「スズキ・アルトラパン」の先進安全装備が充実

2019.06.17 自動車ニュース
スズキ・アルトラパン
スズキ・アルトラパン拡大

スズキは2019年6月17日、軽乗用車「アルトラパン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

 
「スズキ・アルトラパン」の先進安全装備が充実の画像拡大
 
「スズキ・アルトラパン」の先進安全装備が充実の画像拡大

今回の変更では、主に先進安全装備の強化を図っている。

全車に標準装備される予防安全技術「スズキセーフティサポート」については、その機能を大幅に強化。従来の衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能に加えて、車線逸脱警報機能やふらつき警報機能、ハイビームアシスト、標識認識機能(車両進入禁止/はみ出し通行禁止/最高速度)、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーを搭載した。

また、「X」グレードのシート表皮に「キャメル」と「スカーレット」の2色を設定したほか、「G」および「L」グレードにオートライトシステムを、GのFF車に運転席シートヒーターを、Gの4WD車に助手席シートヒーターをそれぞれ採用した。

価格はG(FF車)の110万7000円から、X(4WD車)の151万4160円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ラパン, スズキ, 自動車ニュース