ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売

2018.10.11 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャーS-EDITION」
「ルノー・キャプチャーS-EDITION」拡大

ルノー・ジャポンは2018年10月11日、コンパクトクロスオーバー「キャプチャー」に特別仕様車「Sエディション」を設定し、50台の台数限定で販売を開始した。

 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大
 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大
 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大

今回のキャプチャーSエディションは、上級グレードの「インテンス」をベースとする限定車。ボディーカラーがブルー(ブルーアイロンメタリック)とグレー(グリプラティヌメタリック)の2トーンカラーになっているほか、ブルーのアクセントをあしらった専用のブラックインテリアが与えられる。

主な特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー
  • サイドプロテクションモール ブルーアイロンメタリックフィニッシャー
  • 専用17インチアロイホイール+ブルーアイロンメタリックのホイールセンターキャップ
  • 専用ブラックインテリア
  • 専用コンビシート(アルカンターラ×ファブリック)
  • Sエディション専用バッジ
  • 「S-EDITION」ロゴ入りキッキングプレート
  • アルミペダル
  • エアコンパネル(ブルーイルミネーション付き)
  • 前席シートヒーター

価格は282万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー キャプチャー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • スズキSX4 Sクロス(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.26 試乗記 デビュー3年目の改良により、新しいフロントデザインとトルコン式6段ATが採用された「スズキSX4 Sクロス」に試乗。スズキがハンガリーで製造しているクロスオーバーSUVは、運転がしやすくて快適な、優れた“道具”に仕上がっていた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツ オートバイオグラフィー ダイナミックP400【試乗記】 2020.3.10 試乗記 上質さとスポーティネスを併せ持つランドローバーの高性能SUV「レンジローバー スポーツ」に、新開発の直6エンジンを搭載した新モデル「P400」が登場。新たな心臓部を得た“走りのレンジ”は、どのようなクルマに仕上がっていたのか。その実力を確かめた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
ホームへ戻る