6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売

2019.02.21 自動車ニュース
ルノー・メガーヌR.S.カップ
ルノー・メガーヌR.S.カップ拡大

ルノー・ジャポンは2019年2月21日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」のハイパフォーマンスバージョン「メガーヌR.S.カップ」を、100台の台数限定で導入すると発表した。同年3月22日に発売する。

 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大
 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大
 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大
 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大
 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大

メガーヌR.Sカップは、コーナリングスピードの向上を目的に、よりハードなセッティングとした「シャシーカップ」を採用したのが最大の特徴だ。

ノーマルのメガーヌR.S.よりもスプリングレートをフロント23%、リア35%高めたほか、ダンパーレートも25%強化。さらにフロントアンチロールバーの剛性も7%強化することでロールを抑え、正確なハンドリングを追求した。また、ダンパー内にセカンダリーダンパーを搭載した「四輪ハイドロリックコンプレッションコントロール」を10%長いものとすることで、路面追従性も高めている。

ノーマルモデルがブレーキによる「R.S.デフ」を搭載するのに対し、R.S.カップはメカニカルなトルセンLSDを採用。左右輪のトルク配分を最適化してトラクション性能や走行フィーリングを向上させるほか、アクセルオン時はトルク配分を大きく、アクセルオフ時は効きを抑えるよう制御することで、ドライバビリティーも高めている。

フロントには鋳鉄製ベンチレーテッドディスクにアルミ製ハブを組み合わせたバイマテリアルブレーキを採用。ノーマルモデルよりも1基あたり1.8kgの軽量化を実現し、さらに冷却性能もアップしている。キャリパーカラーも専用のレッドとなる。

搭載される最高出力279ps/6000rpm、最大トルク390Nm/2400rpmの1.8リッター直4直噴ターボエンジンはノーマルモデルと同じだが、トランスミッションをデュアルクラッチ式の6段ATから6段MTへと変更している。

インテリアについては、ナパレザーとアルカンターラを組み合わせたステアリングホイールが特徴となっている。

ボディーカラーは「ブランナクレメタリック」(白)と「グリチタニアムメタリック」(グレー)、「ノワールエトワールメタリック」(黒)の全3色をラインナップ。ノーマルモデルの「オランジュトニックメタリック」(オレンジ)の代わりに、黒が選べるようになっている。

価格はノーマルモデルから10万円アップの450万円。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日本導入は2020年10月! 新型「ルノー・ルーテシア」はどんなクルマ? 2020.7.20 デイリーコラム 今秋の日本導入が正式発表された新型「ルノー・ルーテシア」。ルノーが誇る“欧州No.1”のBセグメントコンパクトは、どのようなクルマとなっているのか? プラットフォームにパワートレイン、そして運転支援システムなど、注目のポイントを解説する。
  • 新型「ルノー・ルーテシア」が上陸 最新の運転支援システムを搭載 2020.10.15 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2020年10月15日、コンパクトカー「ルーテシア」の新型を発表し、同年11月6日に販売を開始すると発表した。最新世代のルノー各車と共通するイメージの外装デザインや充実した最新運転支援システムの搭載が特徴。
  • 新型「フェアレディZ」は絶対アリ! これからのスポーツカーが“懐古主義”であるべき理由 2020.9.30 デイリーコラム 発表されるや否や、ファンの間で賛否両論を巻き起こした「日産フェアレディZ プロトタイプ」のデザイン。過去への回顧を前面に押し出したスポーツカーのデザインはアリや? ナシや? かつてZ32を所有していたというモータージャーナリストの清水草一が語る。
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ルノー・トゥインゴEDC(RR/6AT)【試乗記】 2019.10.29 試乗記 ルノーのAセグメントハッチバック「トゥインゴ」のマイナーチェンジモデルに試乗。単なるモデルライフ半ばのテコ入れかと思いきや、さにあらず。こだわり抜いた装備選定や価格設定など、まさに“日本のためのコンパクトカー”とも言うべきクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る