PHVの「ボルボV60」に100万円安の新グレード登場

2019.06.11 自動車ニュース

ボルボ・カー・ジャパンは2019年6月11日、ミッドサイズワゴン「ボルボV60」のラインナップに「V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム」を追加。同日、販売を開始した。

これまで「V60」のプラグインハイブリッドモデル「V60 T6 Twin Engine AWD」は、装備充実の「インスクリプション」グレードのみとなっていたが、今回新たに、より価格の安いエントリーグレード「モメンタム」が設定された。シートの表皮や電動調節機構、インテリアのトリム、エキゾーストパイプとアルミホイールの意匠などが主な相違点となっている。

このほか、V60シリーズ全体としても一部仕様が変更されており、後方の死角から近づく車両を知らせる運転支援機能「BLIS(ブラインドスポットインフォメーションシステム)」にはステアリングアシスト機能が、車線の中央をキープできるよう支援する「パイロットアシスト」にはステアリングホイールの微振動により運転者に一時解除を知らせる新機能が追加された。

このうちプラグインハイブリッドのV60 T6 Twin Engine AWDと「V60 T8 Twin Engine AWD」については、駆動用のリチウムイオンバッテリーの容量が30Ahから34Ahに拡大され、ともに48.2km(WLTCモード)のEV走行が可能となった。

V60のラインナップと価格は以下の通り。

  • V60 T5モメンタム:499万円
  • V60 T5インスクリプション:599万円
  • V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム:659万円
  • V60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション:759万円
  • V60 T8 Twin Engine AWDインスクリプション:829万円

(webCG)

V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム
V60 T6 Twin Engine AWDモメンタム拡大

関連キーワード:
V60, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V60 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボV60 B5 R-DESIGN(FF/8AT)【試乗記】 2021.1.6 試乗記 ボルボのステーションワゴン「V60」の最新モデルに試乗。連れ出したのは新たに設定された48Vハイブリッドパワートレインと、スポーティーなセッティングのサスペンションを備えた「B5 R-DESIGN」。果たしてその仕上がりは?
  • ボルボV90 B6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.27 試乗記 48Vマイルドハイブリッド搭載の「ボルボV90 B6 AWDインスクリプション」で、古都・金沢まで約650kmの道のりをロングドライブ。高速道での快適性やボルボが誇るADAS「インテリセーフ」の実用性に加え、燃費性能もチェックした。
  • ボルボV60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.9 試乗記 「ボルボV60」の高性能バージョン「T8ポールスターエンジニアード」に試乗。全車の電動化戦略を着々と進めるボルボ。その旗振り役を務めるように電気の力でハイパフォーマンスを手にしたコンプリートモデルの仕上がりは?
  • ボルボS60 T6 Twin Engine AWDインスクリプション/トヨタ・クラウン2.5 G(前編)【試乗記】 2020.1.8 試乗記 日本におけるセダンユーザー拡大を使命に、ボルボが送り込んできた新型「S60」。受けて立つのはこれぞニッポンのセダンたる「トヨタ・クラウン」。この2台を比較試乗し、SUV全盛のいま、セダンをチョイスする理由について考えた。
ホームへ戻る