「アルピーヌA110」に黒と青の限定モデルが登場

2019.06.06 自動車ニュース
アルピーヌA110ノワール
アルピーヌA110ノワール拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年6月6日、ミドシップのコンパクトスポーツカー「アルピーヌA110」に特別仕様車「ノワール」と「ブルーアビス」を設定し、同日発表した。

A110ノワールのインテリア。
A110ノワールのインテリア。拡大
A110ブルーアビス
A110ブルーアビス拡大
A110ブルーアビスのインテリア。
A110ブルーアビスのインテリア。拡大

今回の特別仕様車は、カタログモデルにはない内外装の仕様を特徴とする限定モデルで、各々30台が販売される。

具体的には、ノワールは「ノワール プロフォン メタリック」のボディーカラーとブラックレザーのサベルト製スポーツシートが、ブルーアビスは「ブルーアビス メタリック」のボディーカラーとブラックの18インチアロイホイール「SERAC」が与えられている。なお、諸元についてはカタログモデルの「リネージ」と共通である。

ノワールは同日に、ブルーアビスは8月下旬に予約受け付けを開始し、申し込み多数の場合は抽選による販売となる。価格はともに829万円。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • 第573回:「アルピーヌの基本原則を突き詰める」
    アルピーヌの魔術師ジャン‐パスカル・ドゥースに聞く
    2019.6.6 エディターから一言 当初、ルノーとケータハムカーズのジョイントベンチャーとしてスタートした新生アルピーヌのスポーツカー開発計画。初期段階からプロジェクトに関わっていたチーフ・ビークル・エンジニアのジャン‐パスカル・ドゥース氏に、開発の裏側とアルピーヌの未来を聞いてみた。
  • アルピーヌA110リネージ/A110ピュア 2018.9.21 画像・写真 アルピーヌ・ジャポンは2018年9月21日、ミドシップスポーツカー「A110」をカタログモデルとして導入すると発表し、同日、予約受注を開始した。その姿を写真で紹介する。
  • 「アルピーヌA110」に黒と青の限定モデルが登場 2019.6.6 自動車ニュース アルピーヌ・ジャポンがミドシップスポーツカー「アルピーヌA110」に特別仕様車「ノワール」と「ブルーアビス」を発表した。車名にもなっている「ノワール プロフォン メタリック」「ブルーアビス メタリック」の2色の車体色が特徴で、ともに30台の限定販売となる。
ホームへ戻る