仕様変更された最新型「メルセデスAMG GT」発売

2019.02.14 自動車ニュース
メルセデス AMG GT
メルセデス AMG GT拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」のマイナーチェンジモデルを発表した。デリバリーの開始時期は、同年8月以降になる見込み。

メルセデスAMG GTロードスター
メルセデスAMG GTロードスター拡大
センターコンソールの新たな意匠は、V8エンジンをモチーフにしたもの。
センターコンソールの新たな意匠は、V8エンジンをモチーフにしたもの。拡大
ステアリングホイールのスポーク付け根には、「AMGドライブコントロールスイッチ」と名付けられた液晶画面付きのセレクターが備わる。
ステアリングホイールのスポーク付け根には、「AMGドライブコントロールスイッチ」と名付けられた液晶画面付きのセレクターが備わる。拡大
新デザインの「マルチビームLEDヘッドライト」。
新デザインの「マルチビームLEDヘッドライト」。拡大
メルセデスAMG GT S
メルセデスAMG GT S拡大

今回の仕様変更では、アロー(矢)形状のポジショニングライトとウインカーに3つのリフレクターを備えた新デザインのLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。リアまわりのデザインも改められており、モデルによってはブラックのディフューザーも装着される。

一方のインテリアは、V8エンジンをモチーフにしたというセンターコンソールが見どころ。各種の車両設定スイッチやTFTカラーディスプレイボタンが機能的に並び、運転支援システムや車両情報などをアニメーションで表示できる10.25インチのマルチファンクションディスプレイが上方に配される。またメーターパネルには12.3インチのコックピットディスプレイを採用した。

新デザインのステアリングホイール「AMGパフォーマンスステアリング」は「AMGドライブコントロールスイッチ」付きで、リムから手を離すことなく走行モードが変更できるほか、エキゾーストシステム、サスペンション、ESPなどの設定が変えられる。

そのほか、新規のオプションとして、よりハードなサスペンションや専用セッティングのステアリング、AMGダイナミックエンジントランスミッションマウント、レザーDINAMICA AMGパフォーマンスステアリングがセットになった「AMGダイナミックプラスパッケージ」が用意される。

AMG GTシリーズのラインナップと価格は、以下の通り(カッコ内は最高出力および最大トルク)。

【クーペ】

  • メルセデスAMG GT(476ps、630Nm):1645万円
  • メルセデスAMG GT S(522ps、670Nm):1993万円
  • メルセデスAMG GT C(577ps、680Nm):2202万円
  • メルセデスAMG GT R(585ps、700Nm):2382万円

【ロードスター】

  • メルセデスAMG GTロードスター(476ps、630Nm):1788万円
  • メルセデスAMG GT Sロードスター(522ps、670Nm):2137万円
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(577ps、680Nm):2309万円

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンの価格が明らかに 2020.10.19 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2020年10月19日、「コンチネンタルGTマリナー」の国内における販売価格を発表した。ベントレーのビスポーク部門であるベントレーマリナーが設計と製造を担当する「コンチネンタルGT」のスペシャルバージョンとなっている。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
ホームへ戻る