フェラーリが「SF90ストラダーレ」をフィオラーノで披露

2019.06.06 自動車ニュース
フェラーリSF90ストラダーレ
フェラーリSF90ストラダーレ拡大

伊フェラーリは2019年5月29日(現地時間)、同社初となる市販PHEV「SF90ストラダーレ」の発表イベントをマラネッロで開催した。

「フィオラーノ」と呼ばれるフェラーリのテストコースにつくられた「SF90ストラダーレ」の発表イベント会場。この特別な瞬間のために、全世界から顧客や報道関係者が参列した。
「フィオラーノ」と呼ばれるフェラーリのテストコースにつくられた「SF90ストラダーレ」の発表イベント会場。この特別な瞬間のために、全世界から顧客や報道関係者が参列した。拡大
「SF90ストラダーレ」のデザインはフェラーリ・デザインセンターが担当。会場ではスケッチのデモンストレーションも行われた。
「SF90ストラダーレ」のデザインはフェラーリ・デザインセンターが担当。会場ではスケッチのデモンストレーションも行われた。拡大

発表会場となったのは、同社の「フィオラーノ」テストコース。普段、F1マシンや市販モデルのテストを行うコース上に特設テントを設営、顧客や報道関係者が全世界から参列した。

◆関連動画:「フェラーリSF90ストラダーレ」発表会

実車が初公開されたSF90ストラダーレは、2シーターリアミドシップというフェラーリ伝統のパッケージングを採用。デザインはフェラーリの社内で行われた。搭載されるプラグインハイブリッドユニットは、4リッターV8ツインターボに3基のモーターを組み合わせたもので、システム総出力1000psを発生。エンジンとリアモーターが後輪を、左右独立配置された2基のフロントモーターが前輪を駆動する4WDシステムを採用している。

最高速度340km/h、0-100km/h加速2.5秒、0-200km/h加速6.7秒、100km/hからの完全停止距離は29.5mというパフォーマンスが公表されており、同モデルのお披露目会場となったフィオラーノ(フェラーリのテストコース)のラップタイムは、「ラ・フェラーリ」が記録した80秒7(2017年8月TOFM発表)を上回る79秒と発表されている。

(webCG)

関連キーワード:
SF90ストラダーレ, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリの新型FRクーペ「ローマ」日本デビュー 最高出力620PSのV8エンジンを搭載 2020.4.2 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2020年4月1日、東京・港区のコーンズ芝ショールームにおいてV8ツインターボエンジンを搭載する新型2+2クーペ「ローマ」を日本で初披露した。すでに受注が開始されており、納車は2021年初頭を予定しているという。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • 成功のカギは“ホカン”にあり!? スーパーSUV「ランボルギーニ・ウルス」はどうしてこんなに売れるのか? 2020.8.7 デイリーコラム 3000万円級の高価格でありながら、2年で1万台という驚異的なセールスを記録したスーパーSUV「ウルス」。その成功は、単なるSUVブームによるものなのか? 容易ならざる勝利の理由を、業界の識者はこう見る。
  • ベントレーがSUV「ベンテイガ」の改良版を発表 デザインを改め利便性も向上 2020.7.1 自動車ニュース 英ベントレーは2020年6月30日、マイナーチェンジを施した、ラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」の最新型を発表した。内外装のデザインが手直しされたほか、コネクティビティ―をはじめとする利便性も見直されている。
ホームへ戻る