【LAショー2018】「メルセデスAMG GT R」の上を行く「PRO」が登場

2018.11.30 自動車ニュース
「AMG GT」シリーズの新たなフラッグシップとなる「AMG GT R PRO」。LAショーでワールドプレミアされた。
「AMG GT」シリーズの新たなフラッグシップとなる「AMG GT R PRO」。LAショーでワールドプレミアされた。拡大

独ダイムラーは2018年11月28日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスモーターショーでメルセデスAMGのニューモデルとなる「AMG GT R PRO」を世界初公開した。同時に、登場してから4年となる「AMG GT」シリーズのマイナーチェンジも行っている。

「メルセデスAMG GT R PRO」は、カーボンファイバーをボディーやフレームに使用し、軽量化を行った。「GT R」のエンブレムにはチェッカードフラッグがモチーフとして使用されている。
「メルセデスAMG GT R PRO」は、カーボンファイバーをボディーやフレームに使用し、軽量化を行った。「GT R」のエンブレムにはチェッカードフラッグがモチーフとして使用されている。拡大
マイナーチェンジを受けた「AMG GT」シリーズ同様、「AMG GT R PRO」のセンターコンソールデザインも「AMG GT 4ドアクーペ」に準じたものを採用している。
マイナーチェンジを受けた「AMG GT」シリーズ同様、「AMG GT R PRO」のセンターコンソールデザインも「AMG GT 4ドアクーペ」に準じたものを採用している。拡大
「AMG GT R PRO」は、先に登場した「GT R」と同スペックとなる最高出力585ps、最大トルク700Nmの4リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載する。
「AMG GT R PRO」は、先に登場した「GT R」と同スペックとなる最高出力585ps、最大トルク700Nmの4リッターV8ツインターボエンジンをフロントミドに搭載する。拡大
マイナーチェンジを受けた「AMG GT Cロードスター」。新しいデザインのヘッドライトを採用している。
マイナーチェンジを受けた「AMG GT Cロードスター」。新しいデザインのヘッドライトを採用している。拡大

新たに登場したメルセデスAMG GT R PROは、レーシングマシンとしてリリースされている「GT3」や「GT4」のノウハウを注ぎ込んだ、AMG GTシリーズの新たなフラッグシップモデルとなる。ルーフやアンダーパネルを軽量なカーボンファイバー製としたほか、足まわりも見直されている。サスペンションは、走行するコースに合わせドライバーが任意にセッティングを変更できるようになっており、軽量な鍛造ホイールも採用されている。

フロントミドに搭載されるエンジンは「GT R」と同じ4リッターV8ツインターボで、最高出力585ps、最大トルク700Nmというスペックのほか、318km/hとなる最高速度や3.6秒をマークする0-100km/hの加速タイムも同一だが、空力特性やシャシーの見直し、さまざまな軽量化対策によって、サーキットではフラッグシップモデルにふさわしいパフォーマンスを披露するという。

また、このAMG GT R PROには北米市場(アメリカ、カナダ)と中国を除き、「トラックパッケージ」と呼ばれる装備が標準採用されている。これには、ロールオーバー保護システム、運転席と助手席用の4点式シートベルト、2kgの容量を持つ消火器が含まれている。ロールオーバー保護システムのボルト付きスチールロールケージは、メインロールバー、4点式シートベルトを取り付けるためのブレース、さらに2つの後方ブレース、後方の対角線のX型ブレースから構成されている。

今回AMG GT R PROの発表と同時に、マイナーチェンジを受けたAMG GTシリーズも公開された。メーターはフル液晶パネルとなり、V8エンジンがモチーフといわれているセンターコンソールが「AMG GT 4ドアクーペ」に準じたデザインと機能に変更されている。ヘッドライトはLEDターンシグナル/ポジションライト/デイタイムランニングライトを兼用するアーチ形の新デザインのユニットに変更され、こちらでもAMG GT 4ドアクーペとの関連性を表現している。

なお、AMG GTシリーズ(GT、GT S、GT C、GT R)のパワーユニットのスペックに変更はない。

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, ロサンゼルスモーターショー2018, モーターショー, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る