【シカゴショー2019】スバル、新型「レガシィ」を間もなく発表

2019.02.01 自動車ニュース
新型「レガシィ」(米国仕様)のエクステリア。
新型「レガシィ」(米国仕様)のエクステリア。拡大

スバルは2019年1月31日、アメリカ・イリノイ州シカゴで開催される2019シカゴオートショー(開催期間:2019年2月7日~18日)において、新型「レガシィ」(米国仕様)を世界初公開すると発表した。

縦型のディスプレイを採用するセンターコンソール。
縦型のディスプレイを採用するセンターコンソール。拡大

現時点で公開されたティザー画像は2枚で、エクステリアでは、新しい意匠のヘッドライトと前後フェンダーの造形を見ることができる。インテリアでは、縦型のディスプレイがセンターコンソールに備わっている様子が確認できる。

現行モデルは2014年10月に日本での販売を開始した6代目で、セダンとアウトバックの2モデルをラインナップしている。アメリカ市場がメインターゲットとされ、ボディーサイズを拡大し質感も向上させた。7代目となる新型モデルは、どんな進化を果たしているのか注目される。

現地時間2月7日9時(日本時間:2月8日0時)からスバルブースで開かれるプレスカンファレンスで、詳細が明らかにされる予定。

(webCG)

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィアウトバック, スバル, シカゴモーターショー2019, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「スバル・インプレッサ」プレビューイベントの会場から 2016.7.26 画像・写真 富士重工業が東京・恵比寿の本社ショールームにて「NEWインプレッサ プレビューイベント」を開催。新型「スバル・インプレッサ」の日本仕様車を初公開した。イベントの様子と、「インプレッサ スポーツ/G4」の姿を、写真でリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.4 試乗記 登場から3年、マイナーチェンジされた「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。内外装の仕様変更や足まわりの見直し、そしてスバル自慢の運転支援システム「アイサイト」への機能追加と、多岐にわたる改良が施された最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2020.1.10 試乗記 マイナーチェンジされた「スバルXV」に試乗。外装には大きく手が加えられていないものの、運転支援システム「アイサイト」への機能追加や利便性の高い装備の採用など、変更内容は少なくない。その仕上がりをマイルドハイブリッドシステム「e-BOXER」搭載車で確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る