アウディが「e-tron」を日本で発売 316kmの距離を走れるSUVタイプの新型EV

2021.01.13 自動車ニュース
アウディe-tron
アウディe-tron拡大

アウディ ジャパンは2021年1月13日、SUVタイプの電気自動車(EV)「e-tron 50クワトロ」と、「e-tronスポーツバック」の新グレード「50クワトロ」を発表。同日、販売を開始した。

 
アウディが「e-tron」を日本で発売 316kmの距離を走れるSUVタイプの新型EVの画像拡大
 
アウディが「e-tron」を日本で発売 316kmの距離を走れるSUVタイプの新型EVの画像拡大
 
アウディが「e-tron」を日本で発売 316kmの距離を走れるSUVタイプの新型EVの画像拡大
 
アウディが「e-tron」を日本で発売 316kmの距離を走れるSUVタイプの新型EVの画像拡大
e-tronスポーツバック
e-tronスポーツバック拡大

機能性重視のスタイリングで広い荷室を実現

アウディのEVとしては、2020年9月にe-tronスポーツバックが日本に導入されている。今回発表のe-tronは、e-tronスポーツバックと同じSUVタイプのモデルだが、e-tronスポーツバックがクーペを思わせるスタイリングを特徴としているのに対し、こちらはユーティリティーに軸足を置いたモデルとなっている。特に荷室容量については、e-tronスポーツバックより44リッター大きい660リッターを確保している(VDA計測値)。

搭載されるバッテリーの容量は71kWhで、満充電の状態から316kmの距離を走行可能(WLTCモード)。前軸用・後軸用の2基のモーターからなるパワーユニットのシステム最高出力は313PS(230kW)、システム最大トルクは540N・mで、車両重量2400kgという重量級のモデルでありながら、0-100km/h加速は6.8秒を実現しているという。

ラインナップは、ベースグレードと、より装備の充実した「アドバンス」、スポーティーな「Sライン」の3種類。装備は充実しており、いずれの仕様にもアダプティブエアサスペンションが標準で備わるほか、オプションでカメラ式ドアミラーの「バーチャルエクステリアミラー」も用意されている。

価格は以下の通り。

  • e-tron 50クワトロ:933万円
  • e-tron 50クワトロ アドバンス:1069万円
  • e-tron 50クワトロSライン:1108万円

「55クワトロ」より価格を抑えたベーシックモデル

同時に発表されたe-tronスポーツバック50クワトロは、上述のe-tron 50クワトロと同じバッテリーを搭載したe-tronスポーツバックの新グレードである。既存の「55クワトロ」では、バッテリーモジュールの一部を2層構造とすることで95kWhの容量を実現していたが、50クワトロの容量は71kWhとなっている。

車両重量は55クワトロの2560kg(ファーストエディションの数値)より150kg軽い2410kg。一充電走行可能距離は、同じバッテリーを積むe-tron 50クワトロよりやや長い318kmとアナウンスされている。

ラインナップはスポーティーな「Sライン」のみで、こちらもアダプティブ エアサスペンションが標準装備されるほか、オプションでバーチャルエクステリアミラーも用意されている。

価格は1143万円。

(webCG)

関連キーワード:
e-tron, e-tronスポーツバック, アウディ, 自動車ニュース

アウディ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディe-tron 2018.9.18 画像・写真 アウディが電気自動車(EV)「e-tron」を世界初公開。2つのモーターで4輪を駆動するSUVタイプのEVで、生産はベルギー・ブリュッセルに位置するカーボンニュートラルを実現した工場で行われるという。価格はドイツで7万9900ユーロから。
  • アウディe-tron 50クワトロ アドバンスト(4WD)【試乗記】 2021.4.12 試乗記 近年、さまざまなタイプのEVを矢継ぎ早に送り出しているアウディ。なかでも身近な車型の「e-tron 50クワトロ」に試乗した筆者は、その走りのよさに感心しつつも、どうしても看過できない点があるという。
  • アウディe-tron(4WD)【海外試乗記】 2018.12.6 試乗記 2018年9月に、市販バージョンがアメリカで世界初公開された「アウディe-tron」。SUVスタイルのEV専用モデルがみせる走りは、内燃エンジン搭載車といったいどこが異なるのか。UAEの首長国アブダビでファーストコンタクトを行った。
  • アウディRS e-tron GT 2021.4.7 画像・写真 「アウディe-tron GT」の高性能モデルである「RS e-tron GT」は、よりパワフルな電動4WD機構や、エアサスペンションを標準装備した足まわりに加え、内外装の仕立てもベース車とは異なるものとなっている。その詳細を、写真で紹介する。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
ホームへ戻る