【東京オートサロン2019】「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本初公開

2019.01.11 自動車ニュース
「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の日本正式デビューは2019年前半といわれている。
「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」の日本正式デビューは2019年前半といわれている。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年1月11日、カスタマイズカーの祭典「東京オートサロン2019」(開催期間:2019年1月11日~13日)において、間もなく日本でも正式発表される「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を参考展示した。

2951mmとなるロングホイールベースを持つ「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。
2951mmとなるロングホイールベースを持つ「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。拡大
大型のハッチゲートを採用した4ドアクーペフォルムが、エクステリアデザインの特徴。
大型のハッチゲートを採用した4ドアクーペフォルムが、エクステリアデザインの特徴。拡大

メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、2018年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされたモデルで、2ドアクーペの「AMG GT」と同じくメルセデスAMGの独自開発車両となる。

大きく開くテールゲートを持つ、クーペスタイルのエクステリアデザインが特徴。ホイールベースは2951mmと長く、スポーティーな走りとゆとりある居住性がセリングポイントになっている。

欧州では「AMG GT53 4MATIC+」「AMG GT63 4MATIC+」「AMG GT63 S 4MATIC+」の3モデルをラインナップしており、AMG GT53 4MATIC+には最高出力435psを発生する3リッター直6ターボエンジンに「EQブーストスターター・オルタネーター」と呼ばれるモーターアシスト機構付きオルタネーターを組み合わせたパワーユニットを採用。AMG GT63 4MATIC+とAMG GT63 S 4MATIC+は、共に最高出力639psの4リッターV8ツインターボエンジンが搭載されている。トランスミッションはいずれも9段ATの「AMGスピードシフトMCT 9G」で、全モデルとも4WDの駆動方式を採用している。

日本での正式発表は、今春となる見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, モーターショー, 東京オートサロン2019, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • トヨタ・ミライ プロトタイプ(RWD)【試乗記】 2020.11.2 試乗記 世代交代で見た目もメカニズムも大きく変わる、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」。同社が“クルマ本来の魅力”にこだわり、従来の環境車のイメージを変えると意気込む、新型の仕上がりは……?
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • メルセデスAMG E53 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2018.10.10 試乗記 2種類の過給機とマイルドハイブリッドシステムを搭載する、メルセデスの新型セダン「AMG E53」。その走りは極めてスポーティーでありながら、昔ながらのやんちゃな高性能モデルとは違った楽しさに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る