充実の運転支援装備を採用した「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」限定発売

2019.02.01 自動車ニュース
ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス
ランドローバー・ディスカバリー スポーツ ランドマークプラス拡大

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年2月1日、プレミアムコンパクトSUV「ランドローバー・ディスカバリー スポーツ」の特別仕様車「LANDMARK+(ランドマークプラス)」を発表し、受注を開始した。

アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)やエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション(クロージングビークルモニター付き)などの運転支援システムを装備。
アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)やエマージェンシーブレーキ、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション(クロージングビークルモニター付き)などの運転支援システムを装備。拡大
インテリアでは10ウェイ電動フロントシート(ヒーター付き)や2ゾーンクライメートコントロールなどを装備している。
インテリアでは10ウェイ電動フロントシート(ヒーター付き)や2ゾーンクライメートコントロールなどを装備している。拡大
ボディーカラーは、ナルヴィックブラック(限定25台)、コリスグレイ(限定15台)、ユーロンホワイト(限定60台)の3色を設定。
ボディーカラーは、ナルヴィックブラック(限定25台)、コリスグレイ(限定15台)、ユーロンホワイト(限定60台)の3色を設定。拡大

ランドマークプラスは、最高出力180psの2リッター直4ディーゼルターボエンジンを搭載した2019年モデル限定グレード「ランドマークエディション」をベースにした特別仕様車。同モデルに、エマージェンシーブレーキやアダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)、ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクションなどのドライバー支援システムを追加装備している。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • アダプティブクルーズコントロール(キューアシスト付き)
  • 10ウェイ電動フロントシート(ヒーター付き)
  • 2ゾーンクライメートコントロール(2列目エアコンディショナーダクト付き)
  • センターコンソール(スライディングアームレスト付き)
  • キーレスエントリー
  • エマージェンシーブレーキ
  • パワージェスチャーテールゲート
  • ブラインドスポットモニター&リバーストラフィックディテクション(クロージングビークルモニター付き)

インテリアには上質なグレインレザーシートを装備し、追加されたオプション装備は、約70万円相当になるという。エクステリアカラーにはナルヴィックブラック(限定25台)、コリスグレイ(限定15台)、ユーロンホワイト(限定60台)の3色を設定している。

価格はナルヴィックブラックが599万9000円、コリスグレイとユーロンホワイトが608万7000円。

(webCG)

関連キーワード:
ディスカバリー スポーツ, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォーク(4WD/9AT)【海外試乗記】 2019.4.5 試乗記 ランドローバーのベストセラーSUV「レンジローバー イヴォーク」がフルモデルチェンジ。将来の電動化も見据えたという新たなプラットフォームを手にした新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。ギリシャ・アテネで試乗した。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
  • アウディTTSクーペ(4WD/6AT)【レビュー】 2019.6.13 試乗記 デビューから5年目が過ぎ、ついにマイナーチェンジを受けたアウディのコンパクトスポーツ「TT」シリーズ。高性能モデル「TTS」に試乗し、手ごろなボディーサイズにパワフルなエンジン、フルタイム4WD「クワトロ」の組み合わせがかなえる走りを味わった。
  • 新型「レンジローバー イヴォーク」が日本に上陸 2019.5.30 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年5月30日、新型「レンジローバー イヴォーク」を導入し、同年6月1日に注文受け付けを開始すると発表した。新型では内外装のデザインを一新したほか、ブランド初となるプラグインハイブリッドモデルも設定した。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【海外試乗記】 2019.6.4 試乗記 今後日本国内にも導入される、メルセデスのピュアEV「EQC」。ひと足早く海外でステアリングを握ってみると、EVとしての先進性よりむしろ、“極上のメルセデス”ともいうべき乗り味に驚かされることになった。
ホームへ戻る