「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場

2019.03.22 自動車ニュース
ポルシェ・カイエン クーペ
ポルシェ・カイエン クーペ拡大

独ポルシェは2019年3月22日、新型車「カイエン クーペ」を発表した。

 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大

よりスポーツカーらしく

カイエン クーペは、ポルシェの売れ筋SUV「カイエン」の派生モデル。既存のカイエンとは異なる、クーペライクなルーフラインが最大の特徴となっている。

フロントウィンドウとAピラーはカイエンよりも寝かされており、リアのドアやフェンダーも新設計。さらに、「ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)」のパーツとして、固定式ルーフスポイラーと新たなアダプティブリアスポイラーも与えられる。

ルーフは2タイプが選べる。固定式パノラマガラスルーフが標準で、カーボンルーフもオプション選択が可能。このカーボンルーフは「911 GT3 RS」と同様、中央にくぼみを持つ形状で、カイエン クーペにスポーツカーらしい印象を与えるとアピールされる。

一方インテリアは4座のスポーツシートで構成されており、「大人4人のための広々としたスペース」を確保。リアシートの位置をカイエンよりも30mm低く設定するなどして、後席乗員の頭上にも十分なスペースを得ているという。荷室の容量は標準の状態で625リッター。後席を畳むことで最大1540リッターにまで拡大できる(カイエンターボクーペの場合は600~1510リッター)。

パワーユニットは、3リッターのV6ターボ(最高出力340ps、最大トルク450Nm)と4リッターV8ツインターボ(同550ps、同770Nm)の2本立て。前者のV6モデルは0-100km/h加速を5.9秒でこなし、後者V8モデルでは3.9秒にまで短縮される(最高速度は286km/h)。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン クーペ, ポルシェ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911ターボSカブリオレ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.1.5 試乗記 最高出力650PSを誇る、新型「ポルシェ911ターボSカブリオレ」に試乗。その加速やコーナリングからは、つくり手がこのハイパフォーマンスカーに込めた、すさまじいほどの気合が伝わってきた。
  • ポルシェ・カイエン ターボ クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.21 試乗記 全車がターボエンジンを搭載する「ポルシェ・カイエン クーペ」だが、車名に“ターボ”を冠した「カイエン ターボ クーペ」は格別だ。純内燃機関モデルでは最強の最高出力550PSのV8ツインターボと、ポルシェならではのシャシー性能を味わってみた。
  • ポルシェ718ケイマンGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2020.12.29 試乗記 4リッターの水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載する「ポルシェ718ケイマンGTS 4.0」に試乗。従来型「GTS」の2.5リッター4気筒ターボでは味わうことのできない、新たなパワーユニットならではのパフォーマンスと魅力に迫った。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
ホームへ戻る