ミドルサイズSUV「ジープ・チェロキー」に2グレードが追加設定

2019.02.28 自動車ニュース
ジープ・チェロキー
ジープ・チェロキー拡大

FCAジャパンは2019年2月28日、2018年10月にマイナーチェンジを実施したミドルサイズSUV「ジープ・チェロキー」に、ベースグレードの「ロンジチュード」とオフロード性能を引き上げた「トレイルホーク」の2モデルを追加設定し、同年3月9日に販売を開始すると発表した。

ジープ・チェロキー ロンジチュード
ジープ・チェロキー ロンジチュード拡大
ジープ・チェロキー トレイルホーク
ジープ・チェロキー トレイルホーク拡大

チェロキーは、2018年10月にマイナーチェンジを実施している。フロントセクションを中心とした大幅なデザイン変更や前後ライト類のLED化により、フラッグシップモデル「グランドチェロキー」やコンパクトモデル「コンパス」に通ずるエクステリアへと意匠を変更。

インフォテインメントシステムをApple CarPlayやAndroid Autoに対応した第4世代の「Uconnect」としたほか、「クラッシュミティゲーション」(自動緊急ブレーキ)付きの前面衝突警報に、新たに歩行者検知機能を追加し、縦列駐車時などに車両側面の障害物を検知する側面距離警報を全車装備とするなど、装備の強化を図っている。

今回追加されたロンジチュードは、最高出力177ps、最大トルク229Nmこ2.4リッター直4エンジンに9段ATを組み合わせて搭載。JC08モード10.2km/リッターの燃費性能がアナウンスされている。

トレイルホークは、従来の3.2リッターV6エンジンに代え、最高出力272ps、最大トルク400Nmの実力を持つ新設計の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。9段ATを組み合わせている。使用燃料はレギュラーガソリンで、JC08モード10.4km/リッターという燃費性能となる。トレイルホークならではの装備としては、雪道、砂地、岩場など厳しいオフロード環境で真価を発揮するというジープアクティブドライブロック(ロッキングリアディファレンシャル付き)やオフロードサスペンションを採用している。

すでに販売されている「リミテッド」を含む、チェロキーのラインナップと価格は以下の通り。

  • ロンジチュード:429万円
  • リミテッド:479万円
  • トレイルホーク:484万円

(webCG)

関連キーワード:
チェロキー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ チェロキー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • レクサスLC500/LS500h/RX450h/RX450hL【試乗記】 2019.10.30 試乗記 レクサスのラグジュアリークーペ「LC」と、フラッグシップセダン「LS」、そしてブランド最多のセールスを誇る「RX」。重責を担う3モデルの最新型は、どのようにリファインされたのか? マイナーチェンジのポイントと走りの印象を報告する。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
ホームへ戻る