アルピーヌが「A110」のカタログモデルを予約受注開始

2018.09.21 自動車ニュース
「アルピーヌA110ピュア」
「アルピーヌA110ピュア」拡大

アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「アルピーヌA110」のカタログモデルの詳細を発表。同年11月下旬の販売開始に先立ち、同日より10月24日までの期間限定で、予約受け付けを開始した。

「A110リネージ」(手前)と「ピュア」(奥)。
「A110リネージ」(手前)と「ピュア」(奥)。拡大
「A110ピュア」
「A110ピュア」拡大
「A110ピュア」
「A110ピュア」拡大
「A110ピュア」
「A110ピュア」拡大
「A110リネージ」
「A110リネージ」拡大
「A110リネージ」
「A110リネージ」拡大
「A110リネージ」
「A110リネージ」拡大
「A110リネージ」
「A110リネージ」拡大
ボディーカラーには(左から)「グリ トネール メタリック」「ブラン イリゼ メタリック」「ブラン グラシエ」「ブルー アルピーヌ メタリック」の4色が用意される。
ボディーカラーには(左から)「グリ トネール メタリック」「ブラン イリゼ メタリック」「ブラン グラシエ」「ブルー アルピーヌ メタリック」の4色が用意される。拡大

キャラクターの異なる2つのグレードをラインナップ

アルピーヌA110に設定されるグレードは「ピュア」「リネージ」の2種類で、前者のピュアは1脚13.1kgのサベルト製モノコックバケットシートや鍛造18インチアロイホイールなどを備えたスポーティーなモデルとなっている。

一方、後者のリネージは、洗練されたデザインや快適性も併せ持つモデルとされており、高さ調整・リクライニング機能のついたサベルト製ブラウンレザースポーツシートやオリジナルの「アルピーヌA110」をほうふつとさせる18インチアロイホイール、フォーカル製軽量サブウーファーなどが装備されている。

主な装備は以下の通り。

ピュア、リネージ共通

  • 7インチマルチファンクションタッチスクリーン(AM・FMラジオ+USB/Bluetooth機能)
  • フルカラーTFTメーター
  • 防塵(ぼうじん)フィルター付きオートエアコン
  • ボディー同色ドアアッパーパネル
  • フラットアンダーボディー
  • リアディフューザー
  • フルLEDヘッドランプ
  • リアLEDランプ(シーケンシャルウィンカー)
  • トリコロールエンブレム
  • スポーツエキゾースト
  • ブレンボ製ブレーキキャリパー(前:アルミモノブロック対向式4ピストンキャリパー/後ろ:ブレンボ製アルミシングルピストンキャリパー<電動パーキングブレーキ内蔵>)
  • パーキングセンサー(フロント/リア)+リアカメラ

ピュアのみ

  • サベルト製モノコックバケットシート(レザー/マイクロファイバー)
  • マットカーボン/アルミ/レザーインテリア
  • フォーカル製軽量4スピーカー
  • レザーステアリング/ブルーステアリングセンタートリム
  • キャリパーカラー:ブルーアルピーヌ
  • フックス製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)

リネージのみ

  • サベルト製スポーツシート(ブラウンレザー)
  • シートリフター・リクライニング
  • シートヒーター
  • ブリリアントカーボン/アルミ/レザーインテリア
  • フォーカル製軽量4スピーカー+サブウーファー
  • レザーステアリング/ブラックステアリングセンタートリム
  • キャリパーカラー:ブラック
  • 18インチアロイホイール(ブラック)

価格は以下の通り。

  • ピュア<ブラン グラシエ>(790万円)
  • ピュア<ブラン イリゼ メタリック>(811万円)
  • ピュア<ブルー アルピーヌ メタリック>(811万円)
  • リネージ<グリ トネール メタリック>(829万円)
  • リネージ<ブルー アルピーヌ メタリック>(841万円)

※カッコ内はボディーカラー名

ハンドル位置は基本的に右で、ピュアではボディーカラーが「ブルー アルピーヌ メタリック」の場合、リネージでは「グリ トネール メタリック」の場合のみ、左ハンドルも選択可能となっている。

(webCG)

「アルピーヌA110ピュア/リネージ」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボ 2019.8.22 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル「ルコックスポルティフ」が登場。フランス最古の総合スポーツ用品メーカー、ルコックスポルティフとのコラボレーションで誕生したモデルで、特別な内外装のデザインや、充実した装備を特徴としている。
ホームへ戻る