衝撃的なフロントマスクは何のため!?
三菱が改良型「デリカD:5」に込めた思いを探る

2018.12.12 デイリーコラム

仮面のようなフロントマスク

クルマのフロントマスクには、一般的に動物的な表情が与えられている。目に相当するのがヘッドランプで、グリルやバンパーとの相乗効果により、さまざまな顔立ちが形作られる。

近年、主流となりつつあるLEDヘッドランプは、造形の自由度が圧倒的に高い。これを生かすことで、従来とはまったく違う形状のフロントマスクをデザインすることができる。そこに挑戦したのが、比較的規模の大きなマイナーチェンジを受けた「三菱デリカD:5」だ。販売比率の90%以上を占めるクリーンディーゼルターボ搭載車のみが変更を受け、ガソリンエンジン車は小規模改良にとどまる。

そのクリーンディーゼルモデルのフロントマスクは驚くほど奇抜だ。メッキグリルの両側にLEDヘッドランプが装着されるが、最上部に横長に付いているのは車幅灯だ。その下側に、縦方向に2列で連なるのがヘッドランプになる。外側がロービーム(LEDを5灯)、内側はハイビーム(同じく4灯)とした。

このデザインは、今の三菱車の特徴とされるダイナミックシールドの手法に基づいている。ボディーサイドのパネルがフロントマスクの前側まで回り込み、しっかりとガードしている安心感と力強さが表現されている。そこに縦長のLEDロー/ハイビームを加えて、仮面のような表情を作り上げた。

ビッグマイナーチェンジを受けた「三菱デリカD:5」。目のように見える部分は車幅灯であり、ヘッドランプユニットはその下にある縦長の部分になる。
ビッグマイナーチェンジを受けた「三菱デリカD:5」。目のように見える部分は車幅灯であり、ヘッドランプユニットはその下にある縦長の部分になる。拡大
こちらはマイナーチェンジを機に新規設定された、より上質感を高めたとされるグレードの「アーバンギア」。
こちらはマイナーチェンジを機に新規設定された、より上質感を高めたとされるグレードの「アーバンギア」。拡大
三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る