「アルピーヌA110」に黒と青の限定モデルが登場

2019.06.06 自動車ニュース
アルピーヌA110ノワール
アルピーヌA110ノワール拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年6月6日、ミドシップのコンパクトスポーツカー「アルピーヌA110」に特別仕様車「ノワール」と「ブルーアビス」を設定し、同日発表した。

A110ノワールのインテリア。
A110ノワールのインテリア。拡大
A110ブルーアビス
A110ブルーアビス拡大
A110ブルーアビスのインテリア。
A110ブルーアビスのインテリア。拡大

今回の特別仕様車は、カタログモデルにはない内外装の仕様を特徴とする限定モデルで、各々30台が販売される。

具体的には、ノワールは「ノワール プロフォン メタリック」のボディーカラーとブラックレザーのサベルト製スポーツシートが、ブルーアビスは「ブルーアビス メタリック」のボディーカラーとブラックの18インチアロイホイール「SERAC」が与えられている。なお、諸元についてはカタログモデルの「リネージ」と共通である。

ノワールは同日に、ブルーアビスは8月下旬に予約受け付けを開始し、申し込み多数の場合は抽選による販売となる。価格はともに829万円。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110ピュア(MR/7AT)【試乗記】 2018.10.29 試乗記 デビュー記念の限定車に続いて正式なカタログモデルの国内販売がスタートした、フランス生まれのスポーツカー「アルピーヌA110」。そのうち「ピュア」と名付けられたライトウェイトバージョンに、一般道とサーキットで試乗した。
  • トヨタ・スープラSZ-R(FR/8AT)【試乗記】 2019.8.6 試乗記 新型「トヨタ・スープラ」の中でイチオシのグレードだと、開発テストドライバーが口をそろえる「スープラSZ-R」。ワインディングロードで試乗してみると、その評価に納得できる楽しさが伝わってきた。
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)/718ケイマンGT4(MR/6MT)【海外試乗記】 2019.8.5 試乗記 オープントップの「718スパイダー」とクローズドボディーの「718ケイマンGT4」。“ミドシップ・ポルシェ”のトップに君臨する2モデルが新型になって帰ってきた。果たして、その仕上がりは? イギリスからの第一報。
  • 「アルピーヌA110」だけじゃない!
    フレンチスポーツカーの奥深き世界を垣間見る
    2019.7.24 デイリーコラム 2017年に復活した新生「アルピーヌA110」が世界中で人気を博しているが、フランスにおけるスポーツカーはアルピーヌがすべてというわけではない。アルプスとルマンが鍛えた、個性豊かなフレンチスポーツカーを紹介する。
ホームへ戻る