「メルセデス・ベンツAクラス」のディーゼルモデルが日本初登場

2019.03.25 自動車ニュース
NGCCにおける、日本初のディーゼルエンジンのラインナップとなる「メルセデス・ベンツA200d」。
NGCCにおける、日本初のディーゼルエンジンのラインナップとなる「メルセデス・ベンツA200d」。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年3月25日、「メルセデス・ベンツAクラス」のラインナップに、コンパクトモデル初となる2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車「A200d」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。

「OM654q」と呼ばれる2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク320Nmという実力。ピエゾインジェクターを使用するコモンレールダイレクトインジェクションシステムや可変タービンジオメトリーを持つターボチャージャーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にするという。
「OM654q」と呼ばれる2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク320Nmという実力。ピエゾインジェクターを使用するコモンレールダイレクトインジェクションシステムや可変タービンジオメトリーを持つターボチャージャーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にするという。拡大

A200dに搭載されるディーゼルエンジンは「OM654q」と呼ばれ、最高出力150ps、最大トルク320Nmを発生。すでに「Eクラス」や「Cクラス」で導入されている「OM654」をベースに横置き対応化させたもので、デュアルクラッチ式の8段ATと組み合わせている。「新世代メルセデス(NGCC)」と呼ばれるFFプラットフォーム採用モデルでのディーゼルエンジン搭載車は、今回が日本初導入となる。

OM654qは、軽量なアルミ製のシリンダーブロックとスチール製のピストンを採用。熱膨張率の異なる素材の採用によって40%以上の摩擦低減を図ったほか、スチールカーボン材をコーティングした「ナノスライド摩擦低減加工」も採用している。従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒を増設し、欧州で2020年から施行予定の「EURO6d規制」や、「ステージ2RDE(実路走行試験)規制」にも適合しているという。

価格は399万円。納車開始時期は2019年6月頃を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツAクラス セダン 2018.8.10 画像・写真 独ダイムラーが「メルセデス・ベンツAクラス セダン」を発表。中国専用モデル「AクラスLセダン」の標準ホイールベース仕様にあたり、2018年末より世界各国に順次投入される予定となっている。メルセデス・ベンツの新しい世界戦略車を、写真で紹介する。
  • パリモーターショー2018(メルセデス・ベンツ/スマート) 2018.10.4 画像・写真 新型の「Bクラス」や「GLE」が並んだ、パリモーターショー2018のメルセデス・ベンツブース。そのほかバリエーション豊かな出展車両の姿を、スマートのコンセプトカーとあわせて写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツAクラス」のディーゼルモデルが日本初登場 2019.3.25 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2019年3月25日、「メルセデス・ベンツAクラス」のラインナップに、コンパクトモデル初となる2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車「A200d」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。
  • 第27回:メルセデス・ベンツAクラス 2019.3.20 カーデザイナー明照寺彰の直言 これまでのデザインから一転して、シンプル路線へと舵を切ったメルセデス・ベンツ。新しくなった「Aクラス」も、そうした流れをくむ一台だ。“スリーポインテッドスターのこれから”を具現したコンパクトハッチバックに、現役のカーデザイナー明照寺彰は何を思う?
  • メルセデス・ベンツA220 4MATICセダン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.10.20 試乗記 とどまるところを知らぬメルセデスの新型車攻勢。新型「Aクラス」にも、「ハッチバック」に続いて早くも「セダン」が設定された。ややもすれば「Cクラス」をも食いかねない、ニューフェイスの出来栄えやいかに!? アメリカ・シアトルからの第一報。
ホームへ戻る