「スズキ・スイフト」にスポーティーな装いの特別仕様車

2018.10.11 自動車ニュース
ボディーカラーに「クラレットレッドメタリック ブラック2トーンルーフ」が採用された「スズキ・スイフトXRリミテッド」。
ボディーカラーに「クラレットレッドメタリック ブラック2トーンルーフ」が採用された「スズキ・スイフトXRリミテッド」。拡大

スズキは2018年10月11日、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「XRリミテッド」を設定し、同日、販売を開始した。

「スイフトXRリミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。
「スイフトXRリミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。拡大
新設定のボディーカラー「ミネラルグレーメタリック」。(写真はオプション装着車)
新設定のボディーカラー「ミネラルグレーメタリック」。(写真はオプション装着車)拡大
「プレミアムシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ」
「プレミアムシルバーメタリック ブラック2トーンルーフ」拡大
「XRリミテッド」のフロントまわり。
「XRリミテッド」のフロントまわり。拡大
本革巻きステアリングホイール
本革巻きステアリングホイール拡大
チタン調のインパネオーナメント。
チタン調のインパネオーナメント。拡大
ドアアームレストやセンターコンソールのチタン調オーナメント。
ドアアームレストやセンターコンソールのチタン調オーナメント。拡大
運転席センターアームレスト
運転席センターアームレスト拡大

XRリミテッドは、エントリーグレードの「XG」をベースに、「RS」系のモデルと同じスポーティーな空力パーツや、メッキフロントグリル、チタン調のインテリア装飾、通常はオプション扱いとなる運転支援システムなどを採用した特別仕様車である。

ボディーカラーは新設定の「クラレットレッドメタリック」「ミネラルグレーメタリック」を含む7色で、クラレットレッドメタリックと「プレミアムシルバーメタリック」については現行スイフトでは初となるブラック2トーンルーフ仕様も選択可能となっている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • メッキフロントグリル
  • RS用フロントバンパー(エアロ形状)
  • RS用リアバンパー(エアロ形状)
  • サイドアンダースポイラー
  • ルーフエンドスポイラー
  • LEDサイドターンランプ付きドアミラー
  • 本革巻きステアリングホイール
  • ステアリングオーディオスイッチ
  • 専用色ドアアームレストオーナメント(チタン調)
  • 専用色インパネオーナメント(チタン調)
  • 専用色コンソールオーナメント(チタン調)
  • RS用ファブリックシート表皮(シルバーステッチ)
  • 運転席センターアームレスト(CVT車のみ)
  • SRSカーテンエアバッグ
  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • デュアルセンサーブレーキサポート
  • 誤発進抑制機能(CVT車のみ)
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • アダプティブクルーズコントロール
  • リアシートベルトフォースリミッター(左右2名分)
  • リアシートベルトプリテンショナー(左右2名分)
  • オートライトシステム
  • フロントマルチリフレクターハロゲンフォグランプ
  • リアフォグランプ
  • リアディスクブレーキ
  • フロント2スピーカー、フロント2ツイーター、リア2スピーカー
  • 電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
  • 助手席シートヒーター(FF車のみ、4WD車はベース車も標準装備)

価格は、FF車の5段MT仕様が150万3360円、FF車のCVT仕様が150万7680円、4WD車のCVT仕様が165万8880円となっている。

(webCG)

関連キーワード:
スイフト, スズキ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る