「アウディA4オールロードクワトロ」の限定車発売

2018.12.12 自動車ニュース
アウディA4オールロード アブソリュート
アウディA4オールロード アブソリュート拡大

アウディ ジャパンは2018年12月12日、「アウディA4オールロードクワトロ」に特別仕様車「A4オールロード アブソリュート」を設定し、125台の台数限定で発売した。

 
「アウディA4オールロードクワトロ」の限定車発売の画像拡大
 
「アウディA4オールロードクワトロ」の限定車発売の画像拡大
 
「アウディA4オールロードクワトロ」の限定車発売の画像拡大
 
「アウディA4オールロードクワトロ」の限定車発売の画像拡大

今回のアウディA4オールロード アブソリュートは、専用のエクステリア装備などにより、“絶対的(アブソリュート)な存在感”を強調したとうたわれる限定車である。

エクステリアでは、専用塗装色の「クワンタムグレー」にコントラストペイントとして「マンハッタングレーメタリック」を組み合わせ、足元にはグロスブラックの10Yスポークデザインの19インチアルミホイール(アウディスポーツ製)を装着。また、マトリクスLEDヘッドライトやLEDリアコンビネーションライト、ヘッドライトウオッシャーも装備する。

インテリアには、デコラティブパネルアルミニウムトリマランを配することで、スポーティーかつ上質な雰囲気を演出。このほか、黒を基調としたパーシャルレザーやマルチカラーアンビエントライティング、バーチャルコックピットに加えて、シートにはメモリー機能とシートヒーター(フロント/リア)も備わる。

安全運転システムとして、アダプティブクルーズコントロールやアウディサイドアシストからなる「アシスタンスパッケージ」も装備する。

価格は759万円。

(webCG)

関連キーワード:
A4オールロードクワトロ, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4オールロードクワトロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA4オールロードクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2014.12.11 試乗記 2010年の登場以来、限定車として発売されては完売を繰り返してきた「アウディA4オールロードクワトロ」が、いよいよカタログモデルに昇格した。“道を選ばぬ万能車”の実力を確かめるために、東京~箱根のワンデイツーリングに出た。
  • トヨタ・カローラ ツーリング ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.21 試乗記 2019年9月の発売以来、好調なセールスを記録している「トヨタ・カローラ ツーリング」。今や希少な国産コンパクトワゴンは、過去のモデルにはない新しさの中にも、広く受け入れられるスタンダードなキャラクターが感じられるモデルに仕上がっていた。
  • マツダCX-30<ガソリンエンジン>/CX-30<ディーゼルエンジン>【試乗記】 2019.11.8 試乗記 マツダのブランニューモデル「CX-30」に試乗。(ほぼ)同じセグメントに同門の「CX-3」がいる中、新たなネーミングルールを用いてマツダが投入した小型クロスオーバーSUVはどんな特徴を備えているのだろうか。ガソリン車とディーゼル車の出来栄えを報告する。
  • アウディA4アバント2.0 TFSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.10 試乗記 2016年4月に国内販売がスタートした、最新型の「アウディA4アバント」に試乗。6代目となったアウディブランドの代表的ワゴンは、どんなクルマに仕上がっているのか? 走行性能や乗り心地、使い勝手を報告する。
  • ダイハツ・ロッキーX(FF/CVT)/トヨタ・ライズZ(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.28 試乗記 全長4mを切るコンパクトなボディーサイズが特徴の新型SUV「ダイハツ・ロッキー」「トヨタ・ライズ」。小さな車体で大きな車内空間を実現したニューモデルは、機能的なSUVとしてはもちろん、今や希少な5ナンバーの実用車としても魅力的な一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る