンフィギュレーター。拡大
ショールーム内には、カスタマイゼーションやビスポークなどのサービスを提供するMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)のアイテムも展示されていた。
ショールーム内には、カスタマイゼーションやビスポークなどのサービスを提供するMSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)のアイテムも展示されていた。拡大
SKYグループの笠井成人CEO(右)と、マクラーレン・オートモーティブ アジア・パシフィック担当マネージング・ディレクターのジョージ・ビッグス氏(左)。
SKYグループの笠井成人CEO(右)と、マクラーレン・オートモーティブ アジア・パシフィック担当マネージング・ディレクターのジョージ・ビッグス氏(左)。拡大

最新の設備と最新のショールームデザインを採用

今回オープンするマクラーレン麻布は、日本における5カ所目のマクラーレン正規販売店であり、英マクラーレン・オートモーティブの最新CI(コーポレートアイデンティティー)に基づいてデザインされた、日本初のショールームとなる。運営を担うのは正規輸入車のディーラー事業を手がけるSKYグループで、マクラーレンを取り扱うのは今回が初となる。

ショールーム内には「オーディトリアム」と呼ばれるステージを含め、3台の車両を展示できる空間を確保。4K大画面のタッチパネルを用いた3Dカーコンフィギュレーターや、マクラーレンの本拠地であるMTC(マクラーレン・テクノロジー・センター)の最新映像を表示する、巨大な「ウオーキングウィンドウ」などの設備も設置している。

今回の内覧会では、SKYグループの笠井成人CEOが登壇。「マクラーレンはサーキットから生まれたクルマなので、われわれもディーラー機能のみならず、皆さまのカーライフやレーシング活動を力強くサポートしていきたい」と意気込みを述べた。

ひとつの地域に2つの販売拠点を構えた意味

現在、日本はマクラーレンにとって世界第3位の市場となっており、また2017年には前年比178%、2018年も同142%(8月末時点)と、今なお成長を継続する重要なマーケットとされている。

今回のマクラーレン麻布のオープンについて、マクラーレン・オートモーティブでアジア・パシフィック地域を統括するジョージ・ビックス氏は、「日本のマーケットは素早く変化している。的確なタイミングで的確な商品を提供できるよう、売り上げの半分を占める東京に第2のショールームをオープンした」「マクラーレンにとってひとつの地域に2つのショールームを設けるのは世界初のこと」と述べ、マクラーレンがいかにこのマーケットを重要視しているかを強調した。

また、内覧会ではマクラーレン・オートモーティブ・アジア 日本支社代表の正本嘉宏氏も登壇。「SKYグループはラグジュアリーカー、ハイパフォーマンスカーの両方で豊富な経験を持っている」「マクラーレン麻布は、都内の一等地にもかかわらずアクセスもよい立地に恵まれている」とコメント。日本での着実な成長に対する、SKYグループとマクラーレン麻布の活躍に期待を寄せた。

(webCG)

関連キーワード:
マクラーレン 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事