フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーランTDI」を発売

2018.09.25 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」


	「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」
	拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2018年9月25日、「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデル「TDI」を設定し、同年10月1日に発売すると発表した。

2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps。


	2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps。
	拡大

「TDI」にはLEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDターンシグナル付き)を標準装備。


	「TDI」にはLEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDターンシグナル付き)を標準装備。
	拡大

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」


	「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」
	拡大

VGJのディーゼルエンジンの導入は、2018年2月14日に販売を開始した「パサート/パサートヴァリアント」、同年8月29日に販売を開始した「ティグアン」に続くもの。これによって日本におけるフォルクスワーゲンのディーゼルエンジン搭載車は3モデルとなった。

ゴルフトゥーランは3列7人乗りのシートレイアウトを持つコンパクトミニバンで、TDIはこれまでラインナップしていた最高出力150psの1.4リッターガソリンターボ車に加えて導入される。

搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク340Nmを発生。ティグアンも同エンジンを搭載するが、トランスミッションに7段DSGを採用しているのに対して、ゴルフトゥーランでは6段DSGを組み合わせている。

その他、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」やレーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」を「TDIハイライン」に標準装備(「コンフォートライン」には「セーフティパッケージ」としてオプション設定)したほかに、駐車支援システム「Park Assist」、荷物を積み込む際に便利なパワーテールゲート(挟み込み防止機能、「Easy Open」機能付き)をTDIハイラインにオプション設定している。

ボディーカラーは、カリビアンブルーメタリック、ピュアホワイト、アトランティックブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクト、チタニウムベージュメタリック、リフレックスシルバーメタリックの全6色を設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ゴルフトゥーランTDIコンフォートライン:369万9000円
  • ゴルフトゥーランTDIハイライン:407万9000円

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • シトロエンC5エアクロスSUVシャイン(FF/8AT)【試乗記】 2019.10.16 試乗記 「優れた快適性こそが群雄割拠のSUV市場で際立つ新しい価値」というポリシーを掲げて登場した、シトロエンの新たなフラッグシップ「C5エアクロスSUV」。姿カタチは変われど、好事家を満足させるシトロエンらしさは受け継がれているのか? その仕上がりを確かめた。
  • 「アストンマーティンDBX」の内装デザインと価格が明らかに 2019.11.11 自動車ニュース 英アストンマーティンは2019年11月6日(現地時間)、同年11月20日に北京でお披露目する予定のブランド初のSUV「DBX」のインテリアを公開するとともに、主要マーケットにおける販売価格を発表した。
  • アウディA1スポーツバック40 TFSIエディション1(FF/6AT)【海外試乗記】 2019.11.9 試乗記 新しくなった「アウディA1スポーツバック」の走りを試すべく本国ドイツへ出向いたところ、そこで待ち受けていたのは“日本未導入”の「40 TFSI」。やや複雑な心持ちで試乗に臨んだのだが、実際には、このグレードこそ新型A1のキャラクターを最もよく表したモデルだった。
  • ポルシェ・パナメーラGTSスポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】
    2019.11.11 試乗記 ポルシェの「パナメーラ スポーツツーリスモ」に追加設定された「GTS」は、「4S」と「ターボ」の間に位置するモデル。最高出力460PSの4リッターV8ツインターボエンジンとワゴンボディー、そして強化された足まわりの組み合わせは、どんな走りを味わわせてくれるのか?
ホームへ戻る