アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入

2019.06.18 自動車ニュース
アルピーヌA110S
アルピーヌA110S拡大

アルピーヌ・ジャポンは2019年6月18日、ミドシップスポーツカー「A110」シリーズの新モデル「A110S」を、2020年の前半を目途に日本に導入すると発表した。

 
アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入の画像拡大
 
アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入の画像拡大
 
アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入の画像拡大
 
アルピーヌが「A110」の高性能モデルを2020年前半に日本導入の画像拡大

A110Sは、より強化されたエンジンや専用チューニングの足まわりなどを特徴とする、A110の高性能バージョンである。

1.8リッター直4ターボエンジンについては、最高出力を252psから292psに向上。足まわりでは固さを50%引き上げたコイルスプリングに合わせて、ダンパーの特性を見直すとともに、通常のモデルより剛性を2倍に高めた中空構造の軽量アンチロールバーを採用している。

タイヤは専用の構造やコンパウンドを持つ「ミシュラン・パイロットスポーツ4」で、前輪を215mm、後輪を245mmにワイド化。また、他のモデルではオプション扱いとなるブレンボ製キャリパーとφ320mmのバイマテリアルディスクからなるブレーキが標準装備となる。

このほかにも、軽量・高剛性のカーボンルーフをオプション設定。車体色にはマットカラーの「グリ トネール」も用意している。

現地での価格は6万6500ユーロ(約800万円)。日本仕様の詳細や、より詳しい導入スケジュールなどについては、確定次第発表される予定となっている。

(webCG)

関連キーワード:
A110, アルピーヌ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
  • アルピーヌA110S(ヘリテージカラー採用車) 2020.11.5 画像・写真 2020年11月5日にスタートした、アルピーヌのカスタマイズプログラム「アトリエ アルピーヌ」。その特別な“ヘリテージカラー”をまとう「アルピーヌA110S」の姿を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110(後編) 2020.12.27 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師による「アルピーヌA110ピュア」の試乗リポート後編。一部の好事家に、かの「ロータス・ヨーロッパ」の再来ともいわれている、軽量なフレンチミドシップスポーツの最終評価は?
  • アルピーヌA110(前編) 2020.12.20 池沢早人師の恋するニューモデル 漫画『サーキットの狼』の作者、池沢早人師が今回試乗するのは、生産終了から約40年の時を経て21世紀に復活した「アルピーヌA110」。ライトウェイトミドシップスポーツの楽しさを誰よりも知る漫画界のスーパーレジェンドが、その印象を語る。
  • アルピーヌA110S(MR/7AT)/A110(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.20 試乗記 アルピーヌのピュアスポーツカー「A110」に、さらなる高性能バージョン「A110S」が登場。サーキットでステアリングを握った筆者は、速さだけを追い求めないチューニングの成果に、大いに感銘を受けたのだった。
ホームへ戻る