2019年型「ジャガーFペース」受注開始 高性能モデル「SVR」も

2018.12.19 自動車ニュース
ジャガーFペース(2019年モデル)
ジャガーFペース(2019年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年12月19日、SUV「ジャガーFペース」の2019年モデルと、新たにラインナップに加わる高性能モデル「FペースSVR」を発表。同日、受注を開始した。

最高出力550psを発生する「FペースSVR」もラインナップされる。
最高出力550psを発生する「FペースSVR」もラインナップされる。拡大
 
2019年型「ジャガーFペース」受注開始 高性能モデル「SVR」もの画像拡大
 
2019年型「ジャガーFペース」受注開始 高性能モデル「SVR」もの画像拡大

Fペースの2019年モデルでは、スマートフォンと連動するコネクティビティー機能のリモートプレミアムやInControlアプリ、プロテクト、Wi-Fiホットスポットが全グレードに標準装備される。さらにレーンキープアシスト(LKA)も標準化することで、利便性と安全性が高められている。さらに、従来はオプション装備だったスエードクロスヘッドライニングを全グレードで採用。インテリアの質感も向上した。

2019年モデルのラインナップは、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手がけたFペースSVRが加わり全14機種となる。FペースSVRは、最高出力550ps、最大トルク680Nmを発生する5リッターV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンを搭載。最高速度283km/h、0-100km/h加速4.3秒を誇る高性能モデルである。

ラインナップと価格は以下の通り。ボディーカラーはSVR専用色のウルトラブルーを含む、全12色となる。

【2リッター直4ガソリンエンジン搭載モデル】

  • ピュア(250ps):664万円
  • プレステージ(250ps):691万円
  • Rスポーツ(250ps):756万円
  • ポートフォリオ(250ps):748万円
  • ピュア(300ps):727万円
  • プレステージ(300ps):754万円
  • Rスポーツ(300ps):819万円
  • ポートフォリオ(300ps):811万円

【3リッターV6ガソリンエンジン搭載モデル】

  • S(380ps):1001万円

【5リッターV8ガソリンエンジン搭載モデル】

  • SVR(550ps):1272万円

【2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル】

  • ピュア(180ps):656万円
  • プレステージ(180ps):683万円
  • Rスポーツ(180ps):748万円
  • ポートフォリオ(180ps):740万円

(webCG)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • 「ジャガーFペース」に2021年モデル 内外装デザインを刷新 2021.2.18 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2021年2月18日、「ジャガーFペース」の2021年モデルを導入すると発表し、注文受け付けを開始した。内外装デザインの刷新に加えて、最新のインフォテインメントシステムや新たなパワートレインを導入するなど全方位的な進化を遂げている。
  • ニューヨークショー2018(ジャガー/ランドローバー) 2018.4.13 画像・写真 ジャガー・ランドローバーはニューヨークショー2018でハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を初公開した。電気自動車の「Iペース」や2ドアの「レンジローバー」、ウェイモと連携した自動運転開発車両などとともに、写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • ラインナップから読み解くジャガーのいま【F-PACE×安東弘樹】 2020.10.9 JAGUAR ~英国が誇る名門の“いま”~<AD> “低くてスポーティー”を身上としてきたジャガーが、初めて世に問うた背の高いクルマ「F-PACE」。ジャガーが手がけるとSUVにはどんな魅力が宿るのか? あまたのクルマを乗り継いできたフリーアナウンサー安東弘樹が、一目ぼれで手に入れた「F-PACE」の思い出を語る。
ホームへ戻る