フォルクスワーゲン、「ゴルフトゥーラン」の一部仕様を変更

2019.02.19 自動車ニュース

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2019年2月19日、7人乗りのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」の一部仕様を変更。あわせて価格を改定し、販売を開始した。

今回の仕様変更では、エントリーグレードの「TSIトレンドライン」に従来設定がなかった先進安全装備を追加。「TSIコンフォートライン」「TDIコンフォートライン」では、人気オプションのセーフティーパッケージを標準設定とした。

TSIトレンドラインに標準設定された装備は以下の通り。

  • アダプティブクルーズコントロール“ACC”(全車速追従機能付き)
  • レーンキープアシストシステム“レーンアシスト”
  • 渋滞時追従支援システム“トラフィックアシスト”
  • プリクラッシュブレーキシステム“フロントアシスト”(歩行者検知対応シティーエマージェンシーブレーキ機能付き)
  • パドルシフト
  • レザーマルチファンクションステアリングホイール

TSIコンフォートラインおよびTDIコンフォートラインに標準設定された装備は以下の通り。

  • レーンキープアシストシステム“レーンアシスト”
  • 渋滞時追従支援システム“トラフィックアシスト”
  • レーンチェンジアシストシステム“サイドアシストプラス”
  • リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
  • プリクラッシュブレーキシステム“フロントアシスト”(歩行者検知対応シティーエマージェンシーブレーキ機能付き)

価格は以下の通り。

  • ゴルフトゥーランTSIトレンドライン:293万9000円
  • ゴルフトゥーランTSIコンフォートライン:338万4000円
  • ゴルフトゥーランTDIコンフォートライン:378万9000円

なお、上記以外のゴルフトゥーラン各グレードにおける車両本体価格・オプション価格に変更はない。

(webCG)

フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン(写真はTSIハイライン)
フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン(写真はTSIハイライン)拡大

関連キーワード:
ゴルフトゥーラン, フォルクスワーゲン, 自動車ニュース

フォルクスワーゲン ゴルフトゥーラン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーランTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2021.5.25 試乗記 デビューから6年を経て、またしても改良を受けた「フォルクスワーゲン・ゴルフ トゥーラン」。その魅力はいまだ健在か? ライバルに対するアドバンテージは保たれているのか? 新エンジンが搭載された「TSIハイライン」に試乗し、その実力を確かめた。
  • フォルクスワーゲン・シャランTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2019.10.19 試乗記 フォルクスワーゲンのロングセラーミニバン「シャラン」に追加設定されたディーゼルモデル「TDI」に試乗。日本のミニバンとは一線を画す、質実剛健を地で行く機能優先のたたずまいはこれまでのガソリンモデルと変わらないが、その走りにはどんな違いがあるのか?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフeTSIアクティブ/ゴルフeTSI Rライン【試乗記】 2021.6.15 試乗記 コンパクトカーのベンチマークたる「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の8代目モデルがついに日本の道を走り始めた。従来モデルよりも低く構えたフロントマスクが新型感を強く漂わせているが、果たして中身はどんな進化を遂げているのだろうか。
  • 静かで快適で走りもいい! 「GOODYEAR EfficientGrip RVF02」の実力 2021.3.29 2021 Spring webCGタイヤセレクション<AD> 快適さと安心感を追求した、グッドイヤーの新しいミニバン専用タイヤ「エフィシェントグリップRVF02」。ミニバン特有のウイークポイントを解決し走りを変えるというその実力を、フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフトゥーラン」で確かめてみた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフトゥーラン2.0 TDI SCR(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.8.1 試乗記 いよいよ日本へのディーゼルモデル導入を開始したフォルクスワーゲン(VW)。その第2弾となる「ゴルフトゥーラン」のTDIモデルに、本国ドイツで試乗。間もなく日本に導入されるディーゼルミニバンは、“アウトバーンの国”ならではの長距離ランナーだった。
ホームへ戻る