日産が「エルグランド」の先進安全装備を強化

2018.12.13 自動車ニュース
日産エルグランド ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム
日産エルグランド ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム拡大

日産自動車は2018年12月13日、ミニバン「エルグランド」の仕様を一部変更し、販売を開始した。

 
日産が「エルグランド」の先進安全装備を強化の画像拡大
 
日産が「エルグランド」の先進安全装備を強化の画像拡大
 
日産が「エルグランド」の先進安全装備を強化の画像拡大

今回の仕様変更では、車線逸脱警報や車線逸脱防止支援システム、進入禁止標識検知や緊急自動ブレーキ、ハイビームアシストを全車に標準装備とするなど、先進安全装備の強化を図っている。

このほか、アクセルとブレーキの踏み間違いによる衝突防止を支援する踏み間違い衝突防止支援アシストについては、前方の歩行者を検知対象に加えた。また、「インテリジェントクルーズコントロール」を「250XG」グレード以外に標準装備としている。

なお、今回の仕様変更にあわせ、特別仕様車「VIP」と、オーテックジャパンが手がけるカスタマイズカー「ライダー」にも同様の変更が加えられた。

ノーマルのエルグランドの価格は331万8840円から、594万2160円まで。特別仕様車VIPの価格は627万4800円から、816万4800円まで。ライダーの価格は394万3080円から、528万7680円まで。

(webCG)

関連キーワード:
エルグランド, 日産, 自動車ニュース

日産 エルグランド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産小型商用車(LCV)取材会【試乗記】 2016.4.5 試乗記 日産の小型商用車(LCV)がずらりとそろうオールラインナップ試乗会に参加。北米専用のフルサイズピックアップトラックの「タイタンXD」からEVの「e-NV200」まで、今の日産を代表する商用車のステアリングを握った。
  • トヨタが新型「ハイエース」を世界初公開 2019.2.18 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年2月18日、フィリピンにおいて、商用ワンボックス「ハイエース」の海外向け新シリーズを世界初公開した。刷新された専用プラットフォームにより、快適性と安全性を向上させるとともに、日常生活やビジネスで役立つ優れた基本性能と高い耐久性を持つという。
  • 日産エルグランド250 Highway STAR 7人乗り(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.10.21 試乗記 ……414万7500円
    総合評価……★★★★

    新たな3代目に「キング・オブ・ミニバン」復権をかける、「日産エルグランド」。その実力を、売れ筋の2.5リッターモデルで試した。
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTDIハイライン マイスター(FF/7AT)【試乗記】 2019.10.17 試乗記 質実剛健なブランドとして知られるフォルクスワーゲン。その看板車種の「ゴルフ」に追加されたディーゼルモデルは、良き選択肢となりうるか? 走りの印象のほか、装備の見どころや燃費についても報告する。
ホームへ戻る