「三菱エクリプス クロス」のディーゼルエンジン搭載モデル発売

2019.06.13 自動車ニュース
三菱エクリプス クロス
三菱エクリプス クロス拡大

三菱自動車は2019年6月13日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」にディーゼルエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

エクリプス クロス ブラックエディション
エクリプス クロス ブラックエディション拡大

ディーゼルモデルに搭載されるのは最高出力145ps/3500rpm、最大トルク380Nm/2000rpmを発生する「4N14」型2.3リッターディーゼルターボユニット。尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を使って排ガスを浄化する尿素SCRシステムを採用している。駆動方式は4WDのみの設定で、トランスミッションはスポーツモードを備えた8段ATを組み合わせる。

グレード構成はガソリンエンジン搭載モデルと同じで、装備が簡素な方から順に「M」「G」「Gプラスパッケージ」をラインナップ。さらに、Gプラスパッケージをベースとした特別仕様車「ブラックエディション」を設定するのもガソリンモデルと同様だ。

ラインナップと価格の一覧は以下の通り。

  • M:306万1800円
  • G:323万0280円
  • Gプラスパッケージ:340万3080円
  • ブラックエディション:342万4680円
  • ブラックエディション オーディオ非装着車:332万7480円

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る