スバルのSUVはこれからこうなる!?
「スバル・ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」を検証する

2019.03.30 デイリーコラム

SUV推しは原点回帰

第89回ジュネーブモーターショーで世界初公開されたスバルのコンセプトカー「VIZIV ADRENALINE CONCEPT(ヴィジヴ アドレナリン コンセプト)」。「XV」や「フォレスター」とは違う新しいSUVの追加を示唆するものと解釈しているスバルファンは多いのだが、その真偽はともかく、このコンセプトモデルの出展により、スバルは今後もSUVに力を入れることは一段と鮮明になった。

2019年2月のスバルの国内新車販売を見ると、OEM車を除く車種の合計は9430台。そのうちXVとフォレスター、「アウトバック」が6281台で、SUVの販売比率は66%に達している。「WRX」や、かつての「レガシィ」のターボのようなスポーツモデルに魅了され続けてきたスバルファンにとっては、正直寂しさを禁じ得ない現実だが、SUVの比率が高まっているのはどのメーカーも同じだし、世界的な傾向でもあるので、SUVの充実に力を注ぐのは当然の流れだろう。

そもそも、スバルは「レオーネ」時代から乗用車で悪路走破性能を高めることに傾注していたメーカーなので、SUV色を強めることは原点回帰ともいえる。レオーネから主力車種をレガシィおよび「インプレッサ」に切り替えて以降は、「泥や土に強い」イメージからの脱却を図り、「アスファルトでも速い」を強くアピール。イメージチェンジの大成功によりブランド力を向上させたが、オフローダーからの脱却を図ってから30年たった今も、ほとんどの車種で泥濘(でいねい)路での走行性能が重視されている事実に、あらためて注目したい。細かい部分では思想のブレを感じさせるところも多々あるが、スバルが大事にしている「不易流行」のクルマづくりは、本質的にはブレることなく貫かれているのだ。

2019年3月5日、ジュネーブモーターショーで世界初公開された「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」。
2019年3月5日、ジュネーブモーターショーで世界初公開された「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」。拡大
「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」のエクステリアは、「BOLDER」をキーワードに、一段と大胆なデザインコンセプトで形づくられている。
「ヴィジヴ アドレナリン コンセプト」のエクステリアは、「BOLDER」をキーワードに、一段と大胆なデザインコンセプトで形づくられている。拡大
ジュネーブモーターショーの会場では、スバルの石井 守デザイン部長が概要を紹介した。
ジュネーブモーターショーの会場では、スバルの石井 守デザイン部長が概要を紹介した。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事