フォルクスワーゲンが「ゴルフトゥーランTDI」を発売

2018.09.25 自動車ニュース

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」


	「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」
	拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)は2018年9月25日、「ゴルフトゥーラン」にディーゼルモデル「TDI」を設定し、同年10月1日に発売すると発表した。

2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps。


	2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps。
	拡大

「TDI」にはLEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDターンシグナル付き)を標準装備。


	「TDI」にはLEDヘッドライト(オートハイトコントロール機能、LEDターンシグナル付き)を標準装備。
	拡大

「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」


	「フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTDIハイライン」
	拡大

VGJのディーゼルエンジンの導入は、2018年2月14日に販売を開始した「パサート/パサートヴァリアント」、同年8月29日に販売を開始した「ティグアン」に続くもの。これによって日本におけるフォルクスワーゲンのディーゼルエンジン搭載車は3モデルとなった。

ゴルフトゥーランは3列7人乗りのシートレイアウトを持つコンパクトミニバンで、TDIはこれまでラインナップしていた最高出力150psの1.4リッターガソリンターボ車に加えて導入される。

搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク340Nmを発生。ティグアンも同エンジンを搭載するが、トランスミッションに7段DSGを採用しているのに対して、ゴルフトゥーランでは6段DSGを組み合わせている。

その他、渋滞時追従支援システム「Traffic Assist」やレーンチェンジアシストシステム「Side Assist Plus」を「TDIハイライン」に標準装備(「コンフォートライン」には「セーフティパッケージ」としてオプション設定)したほかに、駐車支援システム「Park Assist」、荷物を積み込む際に便利なパワーテールゲート(挟み込み防止機能、「Easy Open」機能付き)をTDIハイラインにオプション設定している。

ボディーカラーは、カリビアンブルーメタリック、ピュアホワイト、アトランティックブルーメタリック、ディープブラックパールエフェクト、チタニウムベージュメタリック、リフレックスシルバーメタリックの全6色を設定している。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • ゴルフトゥーランTDIコンフォートライン:369万9000円
  • ゴルフトゥーランTDIハイライン:407万9000円

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン(FF/7AT)【試乗記】 2016.3.9 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」をベースとしたコンパクトミニバンの、新型「ゴルフトゥーラン」に試乗。ミニバンらしからぬ運動性能を備えた同車でドライブに出掛ける際に、ドライバーが気をつけなければならないこととは?
  • VWが新型ゴルフトゥーランを発売 2016.1.12 自動車ニュース フォルクスワーゲンが、次世代プラットフォーム「MQB」を採用したコンパクトミニバンの新型「ゴルフトゥーラン」を発売した。ボディーサイズは全長×全幅×全高=1830×4535×1660mm。エンジンは最高出力150psを発生する1.4TSIで、JC08モード燃費は18.5km/リッターとなっている。
  • シトロエン・ベルランゴ デビューエディション(FF/8AT)【試乗記】 2020.1.31 試乗記 業績好調が伝えられるシトロエンが2020年に日本へと送り込むのは、新型マルチパーパスビークル「ベルランゴ」だ。先行導入された特別仕様車「デビューエディション」に試乗してその仕上がりを確かめるとともに、誰もが思い浮かべる(?)競合車との比較にも思いをはせた。
ホームへ戻る