クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデスAMG C43 4MATIC(4WD/9AT)

すべてがハイレベル 2022.12.28 試乗記 生方 聡 「メルセデスAMG C43 4MATIC」に積まれるM139は、2リッター直4エンジンにF1由来の電動・排気ターボチャージャーを組み込んだAMG謹製の最新パワーユニット。そのパフォーマンスは、「もしや力不足では?」という疑念を拭い去るに十分なものだった。

C43に2リッター直4?

W206と呼ばれる5代目「Cクラス」が日本でデビューしたのが2021年6月のこと。それから約1年4カ月後の2022年10月、待望のスポーツモデルであるメルセデスAMG C43 4MATICが日本に上陸した。

AMGといえば、エンジンの組み立てをひとりのマイスターが行う“One man, One engine(ワンマン、ワンエンジン)”という伝統があり(エンジンによっては例外もある)、エンジンづくりの意気込みは並大抵ではない。それだけに、メルセデスAMGブランドのクルマに触れるときには、真っ先にエンジンの仕様をチェックしてしまうのが習慣である。

さっそくプレスリリースを見ると、このC43 4MATICに搭載されるM139ユニットもその伝統にのっとっていると記されていたが、併記されている説明を見て、目を疑った。

「直列4気筒エンジンとして初めて“One man, One engine”の主義に従い……」

C43 4MATICのエンジンって2リッター直列4気筒ターボなのか! 自動車税(種別割)が安いじゃないか……というのはさておき、先代のC43が3リッターV6ターボだっただけに、「いくらエンジンのダウンサイジングが進んでいるとはいえ、Dセグメントのスポーツモデルに2リッター直4じゃあ寂しいだろう」というのが私の第一印象だった。

「メルセデス・ベンツCクラス」の高性能モデル「AMG C43 4MATIC」は、2022年10月に導入が開始された。「セダン」と「ステーションワゴン」をラインナップし、車両本体価格は前者が1116万円、後者が1146万円。
「メルセデス・ベンツCクラス」の高性能モデル「AMG C43 4MATIC」は、2022年10月に導入が開始された。「セダン」と「ステーションワゴン」をラインナップし、車両本体価格は前者が1116万円、後者が1146万円。拡大
M139と呼ばれる2リッター直4ターボは最高出力408PS、最大トルク500N・mという実力。3リッターV6ツインターボを搭載していた先代よりも18PSパワーアップしている。
M139と呼ばれる2リッター直4ターボは最高出力408PS、最大トルク500N・mという実力。3リッターV6ツインターボを搭載していた先代よりも18PSパワーアップしている。拡大
「C43 4MATIC」に積まれるM139は、エンジンの組み立てをひとりのマイスターが行う“One man, One engine(ワンマン、ワンエンジン)”というAMGの伝統にのっとりアファルターバッハ工場で製造される。
「C43 4MATIC」に積まれるM139は、エンジンの組み立てをひとりのマイスターが行う“One man, One engine(ワンマン、ワンエンジン)”というAMGの伝統にのっとりアファルターバッハ工場で製造される。拡大
M139には、F1由来となる排気タービンとコンプレッサーの間に電動モーターを挟み込んだ「エレクトリックエキゾーストガスターボチャージャー」が組み込まれている。フロントフェンダーにはそれを示すエンブレムが誇らしげに備わる。
M139には、F1由来となる排気タービンとコンプレッサーの間に電動モーターを挟み込んだ「エレクトリックエキゾーストガスターボチャージャー」が組み込まれている。フロントフェンダーにはそれを示すエンブレムが誇らしげに備わる。拡大
メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車

電動ターボを採用

とはいえ、そこはモデルチェンジの常で、排気量が小さくなっても、最高出力では旧型を上回っている。旧C43 4MATICが最高出力390PS/6100rpm、最大トルク520N・m/2500-5000rpmというスペックであるのに対し、新型は408PS/6750rpm、500N・m/5000rpmと最高出力が18PS向上しているのだ。

数字以上に胸躍らせるのが、新しいターボチャージャーの搭載。このM139には、量産車用としては世界初となる「エレクトリックエキゾーストガスターボチャージャー」が採用されているのだ。

メルセデスがF1で磨き上げてきたというこの技術は、ターボチャージャーの軸に組み込んだ電気モーターで直接ターボを駆動するというもの。排気の流れが遅い低回転域では電気モーターで、排気の流れが十分な高い回転域ではこれまでどおり排気によってターボを駆動することで、全回転域で、いわゆる“ターボラグ”のないレスポンスの良さと、低回転域での高トルク化が図られるという。

