「DS 7クロスバック」に新グレード「パフォーマンスライン」登場

2019.04.05 自動車ニュース
DS 7クロスバック パフォーマンスライン
DS 7クロスバック パフォーマンスライン拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2019年4月5日、DSブランドのフラッグシップSUV「DS 7クロスバック」に新グレード「パフォーマンスライン」を追加設定し、販売を開始した。

 
「DS 7クロスバック」に新グレード「パフォーマンスライン」登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」に新グレード「パフォーマンスライン」登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」に新グレード「パフォーマンスライン」登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」に新グレード「パフォーマンスライン」登場の画像拡大
 
「DS 7クロスバック」に新グレード「パフォーマンスライン」登場の画像拡大

今回追加されたDS 7クロスバック パフォーマンスラインは、内外装装備の素材やカラーリングにより、DS 7クロスバックの持つGTカー的な性格をより強調したとうたわれる新グレードである。パワートレインは最高出力225ps/最大トルク300Nmの1.6リッター直4ガソリンターボエンジンと8段ATの組み合わせとなる。

外装はあえて装飾性を廃し、ブラックを基調としたストイックなスタイルを追求。DSウイングおよびリアガーニッシュはマットブラックに、フロントグリルはグロスブラックに仕立て、グロスブラック&切削加工の専用19インチホイールは、センターキャップに「カルマン」(カーマインレッド)のアクセントを施した。

外装と同様にブラックを基調としたインテリアでは、ダッシュボードやセンターコンソール、ドアトリムなどにアルカンターラを採用。アルカンターラとテップレザーを組み合わせたシートには、ダイヤモンドパターンのステッチを施している。

これらを含むDS 7クロスバック パフォーマンスラインの装備内容は以下の通り。

【外装】

  • エクスクルーシブバッジ(ボンネット/テールゲート)
  • マットブラックDSウイング
  • 「PERFORMANCE Line」エンブレム(フロントドア/ダッシュボード)
  • パノラミックサンルーフ
  • 19インチ オニキスブラックアロイホイール

【内装】

  • アルカンターラ/テップレザーシート
  • アルカンターラダッシュボード/センターコンソール/ドアトリム
  • 専用ステッチ(カルマン&ゴールド)
  • フロントステップガード
  • アルミペダル

ボディーカラーは「グリプラチナム」と「ルージュアルティメット」の2色展開で、価格は549万円。

(webCG)

関連キーワード:
DS 7クロスバック, DS, 自動車ニュース

DS DS 7クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
  • DS 7クロスバック グランシック(FF/8AT)/ソーシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.8.14 試乗記 DSブランドのフラッグシップにして初のSUVとなる「DS 7クロスバック」。きらびやかなデザインもさることながら、その走りもまた、フランス車ならではの個性が感じられるものだった。
  • DS 3クロスバックE-TENSE/DS 7クロスバックE-TENSE 4×4【海外試乗記】 2019.12.30 試乗記 フランスの前衛的ブランドであるDSから、2タイプの電動SUVが登場。早速かの地でステアリングを握ってみると、“オートクチュール”をテーマに掲げるDSにマッチした、完成度の高い走りを楽しむことができた。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る