「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新

2019.05.23 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、アタックドライバーを務めたロラン・ウルゴン氏。
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、アタックドライバーを務めたロラン・ウルゴン氏。拡大

仏ルノーは2019年5月21日(現地時間)、新型「メガーヌ ルノースポール(R.S.)トロフィーR」でドイツ・ニュルブルクリンクの北コース(20.6km)にアタックし、これまでで最速となる7分40秒100で走破したと発表した。

 
「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新の画像拡大

先代のメガーヌR.S.トロフィーRの最速タイムは、2014年のアタックで記録した7分54秒36。新型メガーヌR.S.トロフィーRは、これよりも14秒ほど速く走破したことになる。ステアリングを握ったのはルノー・スポールのテストドライバーであるロラン・ウルゴン氏。20.832kmでの計測タイムも公表されており、こちらは7分45秒389だった。

メガーヌR.S.トロフィーRは「メガーヌR.Sトロフィー」(日本未導入)のさらなるハードコアバージョン。1.8リッター直4ターボエンジンの最高出力300psはトロフィーと同一ながら、車両重量を約130kg削減したほか、空力強化によってロードホールディング性能を高めている。

メガーヌR.S.トロフィーRは2019年末までに発売される予定だが、数百台の台数限定販売となる見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「ルノー・トゥインゴ」展示会の会場から 2019.8.23 画像・写真 2019年8月24日、東京・青山で新型「ルノー・トゥインゴ」の展示会が行われる。一般向けの公開に先立って行われたメディア向け展示会の様子を、マイナーチェンジを受けたトゥインゴの詳細な姿とともに、写真でリポートする。
  • 新しくなったルノー・トゥインゴを知る、試す 2019.8.22 ボンジュール ルノー・トゥインゴ!<PR> “パリが仕立てたコンパクト”こと「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ。人気を博した従来モデルからどのような進化を遂げたのか? 普段使いで想定されるさまざまシーンを試し、新しくなったフレンチコンパクトの出来栄えを確かめた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」がマイナーチェンジ より機能的にスタイリッシュに進化 2019.8.22 自動車ニュース ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」がマイナーチェンジ。前後バンパーやヘッドランプ、テールランプなどのデザインを変更したほか、Apple CarPlayやAndroid Autoに対応するインフォテインメントシステム「EASY LINK」を新採用した。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル フランス最古のスポーツアパレルブランドとコラボ 2019.8.22 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に台数150台の限定モデル「ルコックスポルティフ」が登場。フランス最古の総合スポーツ用品メーカー、ルコックスポルティフとのコラボレーションで誕生したモデルで、特別な内外装のデザインや、充実した装備を特徴としている。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2019.9.18 試乗記 活況を呈する昨今のコンパクトSUV市場にあって、いまひとつ存在感を示せていない「スズキ・エスクード」。しかし実際に試乗してみると、軽快な走りと本格的な4WDシステム、優れた実用性を併せ持つ、侮れない実力の持ち主だった。
ホームへ戻る