「シボレー・カマロ」にネオンカラーの限定モデルが登場

2019.05.16 自動車ニュース
シボレー・カマロSS“ショックエディション”
シボレー・カマロSS“ショックエディション”拡大

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2019年5月16日、スポーツクーペ「シボレー・カマロ」に特別仕様車「SHOCK EDITION(ショックエディション)」を設定し、同年6月1日に発売すると発表した。

レカロパフォーマンスシート
レカロパフォーマンスシート拡大
5スポークグロスブラックホイール
5スポークグロスブラックホイール拡大
 
「シボレー・カマロ」にネオンカラーの限定モデルが登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、クーペの「LT RS」と「SS」をベースとした限定モデルであり、LT RSベースのものが20台、SSベースのものが15台販売される。

最大の特徴はボディーカラーにあり、「ショック」と呼ばれる新色のネオンカラーを採用。SSベースのモデルには、レカロ製のシートやレッドアウトラインストライプ付きの5スポークグロスブラックホイールも装備される。

価格は「LT RS“ショックエディション”」が529万2000円、「SS“ショックエディション”」が729万円。

(webCG)

関連キーワード:
カマロ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
  • BMW M850i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.4.11 試乗記 かつてBMWのV12ラグジュアリークーペに与えられていた「8シリーズ」の名称がおよそ20年ぶりに復活した。「クーペ」と「カブリオレ」という2つのラインナップから、まずはスタイリッシュなクーペに試乗。新世代フラッグシップモデルの実力を確かめる。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
ホームへ戻る