第41回ダカールラリーでトヨタが初の総合優勝

2019.01.18 自動車ニュース
TOYOTA GAZOO Racing South Africaチームから参戦し総合優勝をもたらした「トヨタ・ハイラックス」。
TOYOTA GAZOO Racing South Africaチームから参戦し総合優勝をもたらした「トヨタ・ハイラックス」。拡大

第41回となった2019年のダカールラリーにおいて、ドライバーのナッサー・アル-アティヤ選手とナビゲーターのマシュー・バウメル選手の駆る「ハイラックス」が四輪部門総合優勝を果たし、トヨタに同ラリー初制覇という栄誉をもたらした。

悲願の総合優勝を果たしたナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組。
悲願の総合優勝を果たしたナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組。拡大
チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの「ランドクルーザー」。市販車部門で2度目となる6連覇を達成している。
チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの「ランドクルーザー」。市販車部門で2度目となる6連覇を達成している。拡大
日野チームスガワラの「日野レンジャー」はトラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成。
日野チームスガワラの「日野レンジャー」はトラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成。拡大

今大会は、ダカールラリー史上初となるペルー1カ国開催。走行距離も前回より3000km短い約5600kmとなったが、競技区間の約7割が砂丘で、完走率54%という“世界一過酷なラリー”であることに変わりはなかった。

ハイラックスのナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組は、10ステージ中3ステージでトップを堅守。最終的に2位に対して46分42秒の差をつけての完璧な勝利となった。

トヨタグループでは、「ランドクルーザー」で参戦したトヨタ車体の「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」がクラス1、2フィニッシュを達成し、2度目となる市販車部門6連覇を成し遂げ、日野自動車の「レンジャー」で参戦した「日野チームスガワラ」は、トラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成している。

なお二輪部門で参戦していたホンダは、メカニカルトラブルやアクシデントに苦しめられ、「CRF450ラリー」を駆るホセ・イグナシオ・コルネホ選手の総合7位が最高位となった。

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, ダカールラリー, 自動車ニュース

トヨタ ハイラックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.11.26 試乗記 国内での復活デビュー以来、好調なセールスが伝えられる新型「トヨタRAV4」。現実にはシティーユースがほとんどと思われるSUVだが、未舗装路ではどんな走りが味わえるのか? タイプの異なる売れ筋4WD車でチェックした。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.30 試乗記 SUVの世界販売台数でナンバーワンの座に君臨する「トヨタRAV4」。2年半ぶりにカムバックした日本でも好調なセールスを記録しているこのクルマの魅力はどこにあるのか? 輸入車ともドメスティックな国産車とも違う、トヨタの世界戦略車の妙味に触れた。
  • トヨタRAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.6.24 試乗記 約3年のブランクを経て「トヨタRAV4」が日本市場に帰ってきた。とはいえその主戦場が、日本とは桁違いの台数が販売されているアメリカであることは明らか。新型は、日本にクロスオーバーSUVブームをもたらした初代のようなポジションに返り咲くことはできるのだろうか。
  • ホンダ・フィットの新開発4WDを試す 2020.3.10 だから新型フィットは心地いい<AD> いよいよ街を走りだした、新型「ホンダ・フィット」。フレンドリーなデザインや優れたユーティリティー性で話題だが、その走行性能も見逃せない。なかでも注目なのが、新開発のハイブリッドと4WDシステムの絶妙なコンビネーションが実現する心地いい走りだ。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
ホームへ戻る