2019年型「ジャガーFペース」受注開始 高性能モデル「SVR」も

2018.12.19 自動車ニュース
ジャガーFペース(2019年モデル)
ジャガーFペース(2019年モデル)拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年12月19日、SUV「ジャガーFペース」の2019年モデルと、新たにラインナップに加わる高性能モデル「FペースSVR」を発表。同日、受注を開始した。

最高出力550psを発生する「FペースSVR」もラインナップされる。
最高出力550psを発生する「FペースSVR」もラインナップされる。拡大
 
2019年型「ジャガーFペース」受注開始 高性能モデル「SVR」もの画像拡大
 
2019年型「ジャガーFペース」受注開始 高性能モデル「SVR」もの画像拡大

Fペースの2019年モデルでは、スマートフォンと連動するコネクティビティー機能のリモートプレミアムやInControlアプリ、プロテクト、Wi-Fiホットスポットが全グレードに標準装備される。さらにレーンキープアシスト(LKA)も標準化することで、利便性と安全性が高められている。さらに、従来はオプション装備だったスエードクロスヘッドライニングを全グレードで採用。インテリアの質感も向上した。

2019年モデルのラインナップは、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)が設計・開発を手がけたFペースSVRが加わり全14機種となる。FペースSVRは、最高出力550ps、最大トルク680Nmを発生する5リッターV型8気筒スーパーチャージドガソリンエンジンを搭載。最高速度283km/h、0-100km/h加速4.3秒を誇る高性能モデルである。

ラインナップと価格は以下の通り。ボディーカラーはSVR専用色のウルトラブルーを含む、全12色となる。

【2リッター直4ガソリンエンジン搭載モデル】

  • ピュア(250ps):664万円
  • プレステージ(250ps):691万円
  • Rスポーツ(250ps):756万円
  • ポートフォリオ(250ps):748万円
  • ピュア(300ps):727万円
  • プレステージ(300ps):754万円
  • Rスポーツ(300ps):819万円
  • ポートフォリオ(300ps):811万円

【3リッターV6ガソリンエンジン搭載モデル】

  • S(380ps):1001万円

【5リッターV8ガソリンエンジン搭載モデル】

  • SVR(550ps):1272万円

【2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル】

  • ピュア(180ps):656万円
  • プレステージ(180ps):683万円
  • Rスポーツ(180ps):748万円
  • ポートフォリオ(180ps):740万円

(webCG)

関連キーワード:
Fペース, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー Fペース の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーFペースSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2019.9.17 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、「ジャガーFペース」のトップモデル「SVR」に試乗。驚異の加速力と快適さを併せ持った走りは、SUVの皮をかぶったジャガー製スポーツカーのそれだった。
  • ジャガーFペースS(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.18 試乗記 ジャガーのSUV「Fペース」のフラッグシップモデル「S」に試乗。380psものパワーを秘めたスーパーチャージドエンジンを搭載し、足まわりを22インチタイヤで固めた漆黒のFペースは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • ニューヨークショー2018(ジャガー/ランドローバー) 2018.4.13 画像・写真 ジャガー・ランドローバーはニューヨークショー2018でハイパフォーマンスSUV「ジャガーFペース SVR」を初公開した。電気自動車の「Iペース」や2ドアの「レンジローバー」、ウェイモと連携した自動運転開発車両などとともに、写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツGLA」がモデルチェンジ 欧州で販売開始 2020.4.30 自動車ニュース 新型「メルセデス・ベンツGLA」のデリバリーが欧州でスタート。2代目は先代に比べ、全高や着座位置が10cmほど高く設定されるなど、よりSUVらしいキャラクターが与えられている。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ1.5 eTSI(FF/7AT)/ゴルフ2.0 TDI(FF/7AT)【海外試乗記】 2020.5.6 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が8代目に生まれ変わった。車車間通信や対話型インフォテインメントシステムを採用するなど、今回のモデルチェンジをひと言で表すならば“デジタライゼーション”だ。ハッチバック車のベンチマークの、最新モデルの仕上がりやいかに!?
ホームへ戻る