三菱が「ミラージュ」「エクリプス クロス」「アウトランダー」の特別仕様車を発売

2018.12.13 自動車ニュース
三菱ミラージュ ブラックエディション
三菱ミラージュ ブラックエディション拡大

三菱自動車は2018年12月13日、コンパクトカー「ミラージュ」とクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」「アウトランダー」の計3車種に特別仕様車「ブラックエディション」を設定し、販売を開始した。

今回のブラックエディションは、内外装に加えられたブラックのアクセントを特徴とするモデルである。

「ミラージュ ブラックエディション」は上級グレードの「G」をベースに、ルーフやルーフスポイラー、ドアミラーを「ブラックマイカ」としたほか、ブラック塗装の専用15インチアルミホイールを採用。ボディーカラーは2トーンの「ワインレッドパール/ブラックマイカ」「ホワイトパール/ブラックマイカ」「レッドメタリック/ブラックマイカ」「チタニウムグレーメタリック/ブラックマイカ」と、モノトーンのブラックマイカの、全5タイプを設定した。

インテリアでは、ブラックとレッドファブリックを組み合わせた専用2トーンシートに(レッドステッチ入り)に加えて、同じく専用装備となる本革巻きのステアリングホイールとシフトノブも採用した。

価格はボディーカラーがブラックマイカの場合が150万6600円、2トーンの場合は152万2800円。

エクリプス クロス ブラックエディション
エクリプス クロス ブラックエディション拡大

「エクリプス クロス ブラックエディション」は、上級グレードの「Gプラスパッケージ」をベースに、ドアミラーと前後のスキッドプレートをブラックマイカとしたほか、ブラックマイカ加飾付きのサイドドアガーニッシュとピアノブラックのフロントグリル、ブラック塗装の専用18インチアルミホイールを採用。ボディーカラーは「レッドダイヤモンド」「ホワイトパール」「ライトニングブルーマイカ」「チタニウムグレーメタリック」「ブラックマイカ」の全5色展開となる。

インテリアはベースモデルから変更されていない。

価格は281万5560円から、312万8760円まで。

アウトランダー ブラックエディション
アウトランダー ブラックエディション拡大

「アウトランダー ブラックエディション」は、上級グレードの「Gプラスパッケージ」をベースに、ドアミラーと前後のスキッドプレートをブラックマイカに変更。さらに、ブラックマイカ加飾付きのサイドドアガーニッシュやブラックメッキのフロントグリル、グロスブラックのルーフレール、ボディー同色のドアアウターハンドル、ブラック塗装のサイドウィンドウモール、専用18インチアルミホイールを採用した。ボディーカラーは「ホワイトパール」「チタニウムグレーメタリック」「ブラックマイカ」の全3色。

インテリアでは、スエード調人工皮革のコンビネーションシートを標準装備としたほか、運転席と助手席にシートヒーターとパワーシートを追加。オーナメントパネルとドアパネルはピンストライプ付きのピアノブラックに、天井色はブラックに変更した。

価格はFF車が321万3540円、4WD車が348万5700円。

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, ミラージュ, アウトランダー, 三菱, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の最新電動SUV「エクリプス クロスPHEV」「アウトランダーPHEV」の魅力に迫る 2021.2.25 電気の力を多彩に活用 三菱の最新PHEVを味わう<AD> 三菱自動車のプラグインハイブリッド車は電気の使い方が多彩だ。環境対応は当然として、走りの楽しさと上質さも追求。さらにクルマ自体を“電源”としても使えるようにしている。「エクリプス クロスPHEV」と「アウトランダーPHEV」、2台の最新モデルでその世界を味わってみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.2.15 試乗記 マツダから「MX-30」の電気自動車(EV)バージョン、その名も「EVモデル」が登場した。クリーンディーゼルや「スカイアクティブX」など、かねて内燃機関に対する強いこだわりを主張してきたマツダ。ブランド初となる量産EVの仕上がりは?
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.1.10 試乗記 大規模なデザイン変更を受けた「三菱エクリプス クロス」だが、マイナーチェンジの本命は、やはり新たに用意されたプラグインハイブリッド車(PHEV)に違いない。寒風吹きすさぶワインディングロードでその仕上がりを試した。
  • 「C5 X」で久々に復活! シトロエンの上級モデルに宿る前衛の魂 2021.4.26 デイリーコラム シトロエンから久々のラージサルーン「C5 X」が登場! 話題騒然のニューモデルに、どれほどシトロエンらしさは宿っているのか? 間もなく復活するラージセグメントの“ダブルシェブロン”に、「トラクシオン アヴァン」や「DS」「CX」などの面影を探る。
ホームへ戻る