ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売

2018.10.11 自動車ニュース
「ルノー・キャプチャーS-EDITION」
「ルノー・キャプチャーS-EDITION」拡大

ルノー・ジャポンは2018年10月11日、コンパクトクロスオーバー「キャプチャー」に特別仕様車「Sエディション」を設定し、50台の台数限定で販売を開始した。

 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大
 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大
 
ブルーの特別な「ルノー・キャプチャー」限定発売の画像拡大

今回のキャプチャーSエディションは、上級グレードの「インテンス」をベースとする限定車。ボディーカラーがブルー(ブルーアイロンメタリック)とグレー(グリプラティヌメタリック)の2トーンカラーになっているほか、ブルーのアクセントをあしらった専用のブラックインテリアが与えられる。

主な特別装備は以下の通り。

  • 専用ボディーカラー
  • サイドプロテクションモール ブルーアイロンメタリックフィニッシャー
  • 専用17インチアロイホイール+ブルーアイロンメタリックのホイールセンターキャップ
  • 専用ブラックインテリア
  • 専用コンビシート(アルカンターラ×ファブリック)
  • Sエディション専用バッジ
  • 「S-EDITION」ロゴ入りキッキングプレート
  • アルミペダル
  • エアコンパネル(ブルーイルミネーション付き)
  • 前席シートヒーター

価格は282万9000円。

(webCG)

関連キーワード:
キャプチャー, ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「フランクフルトモーターショー2019」の会場から(ルノー) 2019.9.13 画像・写真 第68回フランクフルト国際モーターショーでルノーは、コンパクトクロスオーバー「キャプチャー」の新型を世界初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
  • シトロエンC3エアクロスSUVシャイン パッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.20 試乗記 最高出力110PSの1.2リッター直3ターボエンジンを搭載する「シトロエンC3エアクロスSUV」に試乗。今どきのシトロエンらしさ全開の個性的なルックスに加え、実用性と快適性を重視した設計が特徴という、新型SUVの出来栄えは?
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
ホームへ戻る