第41回ダカールラリーでトヨタが初の総合優勝

2019.01.18 自動車ニュース
TOYOTA GAZOO Racing South Africaチームから参戦し総合優勝をもたらした「トヨタ・ハイラックス」。
TOYOTA GAZOO Racing South Africaチームから参戦し総合優勝をもたらした「トヨタ・ハイラックス」。拡大

第41回となった2019年のダカールラリーにおいて、ドライバーのナッサー・アル-アティヤ選手とナビゲーターのマシュー・バウメル選手の駆る「ハイラックス」が四輪部門総合優勝を果たし、トヨタに同ラリー初制覇という栄誉をもたらした。

悲願の総合優勝を果たしたナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組。
悲願の総合優勝を果たしたナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組。拡大
チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの「ランドクルーザー」。市販車部門で2度目となる6連覇を達成している。
チームランドクルーザー・トヨタオートボデーの「ランドクルーザー」。市販車部門で2度目となる6連覇を達成している。拡大
日野チームスガワラの「日野レンジャー」はトラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成。
日野チームスガワラの「日野レンジャー」はトラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成。拡大

今大会は、ダカールラリー史上初となるペルー1カ国開催。走行距離も前回より3000km短い約5600kmとなったが、競技区間の約7割が砂丘で、完走率54%という“世界一過酷なラリー”であることに変わりはなかった。

ハイラックスのナッサー・アル-アティヤ/マシュー・バウメル組は、10ステージ中3ステージでトップを堅守。最終的に2位に対して46分42秒の差をつけての完璧な勝利となった。

トヨタグループでは、「ランドクルーザー」で参戦したトヨタ車体の「チームランドクルーザー・トヨタオートボデー」がクラス1、2フィニッシュを達成し、2度目となる市販車部門6連覇を成し遂げ、日野自動車の「レンジャー」で参戦した「日野チームスガワラ」は、トラック(排気量10リッター未満)部門で10連覇を達成している。

なお二輪部門で参戦していたホンダは、メカニカルトラブルやアクシデントに苦しめられ、「CRF450ラリー」を駆るホセ・イグナシオ・コルネホ選手の総合7位が最高位となった。

(webCG)

関連キーワード:
ハイラックス, トヨタ, ダカールラリー, 自動車ニュース

トヨタ ハイラックス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.7 試乗記 日本で唯一、新車で正規販売されるピックアップトラック「トヨタ・ハイラックス」。その車両構成は、ラダーフレームにリーフリジッドのリアサスペンション、最大積載量500kgのベッドと、タフそのものだ。世界各国で活躍するグローバルな一台の魅力をリポートする。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIエレガンス アドバンス(FF/7AT)【試乗記】 2021.4.13 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」のマイナーチェンジモデルが上陸。セダンの最上級グレード「TDIエレガンス アドバンス」に試乗し、アップデートされたパワートレインや新世代インフォテインメントシステム、さらに進化した運転支援システムの仕上がりを確かめた。
  • カワサキ・メグロK3(5MT)【レビュー】 2021.4.9 試乗記 往年のスポーツバイクブランド「メグロ」の名を冠するニューモデルがカワサキから登場。単なる懐古趣味の一台と侮るなかれ、その質感の高さと味わい深いライドフィールは、百戦錬磨のベテランをも満足させてくれるものだった。
ホームへ戻る