日産と三菱の新型軽乗用車がラインオフ

2019.03.14 自動車ニュース
写真左から新型「日産デイズ ハイウェイスター」、日産の星野朝子専務執行役員、三菱の益子 修会長、「三菱eKクロス」。
写真左から新型「日産デイズ ハイウェイスター」、日産の星野朝子専務執行役員、三菱の益子 修会長、「三菱eKクロス」。拡大

日産自動車と三菱自動車、NMKVは2019年3月14日、日産および三菱から3月中に発売予定の新型軽乗用車のオフライン式を、三菱の水島製作所で実施した。

写真奥が新型「デイズ」で手前が「デイズ ハイウェイスター」。
写真奥が新型「デイズ」で手前が「デイズ ハイウェイスター」。拡大
写真手前から「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」「eKクロス」「eKワゴン」。
写真手前から「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」「eKクロス」「eKワゴン」。拡大

今回、ラインオフした新型軽乗用車は、日産と三菱の合弁会社であるNMKVで企画・開発をマネジメントし、日産の先進技術と三菱の軽自動車づくりのノウハウを融合させたとうたわれるハイトワゴンである。日産からは「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」として、三菱からは「eKワゴン」「eKクロス」として、それぞれ発売される。

従来モデルから、プラットフォームやエンジン、トランスミッションといった主要コンポーネンツを刷新することでクルマとしての基本性能を高めたほか、軽自動車初をうたう同一車線運転支援技術を採用。従来の軽自動車にはない魅力を実現しているという。

(webCG)

関連キーワード:
eKワゴン, eKクロス, 三菱, -->, 自動車ニュース

三菱 eKワゴン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る