【ジュネーブショー2019】アウディが5番目の純EV「Q4 e-tron」を発表

2019.03.05 自動車ニュース
アウディQ4 e-tronコンセプト
アウディQ4 e-tronコンセプト拡大

独アウディは2019年3月5日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催されているジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日)において、電動コンパクトSUV「Q4 e-tronコンセプト」を世界初公開した。

全長4.59m、全幅1.90m、全高1.61mとなる「アウディQ4 e-tronコンセプト」。
全長4.59m、全幅1.90m、全高1.61mとなる「アウディQ4 e-tronコンセプト」。拡大
新しい意匠で構築されたインテリア。グリルと同じ六角形をモチーフとしたステアリングホイールを採用する。
新しい意匠で構築されたインテリア。グリルと同じ六角形をモチーフとしたステアリングホイールを採用する。拡大

「アウディQ4 e-tronコンセプト」は2基のモーターを搭載する4WDシステムを採用。システム最高出力は306ps(225kW)。


	「アウディQ4 e-tronコンセプト」は2基のモーターを搭載する4WDシステムを採用。システム最高出力は306ps(225kW)。
	拡大
 
【ジュネーブショー2019】アウディが5番目の純EV「Q4 e-tron」を発表の画像拡大

Q4 e-tronコンセプトは、フォルクスワーゲングループのモジューラーエレクトリフィケーションプラットフォーム(MEB)をベースに開発された電動コンパクトSUV。MEBは、コンパクトクラスからアッパーミドルクラスに至るまで、将来、フォルクスワーゲングループが製造する数多くの電気自動車に採用される予定である。

ボディーサイズは全長4.59×全幅1.90m×全高1.61m、ホイールベースは2.77mで、コンパクトな外観とは対照的に1クラス上の室内スペースを実現しているとアウディは説明している。

サスペンションはフロントがアダプティブダンパー付きのマクファーソンストラット、リアは、個別のスプリングとアダプティブダンパーを備えたマルチリンクタイプ。バッテリーシステムの重量は510kgで、理想的な前後50:50の重量配分を持ち、一般的なセダンと同等の重心高を実現したという。

フロントのモーターは最高出力102ps(75kW)、最大トルクは150Nm、リアのモーターは同204ps(150kW)、同310Nmとなり、システム最高出力は306ps(225kW)を発生。容量82kWhのバッテリーを搭載し、2基の電気モーターを駆動する4WDシステムを採用している。0-100km/h加速6.3秒、最高速度180km/h(電子リミッター作動)、一充電走行可能距離は450km以上(WLTPモード)というスペックが発表されている。

2020年下半期に予定されている「e-tron GT」の市販バージョンの発表に合わせ、Q4 e-tronも生産車がデビューする予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
e-tron, アウディ, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディe-tron(4WD)【海外試乗記】 2018.12.6 試乗記 2018年9月に、市販バージョンがアメリカで世界初公開された「アウディe-tron」。SUVスタイルのEV専用モデルがみせる走りは、内燃エンジン搭載車といったいどこが異なるのか。UAEの首長国アブダビでファーストコンタクトを行った。
  • 【LAショー2018】アウディ、第3のフルEV「e-tron GTコンセプト」を発表 2018.11.29 自動車ニュース 独アウディは2018年11月28日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスモーターショーで量産を前提とした電気自動車(EV)「e-tron(イートロン)」シリーズの第3弾となる、4ドアクーペの「e-tron GTコンセプト」を世界初公開した。
  • フォルクスワーゲンTクロス 2019.11.27 画像・写真 フォルクスワーゲンの最も小さなSUV「Tクロス」が、いよいよ日本に導入された。ゆとりの車内空間と充実した装備が自慢のニューモデルは、ライバルがしのぎを削るコンパクトSUV市場で成功なるか? 導入記念モデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに紹介する。
  • ホンダが国内に導入する新型「アコード」の概要発表 ハイブリッドのモノグレードで展開 2020.1.23 自動車ニュース 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月に国内での販売を予定している「アコード」の概要を発表した。10代目となる新型は、4ドアクーペを思わせるスタイリングが特徴。新プラットフォームの採用によりユーティリティー性も向上している。
  • マツダCX-30 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2020.1.23 試乗記 マツダの新型クロスオーバーSUV「CX-30」に試乗。映り込みを意識したという大胆なボディーパネルにまずは目を引かれるが、このクルマの魅力の源泉はそれだけではない。内外装の随所に施された丁寧な“仕事”によって、美しい世界観をつくり上げているのだ。
ホームへ戻る