「フィアット500/500C」にイタリアンカラーの限定車

2019.02.20 自動車ニュース
フィアット500スーパーイタリアン
フィアット500スーパーイタリアン拡大

FCAジャパンは2019年2月20日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「スーパーイタリアン」を設定し、同年3月2日に190台の台数限定で発売すると発表した。

 
「フィアット500/500C」にイタリアンカラーの限定車の画像拡大
 
「フィアット500/500C」にイタリアンカラーの限定車の画像拡大
 
「フィアット500/500C」にイタリアンカラーの限定車の画像拡大

今回の特別仕様車は「500 1.2ポップ」および「500C 1.2ポップ」をベースに、イタリア車らしさを強調した限定車である。フロントフェンダーとリアゲートには、イタリア国旗をモチーフとした専用ステッカーがあしらわれる。

ボディーカラーにはイタリア国旗をイメージした「ボサノバホワイト」(500:限定100台、500C:限定50台)と「パソドブレレッド」(500のみ:限定20台)、「ミントグリーン」(500のみ:限定20台)の3色を設定。それぞれにアイボリーを基調としたインテリアが組み合わされる。

価格は500スーパーイタリアンが184万円(ベース車より15万8000円安)で、500Cスーパーイタリアンが244万円(同16万円安)。

(webCG)

関連キーワード:
500C, 500, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500C の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2011.6.21 試乗記 フィアット500Cツインエア ラウンジ(FF/5AT)
    ……279万円

    「500」シリーズに加わった、2気筒ターボの「ツインエア」。ECOとFUNは両立するのか? オープンモデルでその走りを試した。
  • フィアット500ツインエア ラウンジ(FF/5AT)【レビュー】 2016.4.1 試乗記 2007年のデビュー以来、初のビッグマイナーチェンジが加えられたフィアットのコンパクトカー「500」。イタリアを代表する自動車界の“愛されキャラ”は、大幅改良によって何がどう変わったのか? その変化の内容をリポートする。
  • フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)【試乗記】 2009.10.16 試乗記 フィアット500C 1.4 16Vラウンジ(FF/5AT)
    ……289.0万円

    「フィアット500」にスライディングルーフ式のキャンパストップを備えた「500C」。イタリア車らしい、愛嬌たっぷりのオープンモデルにスーザン史子が試乗した。
  • アバルト595Cピスタ(FF/5MT)【試乗記】 2020.7.31 試乗記 コンパクトでキュートなボディーとホットなエンジンで人気の「アバルト595」シリーズにブルーのボディーカラーも鮮やかな限定車が登場。果たしてその実力はサーキットを表す「ピスタ」の名に恥じないものなのか。オープントップモデルで検証した。
  • マツダ3ファストバックX Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.7.7 試乗記 新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」を搭載した「マツダ3ファストバック」に試乗。他に例を見ない挑戦的なスタイリングと、独自の内燃機関技術によって高い評価を得ている今日のマツダに“欠けているもの”とは?
ホームへ戻る