これに似たシステムとして、メルセデスは3リッター直6ターボのM256に、モーター駆動のコンプレッサーを組み合わせている。こちらはターボと電動コンプレッサーの2本立てであり、電動ターボひとつのC43のほうが、より進化したシステムであることは容易に想像がつく。

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4785×1825×1450mm、ホイールベースは2865mm。ハッチゲートが備わる「C43 4MATICステーションワゴン」も全長は同一となる。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4785×1825×1450mm、ホイールベースは2865mm。ハッチゲートが備わる「C43 4MATICステーションワゴン」も全長は同一となる。拡大
AMG専用フロントグリルやAウイングデザインのフロントスポイラー、グロスブラックのスプリッターなどで、スポーティーなフロントフェイスを演出。
AMG専用フロントグリルやAウイングデザインのフロントスポイラー、グロスブラックのスプリッターなどで、スポーティーなフロントフェイスを演出。拡大
ダッシュボードから浮かんでいるように配置された12.3インチのコックピットディスプレイ。写真は「S+」モード選択時の画面で、中央にGメーターが配置されているのが特徴だ。
ダッシュボードから浮かんでいるように配置された12.3インチのコックピットディスプレイ。写真は「S+」モード選択時の画面で、中央にGメーターが配置されているのが特徴だ。拡大

独立したトランクルームの容量は455リッター。この数値は「C180アバンギャルド」など、他のCクラスセダンと共通だ。


	独立したトランクルームの容量は455リッター。この数値は「C180アバンギャルド」など、他のCクラスセダンと共通だ。
	拡大

期待以上のパフォーマンス

そんなことを考えながら向き合うC43 4MATICは、「パナメリカーナグリル」と呼ばれる、縦のバーを強調したAMG専用デザインを手に入れ、迫力満点。フロントフェンダーに輝く「TURBO ELECTRIFIED」の文字も誇らしげだ。コックピットは光沢のあるカーボンパネルと、ARTICOと呼ばれる人工皮革でカバーされたダッシュボードが、スポーティーさと上質さを際立たせる。

さっそくエンジンを始動しクルマを発進させると、「これが2リッターターボ?」と驚くほど、低回転から豊かなトルクを発生してみせる。アクセルを軽く踏み増したときの反応も素早く、電動ターボに加えてベルト駆動のスタータージェネレーターによるアシスト(ブースト機能)のおかげで、大排気量の自然吸気エンジンのような頼もしさである。

少し深くアクセルペダルを踏んでやれば、ラクにまわりのクルマをリードできる加速が得られる。そこからさらにアクセルペダルを踏み込むと、4000rpm手前あたりからターボエンジンらしい伸びのある加速が楽しめた。

このクルマには、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いる9段の「AMGスピードシフトMCT」が搭載されるが、切れの良いシフト動作は、とくにマニュアルシフト時には操る楽しさを加速する。エキゾーストサウンドをセンサーで拾い室内のスピーカーで再生する「AMGリアルパフォーマンスサウンド」も、やりすぎ感がないのもいい。

郊外のワインディンロードを行く「AMG C43 4MATIC」。4000rpm手前あたりからターボエンジンらしい伸びのある加速が楽しめた。今回の試乗車は10万5000円の有償外板色「オパリスホワイト」をまとっていた。
郊外のワインディンロードを行く「AMG C43 4MATIC」。4000rpm手前あたりからターボエンジンらしい伸びのある加速が楽しめた。今回の試乗車は10万5000円の有償外板色「オパリスホワイト」をまとっていた。拡大
インテリアカラーは写真の「シエナブラウン/ブラック」のコンビネーションやブラックの単色、「パワーレッド/ブラック」のコンビネーションから選択できる。トリムは内装色にかかわらず「メタルウイーブ」と呼ぶカーボンパネルが組み合わされる。
インテリアカラーは写真の「シエナブラウン/ブラック」のコンビネーションやブラックの単色、「パワーレッド/ブラック」のコンビネーションから選択できる。トリムは内装色にかかわらず「メタルウイーブ」と呼ぶカーボンパネルが組み合わされる。拡大
標準装備される「AMGパフォーマンスステアリングホイール」。右下に走行モード切り替え用の「AMGダイナミックセレクト」スイッチを配置する。左下には各種のAMGメニューを任意に割り当てることができるスイッチが2つ備わる。
標準装備される「AMGパフォーマンスステアリングホイール」。右下に走行モード切り替え用の「AMGダイナミックセレクト」スイッチを配置する。左下には各種のAMGメニューを任意に割り当てることができるスイッチが2つ備わる。拡大
左右デュアルの4本出しテールパイプフィニッシャーを標準で装備。エキゾーストサウンドをセンサーで拾い、室内のスピーカーで再生する「AMGリアルパフォーマンスサウンド」も備わっている。
左右デュアルの4本出しテールパイプフィニッシャーを標準で装備。エキゾーストサウンドをセンサーで拾い、室内のスピーカーで再生する「AMGリアルパフォーマンスサウンド」も備わっている。拡大

