仕様変更された最新型「メルセデスAMG GT」発売

2019.02.14 自動車ニュース
メルセデス AMG GT
メルセデス AMG GT拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」のマイナーチェンジモデルを発表した。デリバリーの開始時期は、同年8月以降になる見込み。

メルセデスAMG GTロードスター
メルセデスAMG GTロードスター拡大
センターコンソールの新たな意匠は、V8エンジンをモチーフにしたもの。
センターコンソールの新たな意匠は、V8エンジンをモチーフにしたもの。拡大
ステアリングホイールのスポーク付け根には、「AMGドライブコントロールスイッチ」と名付けられた液晶画面付きのセレクターが備わる。
ステアリングホイールのスポーク付け根には、「AMGドライブコントロールスイッチ」と名付けられた液晶画面付きのセレクターが備わる。拡大
新デザインの「マルチビームLEDヘッドライト」。
新デザインの「マルチビームLEDヘッドライト」。拡大
メルセデスAMG GT S
メルセデスAMG GT S拡大

今回の仕様変更では、アロー(矢)形状のポジショニングライトとウインカーに3つのリフレクターを備えた新デザインのLEDハイパフォーマンスヘッドライトを採用。リアまわりのデザインも改められており、モデルによってはブラックのディフューザーも装着される。

一方のインテリアは、V8エンジンをモチーフにしたというセンターコンソールが見どころ。各種の車両設定スイッチやTFTカラーディスプレイボタンが機能的に並び、運転支援システムや車両情報などをアニメーションで表示できる10.25インチのマルチファンクションディスプレイが上方に配される。またメーターパネルには12.3インチのコックピットディスプレイを採用した。

新デザインのステアリングホイール「AMGパフォーマンスステアリング」は「AMGドライブコントロールスイッチ」付きで、リムから手を離すことなく走行モードが変更できるほか、エキゾーストシステム、サスペンション、ESPなどの設定が変えられる。

そのほか、新規のオプションとして、よりハードなサスペンションや専用セッティングのステアリング、AMGダイナミックエンジントランスミッションマウント、レザーDINAMICA AMGパフォーマンスステアリングがセットになった「AMGダイナミックプラスパッケージ」が用意される。

AMG GTシリーズのラインナップと価格は、以下の通り(カッコ内は最高出力および最大トルク)。

【クーペ】

  • メルセデスAMG GT(476ps、630Nm):1645万円
  • メルセデスAMG GT S(522ps、670Nm):1993万円
  • メルセデスAMG GT C(577ps、680Nm):2202万円
  • メルセデスAMG GT R(585ps、700Nm):2382万円

【ロードスター】

  • メルセデスAMG GTロードスター(476ps、630Nm):1788万円
  • メルセデスAMG GT Sロードスター(522ps、670Nm):2137万円
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(577ps、680Nm):2309万円

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース