「アルピーヌA110」に黒と青の限定モデルが登場

2019.06.06 自動車ニュース
アルピーヌA110ノワール
アルピーヌA110ノワール拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年6月6日、ミドシップのコンパクトスポーツカー「アルピーヌA110」に特別仕様車「ノワール」と「ブルーアビス」を設定し、同日発表した。

A110ノワールのインテリア。
A110ノワールのインテリア。拡大
A110ブルーアビス
A110ブルーアビス拡大
A110ブルーアビスのインテリア。
A110ブルーアビスのインテリア。拡大

今回の特別仕様車は、カタログモデルにはない内外装の仕様を特徴とする限定モデルで、各々30台が販売される。

具体的には、ノワールは「ノワール プロフォン メタリック」のボディーカラーとブラックレザーのサベルト製スポーツシートが、ブルーアビスは「ブルーアビス メタリック」のボディーカラーとブラックの18インチアロイホイール「SERAC」が与えられている。なお、諸元についてはカタログモデルの「リネージ」と共通である。

ノワールは同日に、ブルーアビスは8月下旬に予約受け付けを開始し、申し込み多数の場合は抽選による販売となる。価格はともに829万円。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース