メルセデス、電気自動車「EQC」や水素燃料電池車「GLC F-CELL」を2019年内に日本導入

2019.01.25 自動車ニュース
プレゼンテーションを行ったメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。
プレゼンテーションを行ったメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年1月25日、記者懇談会を開催し、2018年の販売状況と、2019年の目標について説明した。

会場で流されたアニメ『スーパージェッター』のムービー。タイムマシン「流星号」には“スリーポインテッドスター”が刻まれている。
会場で流されたアニメ『スーパージェッター』のムービー。タイムマシン「流星号」には“スリーポインテッドスター”が刻まれている。拡大
会場には2018年に導入されたニューモデルが展示されていた。写真は「S560e ロング」。
会場には2018年に導入されたニューモデルが展示されていた。写真は「S560e ロング」。拡大
A180スタイル
A180スタイル拡大
C200アバンギャルド
C200アバンギャルド拡大
スマート・フォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナル
スマート・フォーツー エディション/ミッキー ザ トゥルー オリジナル拡大

冒頭で流されたのは、1960年代に放映されたアニメ『スーパージェッター』のムービー。その後に登壇したメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は、30世紀からやって来た少年ジェッターが、ハイチタン製タイムマシン「流星号」や空を飛ぶことができる「反重力ベルト」といった装備によって活躍するアニメの内容を、スマートフォンを活用したリモートパーキング機能や音声認識機能を備えた車載インフォテインメントシステム「MBUX」などを搭載したメルセデス・ベンツ車になぞらえ、「昔夢見た未来の世界に一歩ずつ近づいている」と語った。

2018年の日本におけるメルセデス・ベンツ車の販売台数は6万7531台。輸入車ブランドとして4年連続の首位を守った一方で、前年比では1%減と、6年ぶりのマイナスを記録した。これについて上野社長は「苦戦とはとらえていない」と断言。独ダイムラーのWLTPへの認証対応によるモデル導入の遅れなど、複合的な周辺要素によるものだと説明した。スマートの販売台数は2465台。前年の4638台から大きく数字を落としたものの、こちらもダイムラー側からの供給がストップしていた時期があり、問題解消後は平年並みの売れ行きに回復したという。

2019年の目標については、販売台数の前年比超えを掲げた。実現に向けた具体的な施策については「ラインナップの拡充」と「ベストカスタマーエクスペリエンス」を2本の柱とすると説明。電気自動車「EQC」や水素燃料電池車「GLC F-CELL」、さらに「AMG GT 4ドアクーペ」やMBUXを搭載した新たなコンパクトモデルを年内に導入予定であることを明かすとともに、シェアリングサービスや新車のオンライン予約サービスなどを強化し、顧客満足度向上を図ると語った。

(webCG)

関連キーワード:
メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事