2018年を締めくくる「Lamborghini Year-End Party」を開催

2018.12.13 自動車ニュース
「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」の置かれたステージ上でスピーチを行ったランボルギーニ・ジャパンのカントリーマネージャー、フランチェスコ・クレシ氏。ランボルギーニの2018年新車販売台数が、過去最多を記録した2017年を上回る約4500台に達したと発表した。
「ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ」の置かれたステージ上でスピーチを行ったランボルギーニ・ジャパンのカントリーマネージャー、フランチェスコ・クレシ氏。ランボルギーニの2018年新車販売台数が、過去最多を記録した2017年を上回る約4500台に達したと発表した。拡大

ランボルギーニ・ジャパンは2018年12月12日、東京・虎ノ門のTHE CORE KITCHEN/SPACEにおいて2018年を締めくくる「Lamborghini Year-End Party」を開催した。

「アヴェンタドールSVJ」は全世界限定900台の生産。ステージ上に展示された車両は、その栄えある第1号車だった。
「アヴェンタドールSVJ」は全世界限定900台の生産。ステージ上に展示された車両は、その栄えある第1号車だった。拡大
虎ノ門のTHE CORE KITCHEN/SPACEの外に「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」を、会場内に「ウルス」を展示。
虎ノ門のTHE CORE KITCHEN/SPACEの外に「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」を、会場内に「ウルス」を展示。拡大

会場にはランボルギーニがスーパーSUVと呼ぶ「ウルス」のほか、ニュルブルクリンク北コース「ノルドシュライフェ」で市販車最速タイム(当時)6分44秒97をマークした「アヴェンタドールSVJ」、ランボルギーニの歴代V10搭載オープンモデルで最高の性能を誇る「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」という、2018年に日本導入された3モデルが展示されていた。

オープニングの映像に続き、アヴェンタドールSVJが展示されたステージにランボルギーニ・ジャパンのカントリーマネージャー、フランチェスコ・クレシ氏が登壇。日本導入を行った3モデルを紹介しながら同社の2018年を振り返り、さらに2019年の展望に関してスピーチを行った。

クレシ氏は「ランボルギーニの2018年新車販売台数は、過去最多を記録した2017年を上回る約4500台に達しました。日本市場の販売台数は540台以上となる予定で、今年(2018年)も二桁成長が続いています」と、世界市場はもちろんのこと、日本市場でも同ブランドが好調であったことを紹介。ランボルギーニでは、総売上高の約10%を将来の技術開発費に投資するとともにファクトリーを拡大させ、さらなる生産強化を図る予定でもあると語った。

さらに、2018年シーズンの日本ラウンドとして、富士スピードウェイと鈴鹿サーキットで開催されたカスタマードライバーが参加するレース「ランボルギーニ・スーパートロフェオ・アジアシリーズ」は、2019年も引き続き2つの日本ラウンドを行いたいと表明した。

スピーチ終了後、クレシ氏に公私合わせて2018年に一番印象的だった出来事を尋ねると「まったくの新型となるスーパーSUVウルスの日本導入はとてもエキサイティングでした。順次デリバリーを行っていますが、2019年は通年で納車できる最初の年になりますので、この興奮はしばらく続きそうです」と回答。同ブランドのさらなる人気向上と販売台数の増加に自信をのぞかせた。

(webCG)

関連キーワード:
ウルス, アヴェンタドール, ランボルギーニ, 自動車ニュース

ランボルギーニ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.18 試乗記 ランボルギーニが開発した、スーパーカーならぬ“スーパーSUV”「ウルス」。いざ日本の道でステアリングを握ってみると、他社のSUVとも従来のランボルギーニとも違う走りに、驚かされることとなった。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
  • 今夏から渋滞時の“手放し運転”が解禁に
    BMWの「ハンズ・オフ機能」を解説する
    2019.5.3 デイリーコラム BMWジャパンが2019年夏に「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を備えた車両を導入すると明らかにした。いわゆる“手放し運転”を実現した技術的背景と、特殊な道路事情を抱えた日本に適合させた、同社の取り組みについて解説する。
  • 第1回:認定中古車のレンジローバー イヴォークを試す 2019.4.26 ランドローバーに認定中古車という選択肢<PR> 英国が誇るSUVの老舗、ランドローバーのモデルを手に入れるのなら、認定中古車という選択肢は大いにアリ。ラグジュアリーコンパクトSUVの先駆けである「ランドローバー・レンジローバー イヴォーク」の試乗を通し、リポーターがそう結論づけた理由とは?
  • 単なるブームの産物なのか?
    新型SUV「ランボルギーニ・ウルス」に思うこと
    2018.2.16 デイリーコラム コンセプトカーの登場から6年。ようやく日本上陸を果たした「ランボルギーニ・ウルス」だが、スーパーカーメーカーのSUVにはさまざまな議論がつきまとう。これは単なる“SUVブームの産物”なのか? その見どころはどこにある?
ホームへ戻る