「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新

2019.05.23 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、アタックドライバーを務めたロラン・ウルゴン氏。
「ルノー・メガーヌR.S.トロフィーR」と、アタックドライバーを務めたロラン・ウルゴン氏。拡大

仏ルノーは2019年5月21日(現地時間)、新型「メガーヌ ルノースポール(R.S.)トロフィーR」でドイツ・ニュルブルクリンクの北コース(20.6km)にアタックし、これまでで最速となる7分40秒100で走破したと発表した。

 
「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新の画像拡大
 
「ルノー・メガーヌR.S.」がニュルでのアタックタイムを更新の画像拡大

先代のメガーヌR.S.トロフィーRの最速タイムは、2014年のアタックで記録した7分54秒36。新型メガーヌR.S.トロフィーRは、これよりも14秒ほど速く走破したことになる。ステアリングを握ったのはルノー・スポールのテストドライバーであるロラン・ウルゴン氏。20.832kmでの計測タイムも公表されており、こちらは7分45秒389だった。

メガーヌR.S.トロフィーRは「メガーヌR.Sトロフィー」(日本未導入)のさらなるハードコアバージョン。1.8リッター直4ターボエンジンの最高出力300psはトロフィーと同一ながら、車両重量を約130kg削減したほか、空力強化によってロードホールディング性能を高めている。

メガーヌR.S.トロフィーRは2019年末までに発売される予定だが、数百台の台数限定販売となる見込みだ。

(webCG)

関連キーワード:
メガーヌR.S., ルノー, 自動車ニュース

ルノー メガーヌR.S. の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(前編) 2021.9.5 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師がマイナーチェンジしたルノーの高性能ハッチバック「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」に試乗。かつてその2020年モデルを愛車として選んだ漫画界のレジェンドは、最新モデルをどう評価したのか。
  • スバルが新型「WRX」を世界初公開 従来モデルから車両構造を全面刷新 2021.9.10 自動車ニュース スバルが米国で新型「WRX」を世界初公開した。4世代目となる新型は、車両骨格に「スバルグローバルプラットフォーム」を採用。エンジンは2.4リッターターボで、一部のグレードにはドライブモードセレクターや電子制御サスペンションも採用されるという。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.11 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、他のモデルとは趣を異にする伸びやかなスタイリングが目を引く「アルテオン」。ブランドの旗艦を担う5ドアクーペは、マイナーチェンジでどのような進化を遂げたのか。上質な仕様の「エレガンス」で確かめた。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC(後編) 2021.9.12 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師によるルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール トロフィーEDC」の試乗リポート後編。公道での乗り味と、このクルマは果たして誰にオススメなのかについて、より詳しく語ってもらった。
ホームへ戻る