東京・六本木に期間限定のアルピーヌディーラー出現

2019.02.15 自動車ニュース
アルピーヌ ギャラリーの様子。
アルピーヌ ギャラリーの様子。拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年2月16日から同年3月3日まで、東京都港区の六本木ヒルズに期間限定のショールーム「アルピーヌ ギャラリー」をオープンする。

アルピーヌA110ピュア
アルピーヌA110ピュア拡大
A110リネージ
A110リネージ拡大
 
東京・六本木に期間限定のアルピーヌディーラー出現の画像拡大

アルピーヌ ギャラリーは、アルピーヌの世界観を感じながら新型「アルピーヌA110」を深く知ってもらうことを目的としたものだ。

会場にはブルーの「A110ピュア」とグレーの「A110リネージ」の、計2台の車両のほか、アルピーヌの歴史を紹介するパネルも展示。来場者の質問に答えるスタッフも常駐する。

また、アルピーヌグッズも豊富に用意されており、大小さまざまなサイズの新型A110のモデルカーやA110を特集した雑誌および書籍、ポロシャツやレザージャケットといったアパレルなどが並ぶ。

入場は無料だが、事前に来場予約(電話、またはウェブ)をすると優先的に見学できるほか、スナックとドリンク付きの休憩スペースが用意される。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • 第573回:「アルピーヌの基本原則を突き詰める」
    アルピーヌの魔術師ジャン‐パスカル・ドゥースに聞く
    2019.6.6 エディターから一言 当初、ルノーとケータハムカーズのジョイントベンチャーとしてスタートした新生アルピーヌのスポーツカー開発計画。初期段階からプロジェクトに関わっていたチーフ・ビークル・エンジニアのジャン‐パスカル・ドゥース氏に、開発の裏側とアルピーヌの未来を聞いてみた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る