「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場

2019.03.22 自動車ニュース
ポルシェ・カイエン クーペ
ポルシェ・カイエン クーペ拡大

独ポルシェは2019年3月22日、新型車「カイエン クーペ」を発表した。

 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大

よりスポーツカーらしく

カイエン クーペは、ポルシェの売れ筋SUV「カイエン」の派生モデル。既存のカイエンとは異なる、クーペライクなルーフラインが最大の特徴となっている。

フロントウィンドウとAピラーはカイエンよりも寝かされており、リアのドアやフェンダーも新設計。さらに、「ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)」のパーツとして、固定式ルーフスポイラーと新たなアダプティブリアスポイラーも与えられる。

ルーフは2タイプが選べる。固定式パノラマガラスルーフが標準で、カーボンルーフもオプション選択が可能。このカーボンルーフは「911 GT3 RS」と同様、中央にくぼみを持つ形状で、カイエン クーペにスポーツカーらしい印象を与えるとアピールされる。

一方インテリアは4座のスポーツシートで構成されており、「大人4人のための広々としたスペース」を確保。リアシートの位置をカイエンよりも30mm低く設定するなどして、後席乗員の頭上にも十分なスペースを得ているという。荷室の容量は標準の状態で625リッター。後席を畳むことで最大1540リッターにまで拡大できる(カイエンターボクーペの場合は600~1510リッター)。

パワーユニットは、3リッターのV6ターボ(最高出力340ps、最大トルク450Nm)と4リッターV8ツインターボ(同550ps、同770Nm)の2本立て。前者のV6モデルは0-100km/h加速を5.9秒でこなし、後者V8モデルでは3.9秒にまで短縮される(最高速度は286km/h)。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン クーペ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン ターボ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.27 試乗記 2018年10月にマイナーチェンジが実施された、ポルシェの人気車種「マカン」。数あるグレードのなかでも最高の動力性能を誇る「マカン ターボ」はどのようにリファインされたのか? 最新型の走りをリポートする。
  • トヨタ・グランエースG(FR/6AT)【試乗記】 2020.3.19 試乗記 トヨタの大型ミニバン「グランエース」に試乗。年間販売目標600台という数字が示す通り、その実態はプロユースの送迎用車両だ。果たしてそんなクルマに、目の肥えすぎた(?)自動車マニアが飛びついて持て余すことはないのだろうか。にわかオーナー体験の様子をリポートする。
  • マツダ3ファストバックXバーガンディーセレクション(4WD/6MT)【試乗記】 2020.3.12 試乗記 「マツダ3」に、世界で初めて圧縮着火を実現したガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」搭載モデルが登場。マツダ自慢の新エンジンは、どのような走りを見せるのか? デビューから半年を経たシャシーの進化とともに報告する。
  • 専用22インチホイールを履いた「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車限定発売 2020.3.24 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2020年3月24日、「メルセデス・ベンツGクラス」に特別仕様車「AMG G63 STRONGER THAN TIME EDITION(ストロンガーザンタイムエディション)」を設定し、250台の台数限定で発売した。
  • アウディA6 45 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2020.3.25 試乗記 「アウディA6」に追加された2リッターターボエンジン搭載モデルに試乗。位置づけはエントリーとはいえ、そこはアウディ。ドライビング性能を高める多彩な装備を用意しているのだ。“技術による先進”の最先端を味わってみた。
ホームへ戻る