「メルセデス・ベンツAクラス」のディーゼルモデルが日本初登場

2019.03.25 自動車ニュース
NGCCにおける、日本初のディーゼルエンジンのラインナップとなる「メルセデス・ベンツA200d」。
NGCCにおける、日本初のディーゼルエンジンのラインナップとなる「メルセデス・ベンツA200d」。拡大

メルセデス・ベンツ日本は2019年3月25日、「メルセデス・ベンツAクラス」のラインナップに、コンパクトモデル初となる2リッター直4ディーゼルターボエンジン搭載車「A200d」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。

「OM654q」と呼ばれる2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク320Nmという実力。ピエゾインジェクターを使用するコモンレールダイレクトインジェクションシステムや可変タービンジオメトリーを持つターボチャージャーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にするという。
「OM654q」と呼ばれる2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力150ps、最大トルク320Nmという実力。ピエゾインジェクターを使用するコモンレールダイレクトインジェクションシステムや可変タービンジオメトリーを持つターボチャージャーを採用しており、低回転域から高回転域まで全域でトルクフルな加速を可能にするという。拡大

A200dに搭載されるディーゼルエンジンは「OM654q」と呼ばれ、最高出力150ps、最大トルク320Nmを発生。すでに「Eクラス」や「Cクラス」で導入されている「OM654」をベースに横置き対応化させたもので、デュアルクラッチ式の8段ATと組み合わせている。「新世代メルセデス(NGCC)」と呼ばれるFFプラットフォーム採用モデルでのディーゼルエンジン搭載車は、今回が日本初導入となる。

OM654qは、軽量なアルミ製のシリンダーブロックとスチール製のピストンを採用。熱膨張率の異なる素材の採用によって40%以上の摩擦低減を図ったほか、スチールカーボン材をコーティングした「ナノスライド摩擦低減加工」も採用している。従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒を増設し、欧州で2020年から施行予定の「EURO6d規制」や、「ステージ2RDE(実路走行試験)規制」にも適合しているという。

価格は399万円。納車開始時期は2019年6月頃を予定している。

(webCG)

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A35 4MATICエディション1(4WD/7AT)【試乗記】 2019.10.25 試乗記 メルセデスAMGの新たなエントリーモデルとして「A35 4MATIC」が登場した。同じ2リッター直4ターボエンジンを積む最強モデル「AMG A45 S 4MATIC+」の421PSに対して、こちらは306PSとやや控えめな出力。峠道を模したクローズドコースでその実力を確かめた。
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • 次世代のレクサスを示唆するEVコンセプトモデル「LF-Zエレクトリファイド」発表 2021.3.31 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年3月30日、レクサスブランドのEVコンセプトモデル「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」を世界初公開。2025年までにEVやPHV、HVなど10種類以上の電動車を含む、新型および改良型約20モデルを投入すると発表した。
ホームへ戻る