6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売

2019.02.21 自動車ニュース
ルノー・メガーヌR.S.カップ
ルノー・メガーヌR.S.カップ拡大

ルノー・ジャポンは2019年2月21日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」のハイパフォーマンスバージョン「メガーヌR.S.カップ」を、100台の台数限定で導入すると発表した。同年3月22日に発売する。

 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大
 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大
 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大
 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大
 
6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売の画像拡大

メガーヌR.Sカップは、コーナリングスピードの向上を目的に、よりハードなセッティングとした「シャシーカップ」を採用したのが最大の特徴だ。

ノーマルのメガーヌR.S.よりもスプリングレートをフロント23%、リア35%高めたほか、ダンパーレートも25%強化。さらにフロントアンチロールバーの剛性も7%強化することでロールを抑え、正確なハンドリングを追求した。また、ダンパー内にセカンダリーダンパーを搭載した「四輪ハイドロリックコンプレッションコントロール」を10%長いものとすることで、路面追従性も高めている。

ノーマルモデルがブレーキによる「R.S.デフ」を搭載するのに対し、R.S.カップはメカニカルなトルセンLSDを採用。左右輪のトルク配分を最適化してトラクション性能や走行フィーリングを向上させるほか、アクセルオン時はトルク配分を大きく、アクセルオフ時は効きを抑えるよう制御することで、ドライバビリティーも高めている。

フロントには鋳鉄製ベンチレーテッドディスクにアルミ製ハブを組み合わせたバイマテリアルブレーキを採用。ノーマルモデルよりも1基あたり1.8kgの軽量化を実現し、さらに冷却性能もアップしている。キャリパーカラーも専用のレッドとなる。

搭載される最高出力279ps/6000rpm、最大トルク390Nm/2400rpmの1.8リッター直4直噴ターボエンジンはノーマルモデルと同じだが、トランスミッションをデュアルクラッチ式の6段ATから6段MTへと変更している。

インテリアについては、ナパレザーとアルカンターラを組み合わせたステアリングホイールが特徴となっている。

ボディーカラーは「ブランナクレメタリック」(白)と「グリチタニアムメタリック」(グレー)、「ノワールエトワールメタリック」(黒)の全3色をラインナップ。ノーマルモデルの「オランジュトニックメタリック」(オレンジ)の代わりに、黒が選べるようになっている。

価格はノーマルモデルから10万円アップの450万円。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • 第573回:「アルピーヌの基本原則を突き詰める」
    アルピーヌの魔術師ジャン‐パスカル・ドゥースに聞く
    2019.6.6 エディターから一言 当初、ルノーとケータハムカーズのジョイントベンチャーとしてスタートした新生アルピーヌのスポーツカー開発計画。初期段階からプロジェクトに関わっていたチーフ・ビークル・エンジニアのジャン‐パスカル・ドゥース氏に、開発の裏側とアルピーヌの未来を聞いてみた。
  • フィアット500Xクロス(FF/6AT)【試乗記】NEW 2019.6.19 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」が、デビューから5年を経てマイナーチェンジを受けた。エクステリアデザインに手が加わるとともに、新世代の1.3リッター直4ターボエンジンが採用されたイタリアンSUVの出来栄えをチェックする。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • 第35回:シトロエンC3 2019.5.29 カーデザイナー明照寺彰の直言 ユニークなデザインで注目を集め、デビューとともに一躍人気モデルとなった現行型「シトロエンC3」。いまやすっかりブランドの屋台骨となっている同車のデザインは、現役のカーデザイナー明照寺彰の目にどう映るのか?
ホームへ戻る