【ジュネーブショー2019】ブガッティが史上最高約14億円のワンオフモデルを発表』の記事ページへ戻る
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
  • レクサスLC500コンバーチブル(FR/10AT)【試乗記】 2020.9.4 試乗記 レクサスの新型オープンカー「LC500コンバーチブル」に一般道とサーキットで試乗。開放感たっぷりなのは当たり前、筆者はその官能性と磨き抜かれたスポーツカーとしての資質に、大いに感銘を受けたのだった。
  • ブガッティ・シロン 2016.11.11 画像・写真 ブガッティ ジャパンが「ブガッティ・シロン」をお披露目した。搭載される8リッターW16気筒4ターボエンジンは、最高出力1500psと最大トルク163.2kgmを発生し、0-100km/h加速が2.5秒、最高速度は420km/hとアピールされる。このモンスターマシンの姿を写真で紹介する。
  • ブガッティ、最高出力1500psの「シロン」を日本に導入
    2016.11.11 自動車ニュース ブガッティが新モデルの「シロン」を日本で発表した。ほぼすべてのコンポーネントを新設計とした8リッターW16 4ターボエンジンが搭載されており、動力性能については0-100km/h加速が2.5秒未満、最高速が420km/hと公称されている。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
ホームへ戻る