フォルクスワーゲン、充実装備の「ゴルフトゥーラン」限定車発売

2018.10.30 自動車ニュース

「ゴルフトゥーランTDIプレミアム」。オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトのボディーカラーは有償オプションで、150台の限定販売となる。


	「ゴルフトゥーランTDIプレミアム」。オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトのボディーカラーは有償オプションで、150台の限定販売となる。
	拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2018年10月30日、「ゴルフトゥーラン」の特別仕様車「ゴルフトゥーランTDIプレミアム」を、300台限定で発売すると発表した。

インジウムグレーメタリックのボディーカラーを採用した「ゴルフトゥーランTDIプレミアム」は限定150台の販売。


	インジウムグレーメタリックのボディーカラーを採用した「ゴルフトゥーランTDIプレミアム」は限定150台の販売。
	拡大

内装色は、ストームグレー(写真)とブラックレザーをラインナップ。ボディーカラーがインジウムグレーメタリックの場合はストームグレーの内装色を、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトの場合はブラックレザーとなる。


	内装色は、ストームグレー(写真)とブラックレザーをラインナップ。ボディーカラーがインジウムグレーメタリックの場合はストームグレーの内装色を、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトの場合はブラックレザーとなる。
	拡大

電動サンシェード、UVカット機能付き電動パノラマスライディングルーフも標準装備する。


	電動サンシェード、UVカット機能付き電動パノラマスライディングルーフも標準装備する。
	拡大

挟み込み防止機能、“Easy Open”機能付きパワーテールゲートを採用。


	挟み込み防止機能、“Easy Open”機能付きパワーテールゲートを採用。
	拡大

今回設定されたモデルは、同年10月1日販売を開始したゴルフトゥーランの「TDIハイライン」をベースに、シリーズで初めてレザーシートを採用したほか、人気オプションの「Discover Proパッケージ」や「テクノロジーパッケージ」、電動パノラマスライディングルーフなどを採用。安全性と快適性を高めた、最上級グレードに仕立てられているという。

ゴルフトゥーランTDIプレミアムの主な装備は下記の通り。

  • レザーシート
  • パワーシート(運転席=前後/高さ/角度/リクライニング)
  • パワーランバーサポート(運転席)
  • サンブラインド(リア/左右)
  • 215/55R17タイヤ/専用6.5J×17アルミホイール(10スポーク)
  • Discover Proパッケージ(フォルクスワーゲン純正インフォテインメントシステム“Discover Pro”<SSDナビゲーションシステム、VICSワイド対応、DVD/CDプレーヤー、MP3/WMA再生、AM/FM、ワイドFM対応、地デジTV受信、Bluetoothオーディオ/ハンズフリーフォン、ジェスチャーコントロール、フォルクスワーゲン・メディアコントロールアプリケーション対応>、ETC2.0対応車載器、モバイルオンライサービス“フォルクスワーゲン Car-Net”<コネクティビティー機能“App-Connect”、テレマティクス機能“Guide & Inform”>、リアビューカメラ“Rear Assist”
  • テクノロジーパッケージ(ダイナミックコーナリングライト、ダイナミックライトアシスト、駐車支援システム“Park Assist”、パワーテールゲート<挟み込み防止機能、“Easy Open”機能付き>、LEDテールランプ
  • 電動パノラマスライディングルーフ(電動サンシェード、UVカット機能付き)

価格は459万9000円。

ボディーカラーはオリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(内装=ブラックレザー)とインジウムグレーメタリック(内装=ストームグレー)の2色をラインナップし、それぞれ150台が限定販売される。なお、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクトは有償オプション(6万4800円)となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン2.0 TDI SCR(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.8.1 試乗記 いよいよ日本へのディーゼルモデル導入を開始したフォルクスワーゲン(VW)。その第2弾となる「ゴルフトゥーラン」のTDIモデルに、本国ドイツで試乗。間もなく日本に導入されるディーゼルミニバンは、“アウトバーンの国”ならではの長距離ランナーだった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーランTSI Rライン(FF/7AT)【試乗記】
    2016.9.30 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」に、新たな最上級グレード「TSI Rライン」が登場。スポーティーな装いの内外装が特徴とされている同車だが、注目すべきはむしろ走りの方だった。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • メルセデス・ベンツGLB250 4MATICスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.21 試乗記 主要な自動車ブランドの例にも漏れず、さまざまなSUVをラインナップするメルセデス・ベンツ。その一翼を担う新型車「GLB」とは、どんなクルマなのか? ガソリンターボの「GLB250 4MATICスポーツ」に試乗して確かめた。
ホームへ戻る