エレガントな大人向けの限定車「MINIバーガンディーエディション」発売

2018.10.09 自動車ニュース
「MINIクーパー3ドア バーガンディーエディション」
「MINIクーパー3ドア バーガンディーエディション」拡大

BMWジャパンは2018年10月9日、「MINIクーパー3ドア」および「MINIクーパー5ドア」に特別仕様車「Burgundy Edition(バーガンディーエディション)」を設定し、320台の台数限定で発売した。

 
エレガントな大人向けの限定車「MINIバーガンディーエディション」発売の画像拡大
 
エレガントな大人向けの限定車「MINIバーガンディーエディション」発売の画像拡大
 
エレガントな大人向けの限定車「MINIバーガンディーエディション」発売の画像拡大
 
エレガントな大人向けの限定車「MINIバーガンディーエディション」発売の画像拡大
 
エレガントな大人向けの限定車「MINIバーガンディーエディション」発売の画像拡大

今回のMINIバーガンディーエディションは、「人生を知るほど、人生は輝く。」をテーマに、自分の人生と自分自身を知り尽くした、エレガントな大人に向けたとされる限定車である。ボディーカラーには専用色となる「ピュアバーガンディーメタリック」を採用したほか、インテリアには深みのある人生を象徴する「年輪」を表現したセンターディスプレイリングを装備。同じく年輪をイメージしたバッジも装着する。

先進安全装備の強化も図られており、アダプティブクルーズコントロールのほか、リアビューカメラやパークディスタンスコントロール、パーキングアシストパッケージなども装備する。

特別装備の内容は以下の通り。

  • MINIバーガンディーエディション専用ボディーカラー「ピュアバーガンディーメタリック」
  • MINIバーガンディーエディション専用センターディスプレイリング
  • MINIバーガンディーエディション オリジナルバッジ
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング
  • LEDリアコンビランプ(ユニオンジャックデザイン)
  • LEDフロントフォグランプ
  • ホワイトターンシグナルライト
  • 16インチアロイホイール ループスポークシルバー
  • インテリアサーフェス「ピアノブラック」
  • リアビューカメラ
  • PDC(パークディスタンスコントロール)フロント&リア
  • パーキングアシストパッケージ
  • アクティブクルーズコントロール
  • コンフォートアクセス
  • MINIエキサイトメントパッケージ
  • ライトパッケージ
  • ストレージコンパートメントパッケージ

限定台数の内訳は、ルーフとミラーキャップをボディーカラーと同色とした3ドアを120台、5ドアを60台それぞれ設定。ルーフとミラーキャップをシルバーとした5ドアを140台設定する。

価格は3ドアが379万円で、5ドアが397万円。

(webCG)

関連キーワード:
MINI 3ドア, MINI 5ドア, MINI, 自動車ニュース

MINI の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル 2021.5.25 画像・写真 マイナーチェンジが施された、3タイプのMINI(3ドア/5ドア/コンバーチブル)が上陸。2021年5月25日、国内での販売がスタートした。その発表会場に並べられた、最新型の姿を写真で紹介する。
  • 「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」のマイナーチェンジモデル発売 2021.5.25 自動車ニュース BMWジャパンは2021年5月25日、マイナーチェンジした「MINI 3ドア/5ドア/コンバーチブル」を発売した。最新型は内外装のデザインが改められるとともに、運転支援システムやコネクテッド機能が強化されている。
  • 新型「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が日本上陸 2021.6.15 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年6月15日、新型「ゴルフ」の国内導入を発表し、同日より販売を開始した。8代目となる新型では装備のデジタル化とパワートレインの電動化を進めたほか、ドライバーアシスタンスシステムの強化を図っている。
  • スズキ・ハヤブサ(6MT)【レビュー】 2021.6.9 試乗記 圧倒的な動力性能でファンを魅了し続ける、スズキのフラッグシップモデル「ハヤブサ」。押しも押されもしないメガスポーツ/ウルトラスポーツの“第一人者”は、2度目のモデルチェンジでどのような進化を遂げたのか? 3代目となる新型の走りに触れた。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る