フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーランTDI」を発売

2018.09.25 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」


	「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」
	拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2018年9月25日、「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデル「TDI」を設定し、同年10月1日に発売すると発表した。

2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps。


	2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps。
	拡大

「TDI」にはLEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDターンシグナル付き)を標準装備。


	「TDI」にはLEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDターンシグナル付き)を標準装備。
	拡大

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」


	「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」
	拡大

VGJのディーゼルエンジンの導入は、2018年2月14日に販売を開始した「パサート/パサートヴァリアント」、同年8月29日に販売を開始した「ティグアン」に続くもの。これによって日本におけるフォルクスワーゲンのディーゼルエンジン搭載車は3モデルとなった。

ゴルフトゥーランは3列7人乗りのシートレイアウトを持つコンパクトミニバンで、TDIはこれまでラインナップしていた最高出力150psの1.4リッターガソリンターボ車に加えて導入される。

搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク340Nmを発生。ティグアンも同エンジンを搭載するが、トランスミッションに7段DSGを採用しているのに対して、ゴルフトゥーランでは6段DSGを組み合わせている。

その他、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」やレーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」を「TDIハイライン」に標準装備(「コンフォートライン」には「セーフティパッケージ」としてオプション設定)したほかに、駐車支援システム「Park Assist」、荷物を積み込む際に便利なパワーテールゲート(挟み込み防止機能、「Easy Open」機能付き)をTDIハイラインにオプション設定している。

ボディーカラーは、カリビアンブルーメタリック、ピュアホワイト、アトランティックブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクト、チタニウムベージュメタリック、リフレックスシルバーメタリックの全6色を設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ゴルフトゥーランTDIコンフォートライン:369万9000円
  • ゴルフトゥーランTDIハイライン:407万9000円

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • アウディA7スポーツバック40 TDIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.7.6 試乗記 「アウディA7スポーツバック」に新たなエントリーグレード「40 TDIクワトロ」が追加された。豊かなトルクを供出する2リッターディーゼルターボユニットとラグジュアリーな4ドアクーペの組み合わせは、ドライバーにどんな世界を見せてくれるのだろうか。
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲンTロックTDIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2020.7.17 試乗記 フォルクスワーゲンのニューモデル「T-Roc(Tロック)」がいよいよ日本上陸。「ティグアン」「T-Cross(Tクロス)」に続く国内3車種目のコンパクトSUVは、果たしてどんな個性を備えているのだろうか。
  • 第113回:ご成約本当にありがとうございます 2018.11.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第113回は「ご成約本当にありがとうございました」。近所の東京トヨペットで、筆者が目撃した驚くべき光景とは? 絶大な人気を誇る「エスクァイア」にもプチ試乗、カーマニア視点から国内のミニバン人気に斬り込む!
ホームへ戻る