「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新

2019.05.23 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、アタックドライバーを務めたロラン・ウルゴン氏。
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、アタックドライバーを務めたロラン・ウルゴン氏。拡大

仏ルノーは2019年5月21日(現地時間)、新型「メガーヌ ルノースポール(R.S.)トロフィーR」でドイツ・ニュルブルクリンクの北コース(20.6km)にアタックし、これまでで最速となる7分40秒100で走破したと発表した。

 
「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新の画像拡大

先代のメガーヌR.S.トロフィーRの最速タイムは、2014年のアタックで記録した7分54秒36。新型メガーヌR.S.トロフィーRは、これよりも14秒ほど速く走破したことになる。ステアリングを握ったのはルノー・スポールのテストドライバーであるロラン・ウルゴン氏。20.832kmでの計測タイムも公表されており、こちらは7分45秒389だった。

メガーヌR.S.トロフィーRは「メガーヌR.Sトロフィー」(日本未導入)のさらなるハードコアバージョン。1.8リッター直4ターボエンジンの最高出力300psはトロフィーと同一ながら、車両重量を約130kg削減したほか、空力強化によってロードホールディング性能を高めている。

メガーヌR.S.トロフィーRは2019年末までに発売される予定だが、数百台の台数限定販売となる見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ルノー カングー ジャンボリー2019」の会場から 2019.6.4 画像・写真 2019年5月26日、「ルノー カングー ジャンボリー2019」が山梨・山中湖村の山中湖交流プラザ「きらら」で開催された。第11回となる今回は、過去最大となる1714台もの「カングー」が全国から集結。当日の模様を写真で紹介する。
  • 第573回:「アルピーヌの基本原則を突き詰める」
    アルピーヌの魔術師ジャン‐パスカル・ドゥースに聞く
    2019.6.6 エディターから一言 当初、ルノーとケータハムカーズのジョイントベンチャーとしてスタートした新生アルピーヌのスポーツカー開発計画。初期段階からプロジェクトに関わっていたチーフ・ビークル・エンジニアのジャン‐パスカル・ドゥース氏に、開発の裏側とアルピーヌの未来を聞いてみた。
  • トヨタ・スープラRZ(FR/8AT)/スープラSZ-R(FR/8AT)/スープラSZ(FR/8AT)【試乗記】 2019.6.10 試乗記 17年ぶりに復活した新型「トヨタ・スープラ」が、ついに日本の道を走りだす。BMWとの提携をはじめとする新たな試みから生まれた5代目は、どんなクルマに仕上がっているのか? 全3グレードの走りを報告する。
  • ジャガーIペースHSE(4WD)【試乗記】 2019.6.3 試乗記 欧州カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたジャガーのEV「Iペース」は、他のEVや従来のジャガー車とどう違う? 市街地や高速道路を走らせてわかった“エレクトリック・パフォーマンスSUV”の乗り味を報告する。
  • 第35回:シトロエンC3 2019.5.29 カーデザイナー明照寺彰の直言 ユニークなデザインで注目を集め、デビューとともに一躍人気モデルとなった現行型「シトロエンC3」。いまやすっかりブランドの屋台骨となっている同車のデザインは、現役のカーデザイナー明照寺彰の目にどう映るのか?
ホームへ戻る