「シロン」が量産車最速の490.48km/hをマーク!
ブガッティがスピードを追求する歴史的必然

2019.09.18 デイリーコラム

3期に分かれるブガッティの歴史

先ごろ、「ブガッティ・シロン」が、エーラ・レッシェンのテストコースで490.48km/h(304.77mph)を記録。量産ロードカーによる世界最速記録を更新した。究極のロードカーを少数限定生産するという経営形態を取る現代のブガッティは、レースに出場することはないが、こうした速度記録への挑戦は欠かせないものなのだろう。

ブガッティは現在、フォルクスワーゲン グループのスーパースポーツカー部門の頂点に君臨しているが、その歴史は3つの時期に分けることができる。

エットーレ・ブガッティが自ら采配を振るっていた時期が創生期(第1期)である。2期目が、1987年にイタリアの実業家、ロマーノ・アルティオーリが率いていた時期だ。アルティオーリは、長く休眠していたブガッティの商標を手に入れ、イタリアはモデナ近郊のカンポガリアーノにブガッティ・アウトモビリSpAを興し、「EB110」を生産していたものの、1995年に財政難から倒産。そして現在が3期目にあたる、フォルクスワーゲン グループ内で2000年12月に設立されたブガッティ・オートモービルズS.A.S.である。

ブガッティが創業110周年を迎える2019年、「シロン」が市販ロードカーとして初めて時速300マイルの壁を破った。シロンの名は1920~30年代にブガッティで活躍したドライバー、ルイ・シロンにちなんでいる。
ブガッティが創業110周年を迎える2019年、「シロン」が市販ロードカーとして初めて時速300マイルの壁を破った。シロンの名は1920~30年代にブガッティで活躍したドライバー、ルイ・シロンにちなんでいる。拡大
現代のブガッティが本拠を置くのは、エットーレが率いていた時代と同じ、フランス・アルザスのモールスハイムだ。当時から使われていた建物を修復して本社機能を置いている。その前に「シロン」と2台の「EB110」が並ぶ。
現代のブガッティが本拠を置くのは、エットーレが率いていた時代と同じ、フランス・アルザスのモールスハイムだ。当時から使われていた建物を修復して本社機能を置いている。その前に「シロン」と2台の「EB110」が並ぶ。拡大
創業者のエットーレ・ブガッティは、イタリアのミラノで芸術家の家系に生まれた。視覚的な美しさをクルマに求めた。馬を愛し、広い工場敷地の中で乗馬を楽しんでいた。
創業者のエットーレ・ブガッティは、イタリアのミラノで芸術家の家系に生まれた。視覚的な美しさをクルマに求めた。馬を愛し、広い工場敷地の中で乗馬を楽しんでいた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ブガッティ・シロン 2016.11.11 画像・写真 ブガッティ ジャパンが「ブガッティ・シロン」をお披露目した。搭載される8リッターW16気筒4ターボエンジンは、最高出力1500psと最大トルク163.2kgmを発生し、0-100km/h加速が2.5秒、最高速度は420km/hとアピールされる。このモンスターマシンの姿を写真で紹介する。
  • 「シロン」が量産車最速の490.48km/hをマーク!
    ブガッティがスピードを追求する歴史的必然
    2019.9.18 デイリーコラム 2019年9月にブガッティのハイパースポーツ「シロン」が、量産ロードカーでは史上最速となる490.48km/hをマークした。同社がスピードへの並々ならぬこだわりを見せる理由を、創立以来の歩みから読み解く。
  • 第146回:それでもやっぱりシトロエン 2019.10.15 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第146回は「それでもやっぱりシトロエン」。シトロエンの創業100周年記念イベントに、愛車の「DS3」で参加。憧れの名車「DS」や「エグザンティア」「C5」といった過去の愛車を前に、筆者が痛感したこととは?
  • 第144回:すげえぞ、コンセプト4! 2019.10.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第144回は「すげえぞ、コンセプト4!」。巨大なキドニーグリルが話題のBMWのコンセプトカー。カーマニアにはネガティブにも映る賛否両論デザイン、一般ユーザーにはどう映るのか? 緊急アンケートの結果を報告する。
  • 第145回:欲望の縮小限定化 2019.10.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第145回は「欲望の縮小限定化」。マイナーチェンジを受けた新型「ルノー・トゥインゴ」にプチ試乗。新旧乗り比べた印象は? 「足グルマなら断然小型車!」を主張する筆者が、トゥインゴの走りをジャッジする。
ホームへ戻る