フロントマスクを一新した「三菱デリカD:5」発売

2019.02.15 自動車ニュース
三菱デリカD:5
三菱デリカD:5拡大

三菱自動車は2019年2月15日、ミニバン「デリカD:5」のビッグマイナーチェンジモデルを発売した。

 
フロントマスクを一新した「三菱デリカD:5」発売の画像拡大
 
フロントマスクを一新した「三菱デリカD:5」発売の画像拡大
 
フロントマスクを一新した「三菱デリカD:5」発売の画像拡大
 
フロントマスクを一新した「三菱デリカD:5」発売の画像拡大

一新されたフロントマスクが特徴的な改良型デリカD:5は、2018年11月に車両の概要が発表されるとともに、予約注文受け付けをスタート。2018年度内に発売予定とアナウンスされていた。

フロントマスクのみならず、トルクアップを実現しつつ環境性能も高めたディーゼルエンジンや新開発の8段AT、上質感を高めたインテリアを採用するなど、全方位的な進化を遂げたモデルとなっている。

なお、大幅改良を受けるのはディーゼルエンジン搭載モデルのみとなっており、ガソリンエンジン搭載モデルは従来どおりのエクステリアデザインのままで継続販売される。

ラインナップと価格は以下の通り。

【ディーゼルエンジン搭載モデル】

  • M:384万2640円
  • G:394万2000円
  • Gパワーパッケージ:408万2400円
  • P:421万6320円
  • アーバンギアG:406万7280円
  • アーバンギアGパワーパッケージ:420万7680円

【ガソリンエンジン搭載モデル】

  • Mリミテッドパッケージ:244万9440円(2リッターエンジン、FF車)/289万6560円(2.4リッターエンジン、4WD車)
  • Gリミテッドパッケージ:280万2600円(2リッターエンジン、FF車)/321万8400円(2.4リッターエンジン、4WD車)

(webCG)

関連キーワード:
デリカD:5, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:5 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:5 P(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.20 試乗記 大きく変わったフロントマスクが話題の「三菱デリカD:5」だが、パワートレインをはじめとした中身の洗練ぶりもかなりのものだ。「デリカじゃなきゃダメ」というこだわりのユーザーを生み出す、孤高のミニバンの進化のほどを探った。
  • BMWアルピナXD3(4WD/8AT)【試乗記】 2019.5.21 試乗記 アルピナの商品群において、数少ないSUVの一台である「XD3」。控えめを旨とするアルピナが手がけると、ディーゼルエンジンを積むSUVはどのようなクルマに仕上がるのか? 最大トルク700Nmの豪快さと、繊細なドライブフィールが織り成す妙味を楽しんだ。
  • メルセデス・ベンツC200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド(4WD/9AT)【試乗記】 2019.5.13 試乗記 大幅な改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」において、フラッグシップモデルとなるのが「C200 4MATICステーションワゴン アバンギャルド」。新たなマイルドハイブリッド機構が搭載されたパワートレインは、どんな走りをもたらしたのか?
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
ホームへ戻る