「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエンクーペ」登場

2019.03.22 自動車ニュース
ポルシェ・カイエンクーペ
ポルシェ・カイエンクーペ拡大

独ポルシェは2019年3月22日、新型車「カイエンクーペ」を発表した。

 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエンクーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエンクーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエンクーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエンクーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエンクーペ」登場の画像拡大

よりスポーツカーらしく

カイエンクーペは、ポルシェの売れ筋SUV「カイエン」の派生モデル。既存のカイエンとは異なる、クーペライクなルーフラインが最大の特徴となっている。

フロントウィンドウとAピラーはカイエンよりも寝かされており、リアのドアやフェンダーも新設計。さらに、「ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)」のパーツとして、固定式ルーフスポイラーと新たなアダプティブリアスポイラーも与えられる。

ルーフは2タイプが選べる。固定式パノラマガラスルーフが標準で、カーボンルーフもオプション選択が可能。このカーボンルーフは「911 GT3 RS」と同様、中央にくぼみを持つ形状で、カイエンクーペにスポーツカーらしい印象を与えるとアピールされる。

一方インテリアは4座のスポーツシートで構成されており、「大人4人のための広々としたスペース」を確保。リアシートの位置をカイエンよりも30mm低く設定するなどして、後席乗員の頭上にも十分なスペースを得ているという。荷室の容量は標準の状態で625リッター。後席を畳むことで最大1540リッターにまで拡大できる(カイエンターボクーペの場合は600~1510リッター)。

パワーユニットは、3リッターのV6ターボ(最高出力340ps、最大トルク450Nm)と4リッターV8ツインターボ(同550ps、同770Nm)の2本立て。前者のV6モデルは0-100km/h加速を5.9秒でこなし、後者V8モデルでは3.9秒にまで短縮される(最高速度は286km/h)。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.1.16 試乗記 ダイナミックなエクステリアデザインをまとい、前後でサイズの異なるミックスタイヤを採用するなど、スポーツカーらしいキャラクターが一段と強調された3代目「ポルシェ・カイエン」。その走りの質を報告する。
  • ポルシェ・カイエン/カイエンS/カイエン ターボ【海外試乗記】 2017.12.8 試乗記 新型「ポルシェ・カイエン」に試乗。車体の軽量化に始まり、車載機器のデジタル化やパワーユニットの強化など、全方位的な進化を遂げた“3代目”の出来栄えやいかに!? ギリシャ・クレタ島からのリポート。
  • ポルシェ・カイエンターボS(4WD/8AT)【試乗記】 2013.7.15 試乗記 最高出力は550ps! ドライバーに物理の法則を忘れさせる、「カイエンターボS」の途方もないパフォーマンスを支えるものとは?
  • ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)【試乗記】 2018.8.8 試乗記 ポルシェのSUV「マカン」に、装備充実のスポーティーモデル「マカンGTS」が登場。ボディーの大きさや車重を忘れさせるその走りは、往年のFRポルシェにも通じる“小気味よさ”が感じられるものだった。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る