「三菱エクリプス クロス」のディーゼルエンジン搭載モデル発売

2019.06.13 自動車ニュース
三菱エクリプス クロス
三菱エクリプス クロス拡大

三菱自動車は2019年6月13日、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」にディーゼルエンジン搭載モデルを追加設定し、販売を開始した。

エクリプス クロス ブラックエディション
エクリプス クロス ブラックエディション拡大

ディーゼルモデルに搭載されるのは最高出力145ps/3500rpm、最大トルク380Nm/2000rpmを発生する「4N14」型2.3リッターディーゼルターボユニット。尿素水溶液「AdBlue(アドブルー)」を使って排ガスを浄化する尿素SCRシステムを採用している。駆動方式は4WDのみの設定で、トランスミッションはスポーツモードを備えた8段ATを組み合わせる。

グレード構成はガソリンエンジン搭載モデルと同じで、装備が簡素な方から順に「M」「G」「Gプラスパッケージ」をラインナップ。さらに、Gプラスパッケージをベースとした特別仕様車「ブラックエディション」を設定するのもガソリンモデルと同様だ。

ラインナップと価格の一覧は以下の通り。

  • M:306万1800円
  • G:323万0280円
  • Gプラスパッケージ:340万3080円
  • ブラックエディション:342万4680円
  • ブラックエディション オーディオ非装着車:332万7480円

(webCG)

関連キーワード:
エクリプス クロス, 三菱, 自動車ニュース

三菱 エクリプス クロス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱の最新電動SUV「エクリプス クロスPHEV」「アウトランダーPHEV」の魅力に迫る 2021.2.25 電気の力を多彩に活用 三菱の最新PHEVを味わう<AD> 三菱自動車のプラグインハイブリッド車は電気の使い方が多彩だ。環境対応は当然として、走りの楽しさと上質さも追求。さらにクルマ自体を“電源”としても使えるようにしている。「エクリプス クロスPHEV」と「アウトランダーPHEV」、2台の最新モデルでその世界を味わってみた。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
  • トヨタGR 86プロトタイプ/スバルBRZプロトタイプ【試乗記】 2021.7.17 試乗記 日本の2メーカーの共同開発により生まれた「トヨタ86」と「スバルBRZ」。初代誕生から9年の時を経て世に出る2代目は、どんなスポーツカーに仕上がっているのか? サーキットで試乗した印象と進化のポイントをリポートする。
  • 三菱自動車が「RVR」を一部改良 予防安全装備を強化 2021.7.15 自動車ニュース 三菱自動車は2021年7月15日、「RVR」を一部改良し、販売を開始した。安全装備の充実を図っており、「G」および「ブラックエディション」に、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト付き)および後退時車両検知警報システムを標準装備としている。
  • ポルシェ911ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.7.3 試乗記 最高出力580PS、最大トルク750N・mのパフォーマンスを誇る「ポルシェ911ターボ」に試乗。さまざまなステージで600km以上を走り込むと、先に登場した上位モデル「ターボS」とのちがいが見えてきた。果たしてこの“素のターボ”を選ぶ意味とは?
ホームへ戻る