長距離ドライブもお手のもの

いまどきのプレミアムスポーツだけに、C43 4MATICの乗り心地は洗練されている。前245/40ZR19、後ろ265/35ZR19サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤが装着されたC43 4MATICは、一般道で路面によっては多少コツコツと軽いショックを伝えてくることがあるものの、ゴツゴツした不快な硬さとは無縁で、拍子抜けするほど快適な乗り心地を示す。

高速道路では落ち着いたフラットな乗り心地で、道路の継ぎ目を通過する際のショックも軽くいなす。疲れ知らずのC43 4MATICは、パワフルなエンジンとあいまって、長距離ドライブもお手のものだ。

あいにく今回は本格的なワインディングロードで長時間にわたり試すチャンスがなかったが、ノーズが軽く、またリアアクスルステアリングが備わるC43 4MATICの軽快な動きは、高速道路などでもよくわかる。コーナリング中のロールも抑えられており、スポーティーなハンドリングと快適性をハイレベルで両立するあたり、可変ダンピングシステムの「AMG RIDE CONTROLサスペンション」の効果は絶大といえる。

多くのシーンでレベルの高い走りが確認できたC43 4MATIC。走りの楽しさと実用性、そしてプレステージを求める人には、見逃せない存在といえるだろう。

(文=生方 聡/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

今回の試乗車は19インチサイズの「AMG5ツインスポーク」アルミホイールに前245/40R19、後ろ265/35R19サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤを組み合わせていた。
今回の試乗車は19インチサイズの「AMG5ツインスポーク」アルミホイールに前245/40R19、後ろ265/35R19サイズの「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤを組み合わせていた。拡大
前席にはサイドサポート部分が張り出した、本革仕立ての「スポーツシート」を標準装備。左右席ともヒーターとベンチレーション機能が組み込まれている。
前席にはサイドサポート部分が張り出した、本革仕立ての「スポーツシート」を標準装備。左右席ともヒーターとベンチレーション機能が組み込まれている。拡大
前席と同じデザインテイストで仕上げられた3人掛けの後席。座面から天井までの高さは955mm確保されており、大人がくつろげる空間になっている。
前席と同じデザインテイストで仕上げられた3人掛けの後席。座面から天井までの高さは955mm確保されており、大人がくつろげる空間になっている。拡大
サスペンションはフロントに4リンク式、リアにマルチリンク式が採用される。後輪操舵システム「リアアクスルステアリング」を標準で装備し、約100km/h以下ではリアホイールをフロントホイールとは逆方向に最大約2.5度、約100km/hを超えると、リアホイールをフロントホイールと同方向に最大約0.7度操舵する。
サスペンションはフロントに4リンク式、リアにマルチリンク式が採用される。後輪操舵システム「リアアクスルステアリング」を標準で装備し、約100km/h以下ではリアホイールをフロントホイールとは逆方向に最大約2.5度、約100km/hを超えると、リアホイールをフロントホイールと同方向に最大約0.7度操舵する。拡大

テスト車のデータ

メルセデスAMG C43 4MATIC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4785×1825×1450mm
ホイールベース:2865mm
車重:1860kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:9段AT
エンジン最高出力:408PS(300kW)/6750rpm
エンジン最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/5000rpm
モーター最高出力:13.6PS(10kW)
モーター最大トルク:58N・m(5.9kgf・m)
タイヤ:(前)245/40ZR19 98Y/(後)265/35ZR19 98Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4 S)
燃費:11.1km/リッター(WLTPモード)
価格:1116万円/テスト車=1150万6000円
オプション装備:ボディーカラー<オパリスホワイト>(10万5000円)/パノラミックスライディングルーフ(24万1000円)

テスト車の年式:2022年型
テスト車の走行距離:1121km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:434.0km
使用燃料:42.3リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:10.2km/リッター(満タン法)/10.1km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデスAMG C43 4MATIC
メルセデスAMG C43 4MATIC拡大
 
メルセデスAMG C43 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
生方 聡

生方 聡

モータージャーナリスト。1964年生まれ。大学卒業後、外資系IT企業に就職したが、クルマに携わる仕事に就く夢が諦めきれず、1992年から『CAR GRAPHIC』記者として、あたらしいキャリアをスタート。現在はフリーのライターとして試乗記やレースレポートなどを寄稿。愛車は「フォルクスワーゲンID.4」。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ Cクラス セダン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。