【東京オートサロン2019】「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本初公開

2019.01.11 自動車ニュース
「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の日本正式デビューは2019年前半といわれている。
「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の日本正式デビューは2019年前半といわれている。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年1月11日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月11日~13日)において、間もなく日本でも正式発表される「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を参考展示した。

2951mmとなるロングホイールベースを持つ「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。
2951mmとなるロングホイールベースを持つ「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。拡大
大型のハッチゲートを採用した4ドアクーペフォルムが、エクステリアデザインの特徴。
大型のハッチゲートを採用した4ドアクーペフォルムが、エクステリアデザインの特徴。拡大

メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、2018年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたモデルで、2ドアクーペの「AMG GT」と同じくメルセデスAMGの独自開発車両となる。

大きく開くテールゲートを持つ、クーペスタイルのエクステリアデザインが特徴。ホイールベースは2951mmと長く、スポーティーな走りとゆとりある居住性がセリングポイントになっている。

欧州では「AMG GT53 4MATIC+」「AMG GT63 4MATIC+」「AMG GT63 S 4MATIC+」の3モデルをラインナップしており、AMG GT53 4MATIC+には最高出力435psを発生する3リッター直6ターボエンジンに「EQブーストスターター・オルタネーター」と呼ばれるモーターアシスト機構付きオルタネーターを組み合わせたパワーユニットを採用。AMG GT63 4MATIC+とAMG GT63 S 4MATIC+は、共に最高出力639psの4リッターV8ツインターボエンジンが搭載されている。トランスミッションはいずれも9段ATの「AMGスピードシフトMCT 9G」で、全モデルとも4WDの駆動方式を採用している。

日本での正式発表は、今春となる見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, モーターショー, 東京オートサロン2019, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+/AMG GT53 4MATIC+【試乗記】 2019.4.20 試乗記 メルセデスAMGが独自に開発した“4ドアのスポーツカー”「AMG GT 4ドアクーペ」。デザインから走行性能、快適性にまでこだわりぬいたという欲張りな高性能モデルに、サーキットで試乗した。
  • メルセデス・ベンツCクラス【試乗記】 2018.10.6 試乗記 精神的支柱は「Sクラス」かもしれないが、メルセデス・ベンツの販売の柱といえば「Cクラス」をおいてないはずだ。そのCクラスがマイナーチェンジを受けた。電動化モデルも投入された改良型の出来栄えを、雨の軽井沢で試す。
  • マツダが「マツダ3」の国内販売をスタート 2019.5.24 自動車ニュース マツダは2019年5月24日、新型「MAZDA3(マツダ・スリー)」を発表し、同日から販売を開始した。デザイン面では「魂動デザイン」を新たなステージに進めたほか、技術面では「SKYACTIV(スカイアクティブ)テクノロジー」の深化により基本性能を高めている。
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
ホームへ戻る