「スズキ・アルトラパン」の先進安全装備が充実

2019.06.17 自動車ニュース
スズキ・アルトラパン
スズキ・アルトラパン拡大

スズキは2019年6月17日、軽乗用車「アルトラパン」の一部仕様を変更し、販売を開始した。

 
「スズキ・アルトラパン」の先進安全装備が充実の画像拡大
 
「スズキ・アルトラパン」の先進安全装備が充実の画像拡大

今回の変更では、主に先進安全装備の強化を図っている。

全車に標準装備される予防安全技術「スズキセーフティサポート」については、その機能を大幅に強化。従来の衝突被害軽減ブレーキや誤発進抑制機能に加えて、車線逸脱警報機能やふらつき警報機能、ハイビームアシスト、標識認識機能(車両進入禁止/はみ出し通行禁止/最高速度)、後退時ブレーキサポート、後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーを搭載した。

また、「X」グレードのシート表皮に「キャメル」と「スカーレット」の2色を設定したほか、「G」および「L」グレードにオートライトシステムを、GのFF車に運転席シートヒーターを、Gの4WD車に助手席シートヒーターをそれぞれ採用した。

価格はG(FF車)の110万7000円から、X(4WD車)の151万4160円まで。

(webCG)

関連キーワード:
ラパン, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ラパン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルトラパン モード 2018.12.6 画像・写真 「スズキ・アルトラパン」にシックで落ち着いたイメージが魅力の「モード」が登場。メッキの専用フロントグリルやヘリンボーン柄のインパネオーナメント、ネイビーのファブリックシート表皮などで上質に仕立てられた特別仕様車のディテールを、写真で紹介する。
  • 「スズキ・アルトラパン」にシックな仕立ての特別仕様車 2018.12.6 自動車ニュース スズキの軽乗用車「アルトラパン」に、特別仕様車「MODE(モード)」が登場。カタログモデルとは趣を異にする、落ち着きのある上質なイメージが特徴で、メッキのフロントグリルや木目調のインテリアオーナメント、ネイビーのシート表皮などが用いられている。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・アルトラパンX(FF/CVT)【レビュー】 2015.7.3 試乗記 新世代プラットフォームの導入を機に、燃費だけでなく走りの質でも注目を集めるようになったスズキの軽自動車シリーズ。そのトレンドは女性をターゲットユーザーとした「アルトラパン」にも当てはまるのか? その走りの実力を試した。
ホームへ戻る