第41回ダカールラリーでトヨタが初の総合優勝

2019.01.18 自動車ニュース
TOYOTA GAZOO Racing South Africaチームから参戦し総合優勝をもたらした「トヨタ・ハイラックス」。
TOYOTA GAZOO Racing South Africaチームから参戦し総合優勝をもたらした「トヨタ・ハイラックス」。拡大

第41回となった2019年のダカールラリーにおいて、ドライバーのナッサー・アル-アティヤ選手とナビゲーターのマシュー・バウメル選手の駆る「ハイラックス」が四輪部門総合優勝を果たし、トヨタに同ラリー初制覇という栄誉をもたらした。

悲願の総合優勝を果たしたナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組。
悲願の総合優勝を果たしたナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組。拡大
チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの「ランドクルーザー」。市販車部門で2度目となる6連覇を達成している。
チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの「ランドクルーザー」。市販車部門で2度目となる6連覇を達成している。拡大
日野チームスガワラの「日野レンジャー」はトラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成。
日野チームスガワラの「日野レンジャー」はトラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成。拡大

今大会は、ダカールラリー史上初となるペルー1カ国開催。走行距離も前回より3000km短い約5600kmとなったが、競技区間の約7割が砂丘で、完走率54%という“世界一過酷なラリー”であることに変わりはなかった。

ハイラックスのナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組は、10ステージ中3ステージでトップを堅守。最終的に2位に対して46分42秒の差をつけての完璧な勝利となった。

トヨタグループでは、「ランドクルーザー」で参戦したトヨタ車体の「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」がクラス1、2フィニッシュを達成し、2度目となる市販車部門6連覇を成し遂げ、日野自動車の「レンジャー」で参戦した「日野チームスガワラ」は、トラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成している。

なお二輪部門で参戦していたホンダは、メカニカルトラブルやアクシデントに苦しめられ、「CRF450ラリー」を駆るホセ・イグナシオ・コルネホ選手の総合7位が最高位となった。

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, ダカールラリー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ/ハイラックスZ“ブラックラリーエディション”【試乗記】 2019.1.24 試乗記 2017年9月、実に13年ぶりの販売再開となった「ハイラックス」を、オフロードコースで試すチャンスが訪れた。強靭なラダーフレームと最新の電子デバイスを得た4WDシステムの組み合わせは、いったいどんな走破性を披露してくれるのか。タフなコースに挑んでみた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.10.24 試乗記 長く国内販売が停止していた「トヨタ・ハイラックス」が復活。世界を舞台に活躍するピックアップトラックは、日本の道でどんな走りを見せるのか? オンロードとオフロードで、その実力をチェックした。
  • トヨタ・サクシードTX(FF/CVT)【試乗記】 2019.2.5 試乗記 ついに「プロボックス/サクシード」にもハイブリッドモデルが登場。ハイブリッドを世に広めたトヨタにさえ、なぜかこれまで設定のなかった“はたらくクルマ”のハイブリッド、その仕上がりをリポートする。
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
ホームへ戻る