大容量の新型バッテリーを搭載した「BMW i3」発売

2019.02.06 自動車ニュース
BMW i3
BMW i3拡大

BMWジャパンは2019年2月6日、電気自動車「BMW i3」に新型のバッテリーを搭載し、同日販売を開始した。

総電力量が33kWhから42kWhに増加した、容量120Ahの新型バッテリーを搭載。
総電力量が33kWhから42kWhに増加した、容量120Ahの新型バッテリーを搭載。拡大

新型リチウムイオンバッテリーは、従来モデル比で約30%拡大した120Ahの容量を持ち、総電力量も33kWhから42kWhに増加している。満充電一回あたりの走行可能距離は、新燃料消費率基準であるWLTCモードで360km、「レンジ・エクステンダー装備車」では466kmになるという。

価格はピュアEVのi3が543万円、i3レンジ・エクステンダー装備車は592万円に改定されている。従来通り、アトリエ(標準装備)/ロッジ/スイートの3つのインテリアデザインパッケージをラインナップしている。

(webCG)

関連キーワード:
i3, BMW, 自動車ニュース

BMW i3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2014.5.13 試乗記 走り、デザイン、生産技術など、さまざまな分野でこれまでのクルマとは一線を画す「BMW i3」。BMWが提案する未来のクルマの、今日における実用性を試した。
  • トヨタ・アクアG(4WD/CVT)【試乗記】 2021.9.4 試乗記 2011年の誕生以来、売れに売れたハイブリッド専用のコンパクトハッチバック「トヨタ・アクア」。期待を胸に試乗した2代目は果たして、これぞトヨタ車というべき堅実さと乗り味を持ち合わせていた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
ホームへ戻る