衝撃的なフロントマスクは何のため!?
三菱が改良型「デリカD:5」に込めた思いを探る

2018.12.12 デイリーコラム

仮面のようなフロントマスク

クルマのフロントマスクには、一般的に動物的な表情が与えられている。目に相当するのがヘッドランプで、グリルやバンパーとの相乗効果により、さまざまな顔立ちが形作られる。

近年、主流となりつつあるLEDヘッドランプは、造形の自由度が圧倒的に高い。これを生かすことで、従来とはまったく違う形状のフロントマスクをデザインすることができる。そこに挑戦したのが、比較的規模の大きなマイナーチェンジを受けた「三菱デリカD:5」だ。販売比率の90%以上を占めるクリーンディーゼルターボ搭載車のみが変更を受け、ガソリンエンジン車は小規模改良にとどまる。

そのクリーンディーゼルモデルのフロントマスクは驚くほど奇抜だ。メッキグリルの両側にLEDヘッドランプが装着されるが、最上部に横長に付いているのは車幅灯だ。その下側に、縦方向に2列で連なるのがヘッドランプになる。外側がロービーム(LEDを5灯)、内側はハイビーム(同じく4灯)とした。

このデザインは、今の三菱車の特徴とされるダイナミックシールドの手法に基づいている。ボディーサイドのパネルがフロントマスクの前側まで回り込み、しっかりとガードしている安心感と力強さが表現されている。そこに縦長のLEDロー/ハイビームを加えて、仮面のような表情を作り上げた。

ビッグマイナーチェンジを受けた「三菱デリカD:5」。目のように見える部分は車幅灯であり、ヘッドランプユニットはその下にある縦長の部分になる。
ビッグマイナーチェンジを受けた「三菱デリカD:5」。目のように見える部分は車幅灯であり、ヘッドランプユニットはその下にある縦長の部分になる。拡大
こちらはマイナーチェンジを機に新規設定された、より上質感を高めたとされるグレードの「アーバンギア」。
こちらはマイナーチェンジを機に新規設定された、より上質感を高めたとされるグレードの「アーバンギア」。拡大
三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
  • アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.22 試乗記 スタイリッシュな4ドアクーペフォルムが特徴の「アウディRS 7スポーツバック」が2代目に進化。開発を手がけたアウディスポーツは、ベースとなる「A7」をいかなるレシピでハイパフォーマンスモデルに仕立てたのか。ロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • 第618回:タフさが魅力の「三菱デリカD:5」 そのアシにピッタリのタイヤとは? 2020.4.22 エディターから一言 大胆なデザインチェンジからはや1年。ヘビーデューティーなミニバン「三菱デリカD:5」にあらためて試乗。あわせて装着したトーヨータイヤのSUV用タイヤ「オープンカントリーR/T」とのマッチングを、オンロードとオフロードでチェックした。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る