「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場

2019.03.22 自動車ニュース
ポルシェ・カイエン クーペ
ポルシェ・カイエン クーペ拡大

独ポルシェは2019年3月22日、新型車「カイエン クーペ」を発表した。

 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大
 
「ポルシェ・カイエン」の派生モデル「カイエン クーペ」登場の画像拡大

よりスポーツカーらしく

カイエン クーペは、ポルシェの売れ筋SUV「カイエン」の派生モデル。既存のカイエンとは異なる、クーペライクなルーフラインが最大の特徴となっている。

フロントウィンドウとAピラーはカイエンよりも寝かされており、リアのドアやフェンダーも新設計。さらに、「ポルシェアクティブエアロダイナミクス(PAA)」のパーツとして、固定式ルーフスポイラーと新たなアダプティブリアスポイラーも与えられる。

ルーフは2タイプが選べる。固定式パノラマガラスルーフが標準で、カーボンルーフもオプション選択が可能。このカーボンルーフは「911 GT3 RS」と同様、中央にくぼみを持つ形状で、カイエン クーペにスポーツカーらしい印象を与えるとアピールされる。

一方インテリアは4座のスポーツシートで構成されており、「大人4人のための広々としたスペース」を確保。リアシートの位置をカイエンよりも30mm低く設定するなどして、後席乗員の頭上にも十分なスペースを得ているという。荷室の容量は標準の状態で625リッター。後席を畳むことで最大1540リッターにまで拡大できる(カイエンターボクーペの場合は600~1510リッター)。

パワーユニットは、3リッターのV6ターボ(最高出力340ps、最大トルク450Nm)と4リッターV8ツインターボ(同550ps、同770Nm)の2本立て。前者のV6モデルは0-100km/h加速を5.9秒でこなし、後者V8モデルでは3.9秒にまで短縮される(最高速度は286km/h)。

(webCG)

関連キーワード:
カイエン クーペ, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ カイエン クーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・カイエンEハイブリッド クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.5.18 試乗記 いまやポルシェの屋台骨を支える重要車種となったSUV「カイエン」。そのクーペSUV版のプラグインハイブリッドモデルという極めて“イマ風”な一台は、どんな走りを味わわせてくれるのか?
  • BMW M4クーペ コンペティション(FR/8AT)【試乗記】 2021.5.24 試乗記 BMWのハイパフォーマンスクーペ「M4」がフルモデルチェンジ。まずはド派手な面構えで注目を集めたが、肝心の走りの進化はどうなのか。あいにくのウエットコンディションながら、箱根のワインディングロードで仕上がりを試してみた。
  • 「メルセデス・ベンツG400d」登場 パワーアップした3リッター直6ディーゼル搭載 2021.5.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年5月19日、クロスカントリーモデル「メルセデス・ベンツGクラス」に最高出力330PS、最大トルク700N・mを発生する3リッター直列6気筒クリーンディーゼルエンジン搭載の「G400d」を設定し、同日、販売を開始した。
  • ミツオカ・バディ20ST(FF/CVT)【試乗記】 2021.6.5 試乗記 そこが下町の路地裏であろうと旅情あふれる温泉街であろうとお構いなし! 「ミツオカ・バディ」が姿を現すところのすべてが、古きよき時代のアメリカ西海岸の空気に塗り替えられてしまうのだ。不思議な魅力を備えた新型SUVの仕上がりやいかに!?
  • キャデラックCT5スポーツ(4WD/10AT)【試乗記】 2021.6.2 試乗記 キャデラックの新作セダン「CT5」がいよいよ日本に導入された。世界的にSUVが伸長するなかで、アメリカを代表するプレミアムブランドが世に問うたセダンの姿とは? “いまどきのキャデラック”のキャラクターを体現した、ニューモデルの実力を試す。
ホームへ戻る