第41回ダカールラリーでトヨタが初の総合優勝

2019.01.18 自動車ニュース
TOYOTA GAZOO Racing South Africaチームから参戦し総合優勝をもたらした「トヨタ・ハイラックス」。
TOYOTA GAZOO Racing South Africaチームから参戦し総合優勝をもたらした「トヨタ・ハイラックス」。拡大

第41回となった2019年のダカールラリーにおいて、ドライバーのナッサー・アル-アティヤ選手とナビゲーターのマシュー・バウメル選手の駆る「ハイラックス」が四輪部門総合優勝を果たし、トヨタに同ラリー初制覇という栄誉をもたらした。

悲願の総合優勝を果たしたナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組。
悲願の総合優勝を果たしたナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組。拡大
チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの「ランドクルーザー」。市販車部門で2度目となる6連覇を達成している。
チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの「ランドクルーザー」。市販車部門で2度目となる6連覇を達成している。拡大
日野チームスガワラの「日野レンジャー」はトラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成。
日野チームスガワラの「日野レンジャー」はトラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成。拡大

今大会は、ダカールラリー史上初となるペルー1カ国開催。走行距離も前回より3000km短い約5600kmとなったが、競技区間の約7割が砂丘で、完走率54%という“世界一過酷なラリー”であることに変わりはなかった。

ハイラックスのナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組は、10ステージ中3ステージでトップを堅守。最終的に2位に対して46分42秒の差をつけての完璧な勝利となった。

トヨタグループでは、「ランドクルーザー」で参戦したトヨタ車体の「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」がクラス1、2フィニッシュを達成し、2度目となる市販車部門6連覇を成し遂げ、日野自動車の「レンジャー」で参戦した「日野チームスガワラ」は、トラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成している。

なお二輪部門で参戦していたホンダは、メカニカルトラブルやアクシデントに苦しめられ、「CRF450ラリー」を駆るホセ・イグナシオ・コルネホ選手の総合7位が最高位となった。

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, ダカールラリー, 自動車ニュース

トヨタ ハイラックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ/ハイラックスZ“ブラックラリーエディション”【試乗記】 2019.1.24 試乗記 2017年9月、実に13年ぶりの販売再開となった「ハイラックス」を、オフロードコースで試すチャンスが訪れた。強靭なラダーフレームと最新の電子デバイスを得た4WDシステムの組み合わせは、いったいどんな走破性を披露してくれるのか。タフなコースに挑んでみた。
  • トヨタRAV4(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.12 試乗記 ついに“日本復活”を果たしたトヨタのミドルサイズSUV「RAV4」。2種類のパワートレインに3種類の4WDシステムと、ぜいたくに取りそろえられたメカのラインナップが意味するものとは? アグレッシブな走りの向こうに、トヨタの戦略が透けて見えた。
  • トヨタRAV4アドベンチャー(4WD/CVT)/RAV4ハイブリッドG(4WD/CVT)【試乗記】 2019.4.16 試乗記 日本市場から姿を消していた間に、北米ではトヨタブランドトップの販売台数を誇るモデルにまで成長を遂げた「RAV4」。3種類の四駆システムと、悪路での高いパフォーマンスを期待させるタフなスタイリングを採用した新型を、一般道とオフロードに連れ出してみた。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)/デリカD:5アーバンギア(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.30 試乗記 高い悪路走破性能を身上とする三菱のユニークなミニバン「デリカD:5」がマイナーチェンジ。“コワモテ”のフロントマスクばかりが話題を集めているが、実際に乗ってみると、パワートレインにもシャシーにもはっきり進化の感じられる、充実した改良となっていた。
ホームへ戻る