ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売

2018.10.11 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャーS-EDITION」
「ルノー・キャプチャーS-EDITION」拡大

ルノー・ジャポンは2018年10月11日、コンパクトクロスオーバー「キャプチャー」に特別仕様車「Sエディション」を設定し、50台の台数限定で販売を開始した。

 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大
 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大
 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大

今回のキャプチャーSエディションは、上級グレードの「インテンス」をベースとする限定車。ボディーカラーがブルー(ブルーアイロンメタリック)とグレー(グリプラティヌメタリック)の2トーンカラーになっているほか、ブルーのアクセントをあしらった専用のブラックインテリアが与えられる。

主な特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー
  • サイドプロテクションモール ブルーアイロンメタリックフィニッシャー
  • 専用17インチアロイホイール+ブルーアイロンメタリックのホイールセンターキャップ
  • 専用ブラックインテリア
  • 専用コンビシート(アルカンターラ×ファブリック)
  • Sエディション専用バッジ
  • 「S-EDITION」ロゴ入りキッキングプレート
  • アルミペダル
  • エアコンパネル(ブルーイルミネーション付き)
  • 前席シートヒーター

価格は282万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトモーターショー2019」の会場から(ルノー) 2019.9.13 画像・写真 第68回フランクフルト国際モーターショーでルノーは、コンパクトクロスオーバー「キャプチャー」の新型を世界初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • ルノーがSUV「キャプチャー」のカラーバリエーションを変更 よりシックなイメージに 2019.9.26 自動車ニュース ルノー・ジャポンがコンパクトSUV「キャプチャー」のカラーバリエーションを変更。「インテンス」グレードのツートン仕様のルーフカラーを黒に統一したほか、ボディーカラーを新色の「ルージュ フラムM」と「グリ カシオペM」を含む全4色の展開とした。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.23 試乗記 日本導入から4年を経たルノーのコンパクトSUV「キャプチャー」の実力を、大幅なマイナーチェンジを機にあらためて検証。商品力高めのイマドキなクロスオーバーに“ルノーらしさ”はあるか? ドライブフィールを中心に、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る