【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表

2019.03.05 自動車ニュース
プレスカンファレンスで「ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール」を紹介する同社のステファン・ヴィンケルマン社長。
プレスカンファレンスで「ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール」を紹介する同社のステファン・ヴィンケルマン社長。拡大

ブガッティは2019年3月5日(現地時間)、スイス・ジュネーブで開催されているジュネーブモーターショー(開催期間:2019年3月5日~17日))において、ブガッティの創始者であるエットーレ・ブガッティの長男ジャン・ブガッティの生誕110周年を記念したワンオフモデル「La Voiture Noire(ラ ヴォワチュール ノワール)」を発表した。

ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール
ブガッティ・ラ ヴォワチュール ノワール拡大
 
【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表の画像拡大
 
【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表の画像拡大

ラ ヴォワチュール ノワールは、ジャン・ブガッティがデザインした「タイプ57SCアトランティック」をモチーフとし、「シロン」をベースに制作されたワンオフモデルである。スタイリングはブガッティのデザイナーであるエティエンヌ・サロメ氏が担当。タイプ57SCアトランティックのデザインを現代的に解釈し直し、快適な長距離旅行のためのグランドツーリングカーとして仕上げたという。

すべてがハンドメイドで作られているラ ヴォワチュール ノワールのボディーは、カーボンファイバーが用いられている。パワーユニットはベースとなったシロンと同じ最高出力1500ps、最大トルク1600Nmの8リッターW16エンジンで、これをリアミドに搭載する。

発表にあたり2018年にブガッティを率いることになったステファン・ヴィンケルマン社長は、「ラ ヴォワチュール ノワールは現在の自動車生産の最先端にあるモデルです。ブガッティがこれまで培ってきた独自の高度なテクノロジーを駆使し、彫刻的な美しさを持つモデルを構築。豪華なリムジンが持つ快適さとハイパースポーツカーのパワーを兼ね備えたクーペは、理想的なグランドツーリングカーといえるでしょう」とスピーチを行った。

2019年は、ジャン・ブガッティの生誕110周年であるとともに、ブガッティが自動車メーカーとして産声をあげてから同じく110周年となる。この2つを記念して作られたラ ヴォワチュール ノワールの価格は、税抜き1100万ユーロ(邦貨換算約14億円)と発表されている。

(webCG)

関連キーワード:
シロン, ブガッティ, ジュネーブモーターショー2019, モーターショー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」が日本で正式デビュー 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、世界初のAMG専売ディーラーとして2017年に誕生した「AMG東京世田谷」において、ハイパフォーマンス4ドアスポーツカー「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表し、同日に受注を開始した。
  • 仕様変更された最新型「メルセデスAMG GT」発売 2019.2.14 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年2月14日、高性能スポーツカー「メルセデスAMG GT」のマイナーチェンジモデルを発表した。ヘッドライトやセンターコンソールのデザインに加えて、走行モードに関わるシステムなどが変更されている。
  • ベントレー・コンチネンタルGTファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.9.9 試乗記 新世代プラットフォームをもとに、一から新開発された3代目「ベントレー・コンチネンタルGT」が、いよいよデリバリー開始となった。日本導入を記念し設定された「ファーストエディション」から、その進化を確認していこう。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー 2018.3.16 画像・写真 ランボルギーニは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、「ウラカン ペルフォルマンテ スパイダー」を発表した。その姿を画像で紹介する。
  • ブガッティ・シロン スポーツ 2018.3.16 画像・写真 ブガッティは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、「シロン」をさらにスポーティーに仕立てた「シロン スポーツ」を発表した。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る