ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売

2018.10.11 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャーS-EDITION」
「ルノー・キャプチャーS-EDITION」拡大

ルノー・ジャポンは2018年10月11日、コンパクトクロスオーバー「キャプチャー」に特別仕様車「Sエディション」を設定し、50台の台数限定で販売を開始した。

 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大
 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大
 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大

今回のキャプチャーSエディションは、上級グレードの「インテンス」をベースとする限定車。ボディーカラーがブルー(ブルーアイロンメタリック)とグレー(グリプラティヌメタリック)の2トーンカラーになっているほか、ブルーのアクセントをあしらった専用のブラックインテリアが与えられる。

主な特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー
  • サイドプロテクションモール ブルーアイロンメタリックフィニッシャー
  • 専用17インチアロイホイール+ブルーアイロンメタリックのホイールセンターキャップ
  • 専用ブラックインテリア
  • 専用コンビシート(アルカンターラ×ファブリック)
  • Sエディション専用バッジ
  • 「S-EDITION」ロゴ入りキッキングプレート
  • アルミペダル
  • エアコンパネル(ブルーイルミネーション付き)
  • 前席シートヒーター

価格は282万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る