アルピーヌが「A110」のカタログモデルを予約受注開始

2018.09.21 自動車ニュース
「アルピーヌA110ピュア」
「アルピーヌA110ピュア」拡大

アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「アルピーヌA110」のカタログモデルの詳細を発表。同年11月下旬の販売開始に先立ち、同日より10月24日までの期間限定で、予約受け付けを開始した。

「A110リネージ」(手前)と「ピュア」(奥)。
「A110リネージ」(手前)と「ピュア」(奥)。拡大
「A110ピュア」
「A110ピュア」拡大
「A110ピュア」
「A110ピュア」拡大
「A110ピュア」
「A110ピュア」拡大
「A110リネージ」
「A110リネージ」拡大
「A110リネージ」
「A110リネージ」拡大
「A110リネージ」
「A110リネージ」拡大
「A110リネージ」
「A110リネージ」拡大
ボディーカラーには(左から)「グリ トネール メタリック」「ブラン イリゼ メタリック」「ブラン グラシエ」「ブルー アルピーヌ メタリック」の4色が用意される。
ボディーカラーには(左から)「グリ トネール メタリック」「ブラン イリゼ メタリック」「ブラン グラシエ」「ブルー アルピーヌ メタリック」の4色が用意される。拡大

キャラクターの異なる2つのグレードをラインナップ

アルピーヌA110に設定されるグレードは「ピュア」「リネージ」の2種類で、前者のピュアは1脚13.1kgのサベルト製モノコックバケットシートや鍛造18インチアロイホイールなどを備えたスポーティーなモデルとなっている。

一方、後者のリネージは、洗練されたデザインや快適性も併せ持つモデルとされており、高さ調整・リクライニング機能のついたサベルト製ブラウンレザースポーツシートやオリジナルの「アルピーヌA110」をほうふつとさせる18インチアロイホイール、フォーカル製軽量サブウーファーなどが装備されている。

主な装備は以下の通り。

ピュア、リネージ共通

  • 7インチマルチファンクションタッチスクリーン(AM・FMラジオ+USB/Bluetooth機能)
  • フルカラーTFTメーター
  • 防塵(ぼうじん)フィルター付きオートエアコン
  • ボディー同色ドアアッパーパネル
  • フラットアンダーボディー
  • リアディフューザー
  • フルLEDヘッドランプ
  • リアLEDランプ(シーケンシャルウィンカー)
  • トリコロールエンブレム
  • スポーツエキゾースト
  • ブレンボ製ブレーキキャリパー(前:アルミモノブロック対向式4ピストンキャリパー/後ろ:ブレンボ製アルミシングルピストンキャリパー<電動パーキングブレーキ内蔵>)
  • パーキングセンサー(フロント/リア)+リアカメラ

ピュアのみ

  • サベルト製モノコックバケットシート(レザー/マイクロファイバー)
  • マットカーボン/アルミ/レザーインテリア
  • フォーカル製軽量4スピーカー
  • レザーステアリング/ブルーステアリングセンタートリム
  • キャリパーカラー:ブルーアルピーヌ
  • フックス製18インチ鍛造アロイホイール(シルバー)

リネージのみ

  • サベルト製スポーツシート(ブラウンレザー)
  • シートリフター・リクライニング
  • シートヒーター
  • ブリリアントカーボン/アルミ/レザーインテリア
  • フォーカル製軽量4スピーカー+サブウーファー
  • レザーステアリング/ブラックステアリングセンタートリム
  • キャリパーカラー:ブラック
  • 18インチアロイホイール(ブラック)

価格は以下の通り。

  • ピュア<ブラン グラシエ>(790万円)
  • ピュア<ブラン イリゼ メタリック>(811万円)
  • ピュア<ブルー アルピーヌ メタリック>(811万円)
  • リネージ<グリ トネール メタリック>(829万円)
  • リネージ<ブルー アルピーヌ メタリック>(841万円)

※カッコ内はボディーカラー名

ハンドル位置は基本的に右で、ピュアではボディーカラーが「ブルー アルピーヌ メタリック」の場合、リネージでは「グリ トネール メタリック」の場合のみ、左ハンドルも選択可能となっている。

(webCG)

「アルピーヌA110ピュア/リネージ」のより詳しい写真はこちら

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110S(ヘリテージカラー採用車) 2020.11.5 画像・写真 2020年11月5日にスタートした、アルピーヌのカスタマイズプログラム「アトリエ アルピーヌ」。その特別な“ヘリテージカラー”をまとう「アルピーヌA110S」の姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • アバルト595エッセエッセ(FF/5MT)【試乗記】 2020.10.31 試乗記 「アバルト595」の特別仕様車「esseesse(エッセエッセ)」は、往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチ。アクラポヴィッチのマフラーやコニのダンパー、サベルトシートなどでチューンされた刺激的な走りを堪能した。
ホームへ戻る