三菱が「ミラージュ」「エクリプス クロス」「アウトランダー」の特別仕様車を発売

2018.12.13 自動車ニュース
三菱ミラージュ ブラックエディション
三菱ミラージュ ブラックエディション拡大

三菱自動車は2018年12月13日、コンパクトカー「ミラージュ」とクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」「アウトランダー」の計3車種に特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、販売を開始した。

今回のブラックエディションは、内外装に加えられたブラックのアクセントを特徴とするモデルである。

「ミラージュ ブラックエディション」は上級グレードの「G」をベースに、ルーフやルーフスポイラー、ドアミラーを「ブラックマイカ」としたほか、ブラック塗装の専用15インチアルミホイールを採用。ボディーカラーは2トーンの「ワインレッドパール/ブラックマイカ」「ホワイトパール/ブラックマイカ」「レッドメタリック/ブラックマイカ」「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」と、モノトーンのブラックマイカの、全5タイプを設定した。

インテリアでは、ブラックとレッドファブリックを組み合わせた専用2トーンシートに(レッドステッチ入り)に加えて、同じく専用装備となる本革巻きのステアリングホイールとシフトノブも採用した。

価格はボディーカラーがブラックマイカの場合が150万6600円、2トーンの場合は152万2800円。

エクリプス クロス ブラックエディション
エクリプス クロス ブラックエディション拡大

「エクリプス クロス ブラックエディション」は、上級グレードの「Gプラスパッケージ」をベースに、ドアミラーと前後のスキッドプレートをブラックマイカとしたほか、ブラックマイカ加飾付きのサイドドアガーニッシュとピアノブラックのフロントグリル、ブラック塗装の専用18インチアルミホイールを採用。ボディーカラーは「レッドダイヤモンド」「ホワイトパール」「ライトニングブルーマイカ」「チタニウムグレーメタリック」「ブラックマイカ」の全5色展開となる。

インテリアはベースモデルから変更されていない。

価格は281万5560円から、312万8760円まで。

アウトランダー ブラックエディション
アウトランダー ブラックエディション拡大

「アウトランダー ブラックエディション」は、上級グレードの「Gプラスパッケージ」をベースに、ドアミラーと前後のスキッドプレートをブラックマイカに変更。さらに、ブラックマイカ加飾付きのサイドドアガーニッシュやブラックメッキのフロントグリル、グロスブラックのルーフレール、ボディー同色のドアアウターハンドル、ブラック塗装のサイドウィンドウモール、専用18インチアルミホイールを採用した。ボディーカラーは「ホワイトパール」「チタニウムグレーメタリック」「ブラックマイカ」の全3色。

インテリアでは、スエード調人工皮革のコンビネーションシートを標準装備としたほか、運転席と助手席にシートヒーターとパワーシートを追加。オーナメントパネルとドアパネルはピンストライプ付きのピアノブラックに、天井色はブラックに変更した。

価格はFF車が321万3540円、4WD車が348万5700円。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, ミラージュ, アウトランダー, 三菱, 自動車ニュース

三菱 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.5.10 試乗記 三菱の新型クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に試乗。クーペスタイルの見た目から“オシャレ系SUV”と判断しがちだけれど、だまされてはいけない! 「ランエボ」由来の4WDシステムや高いボディー剛性を備えた、実に真面目なクルマに仕上がっているのだ。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • 「三菱エクリプス クロス」、FF車の走行性能がアップ 2018.12.13 自動車ニュース 三菱自動車は2018年12月13日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」の仕様を一部変更し、販売を開始した。今回は走行性能や快適装備の強化が図られている。
  • 新型ガソリンエンジン搭載の「プジョー308」発売 2019.5.10 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年5月7日、新型1.2リッターガソリンエンジンと8段ATを採用した「プジョー308」を発売した。搭載される新型1.2リッター直3ガソリンエンジンは、2020年に施行される欧州環境規制ユーロ6.2に対応している。
ホームへ戻る