アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新

2020.10.07 自動車ニュース
アウディA4
アウディA4拡大

アウディ ジャパンは2020年10月7日、「A4/A4アバント/A4オールロードクワトロ」および「S4/S4アバント」に大幅改良を実施し、同日、販売を開始した。

 
アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新の画像拡大
 
アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新の画像拡大
A4アバント
A4アバント拡大
 
アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新の画像拡大
 
アウディが「A4/S4」シリーズを大幅改良 エクステリアデザインを刷新の画像拡大
「S4」(右)と「S4アバント」(左)。
「S4」(右)と「S4アバント」(左)。拡大
A4オールロードクワトロ
A4オールロードクワトロ拡大

12Vマイルドハイブリッドシステムを採用

A4/A4アバントは、Dセグメントに属するアウディのミッドサイズモデルであり、現行モデルは2016年に登場した5代目にあたる。S4は同車をベースとした高性能バージョン、A4オールロードクワトロは、A4アバントをベースに悪路走破性能を高めたクロスオーバーモデルである。

今回の改良ではエクステリアデザインを大幅に刷新。ドアパネルの形状にも手を加え、全モデルにブリスターフェンダーを採用することで、従来モデルより全幅を5mm拡幅させた。ラインナップも刷新しており、A4/A4アバントではグレードを標準モデルと「アドバンスト」「Sライン」の3種類に変更。2種類のエンジンとの組み合わせにより、全5仕様のバリエーションとした。

装備の拡充も図っており、インフォテインメントシステムにはアウディ最新の「MIB3」を初採用。センタースクリーンをタッチパネル式とすることで操作性を向上させるとともに、よりシンプルでクリーンなインテリアデザインを実現したという。また、歩行者検知機能付きの自動緊急ブレーキや、渋滞追従支援機能付きアダプティブクルーズコントロールなど、予防安全・運転支援機能についても強化している。

パワーユニットは2種類の2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンで、「35 TFSI」では150PS(110kW)、「45 TFSI」では249PS(183kW)の最高出力を発生。いずれにもベルト駆動式オルタネータースターターと12Vのリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステムが組み合わされる。トランスミッションは全車7段デュアルクラッチ式ATの「Sトロニック」。駆動方式は、35 TFSIがFF、45 TFSIがフルタイム4WDの「クワトロ」となっている。

「S4」や「A4オールロードクワトロ」も改良

高性能モデルのS4/S4アバントについてもデザインを変更しており、ボンネットの先端に往年の「スポーツクワトロ」をほうふつとさせるスリットを備えたほか、前後バンパーやエアインレット、サイドシルなどを専用の意匠とすることで精悍(せいかん)さと上質さを追求。足元には19インチアルミホイールを標準装備している。

一方、ブラックを基調としたインテリアは、カーボンアトラスデコラティブパネルや専用スポーツシートなどによりスポーティーさを演出。パワートレインは従来モデルと同じく最高出力354PS、最大トルク 500N・mを発生する3リッターV6ターボエンジンと8段AT「ティプトロニック」の組み合わせで、駆動システムにはフルタイム4WDのクワトロを採用している。

クロスオーバーモデルのA4オールロードクワトロは、ホイールアーチトリムやアンダーボディープロテクションを備えた専用外装、およびベース車よりトレッドが15mm、最低地上高が50mm大きい足まわりが特徴。「アウディドライブセレクト ダイナミックハンドリングシステム」には「オフロード」モードが追加されており、優れた乗り心地とオフロード性能を実現しているという。

パワートレインは249PS仕様の2リッター直4直噴ガソリンターボエンジンと12Vマイルドハイブリッド機構の組み合わせで、トランスミッションには7段Sトロニックを採用。駆動システムにはFF走行も可能なAWDクラッチ付きクワトロシステムを用いている。装備については、LEDヘッドライトやアウディバーチャルコックピット、シートヒーターを標準化するなど、従来モデルよりアップグレードしている。

ラインナップと価格は以下の通り。

  • A4 35 TFSI:455万円
  • A4 35 TFSIアドバンスト:523万円
  • A4 35 TFSI Sライン:570万円
  • A4 45 TFSIクワトロ アドバンスト:580万円
  • A4 45 TFSIクワトロ Sライン:627万円
  • A4アバント35 TFSI:484万円
  • A4アバント35 TFSIアドバンスト:552万円
  • A4アバント35 TFSI Sライン:599万円
  • A4アバント45 TFSIクワトロ アドバンスト:609万円
  • A4アバント45 TFSIクワトロ Sライン:656万円
  • S4:895万円
  • S4アバント:924万円
  • A4オールロードクワトロ:634万円

(webCG)

関連キーワード:
A4, A4アバント, A4オールロードクワトロ, S4, S4アバント, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 7スポーツバック 2021.2.22 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 「アウディRS 7スポーツバック」は世のクルマ好きの理想を体現した一台と言えるだろう。美しいスタイリングと確かな実用性を持ち、何より踏めば恐ろしいほど速い。これらを同時に実現せしめているのは、もちろんアウディの信奉する「技術」である。
  • アウディRS 5クーペ 2021.2.8 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 疾走感に満ちたフォルムが印象的な2ドアモデル「アウディRS 5クーペ」。本格派スポーツカーのようなパフォーマンスが味わえる一方で、時に効率を重視した現代的な走りが実感できる二面性もまた、このモデルの注目すべき個性である。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • アウディのフラッグシップEV「e-tron GT」がデビュー 高性能なRSモデルもラインナップ 2021.2.10 自動車ニュース 独アウディは2021年2月9日(現地時間)、新型EV「e-tron GTクワトロ」「RS e-tron GT」を世界初公開した。いずれもハイパフォーマンスな4ドアクーペで、同ブランドのEVのフラッグシップと位置づけられている。
  • アウディRS 6アバント 2021.2.15 アウディテクノロジーの極み RSモデルを知る<AD> 最高出力600PS、最大トルク800N・mのV8ツインターボエンジンを搭載した「アウディRS 6アバント」は単なる高性能マシンではない。ひとたび手綱を緩めてやればその奥底に流れる血が騒ぐ。ラリーウエポンのれっきとした末裔(まつえい)であることをすぐに感じ取れることだろう。
ホームへ戻る