「メルセデス・ベンツAクラス」のディーゼルモデルが日本初登場

2019.03.25 自動車ニュース
NGCCにおける、日本初のディーゼルエンジンのラインナップとなる「メルセデス・ベンツA200d」。
NGCCにおける、日本初のディーゼルエンジンのラインナップとなる「メルセデス・ベンツA200d」。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年3月25日、「メルセデス・ベンツAクラス」のラインナップに、コンパクトモデル初となる2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車「A200d」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。

「OM654q」と呼ばれる2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク320Nmという実力。ピエゾインジェクターを使用するコモンレールダイレクトインジェクションシステムや可変タービンジオメトリーを持つターボチャージャーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にするという。
「OM654q」と呼ばれる2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク320Nmという実力。ピエゾインジェクターを使用するコモンレールダイレクトインジェクションシステムや可変タービンジオメトリーを持つターボチャージャーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にするという。拡大

A200dに搭載されるディーゼルエンジンは「OM654q」と呼ばれ、最高出力150ps、最大トルク320Nmを発生。すでに「Eクラス」や「Cクラス」で導入されている「OM654」をベースに横置き対応化させたもので、デュアルクラッチ式の8段ATと組み合わせている。「新世代メルセデス(NGCC)」と呼ばれるFFプラットフォーム採用モデルでのディーゼルエンジン搭載車は、今回が日本初導入となる。

OM654qは、軽量なアルミ製のシリンダーブロックとスチール製のピストンを採用。熱膨張率の異なる素材の採用によって40%以上の摩擦低減を図ったほか、スチールカーボン材をコーティングした「ナノスライド摩擦低減加工」も採用している。従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒を増設し、欧州で2020年から施行予定の「EURO6d規制」や、「ステージ2RDE(実路走行試験)規制」にも適合しているという。

価格は399万円。納車開始時期は2019年6月頃を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+ エディション1(後編) 2020.7.2 谷口信輝の新車試乗 最高出力421PSの高性能ハッチバック「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。“特殊コマンド”「ドリフトモード」での変化を含め、走りの印象をリポートする。
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る