【F1 2019 速報】第8戦フランスGPでハミルトン6勝目

2019.06.24 自動車ニュース

F1世界選手権第8戦フランスGPの決勝が、2019年6月23日、フランスのサーキット・ポールリカール(5.842km)を53周して行われた。

初日から快走のメルセデス勢の中で、週末の入りが良かったのがバルテリ・ボッタス。しかし肝心要の予選Q3、そして決勝と、ルイス・ハミルトンがチームメイトを上回るパフォーマンスを披露した。ポールポジションからスタートしたハミルトンが、第5戦スペインGPから4連勝。今季6勝目、自身通算79勝目を飾った。

2位はバルテリ・ボッタスで、メルセデスは8戦して6回目の1-2フィニッシュを達成した。

3位はフェラーリのシャルル・ルクレール。レース終盤にボッタスを猛追するも抜けず、0.929秒差で今季3度目の3位表彰台にのぼった。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは4番グリッドから4位。ホンダは改良型パワーユニットを投入したが、ルクレールに15秒もの差をつけられてしまいポディウム登壇はならず。フェラーリのセバスチャン・ベッテルは予選で失敗し、7番グリッドと後方からスタートして5位。残り2周でフレッシュなタイヤに履き替えファステストラップを記録し、1点のボーナスポイントを追加した。

3強チーム以下の「ベスト・オブ・ザ・レスト」の座を射止めたのは、マクラーレン・ルノー。カルロス・サインツJr.が6位入賞、ランド・ノリスは終盤まで7位を走行していたが、マシントラブルに見舞われて順位を落としてしまい、入賞圏ギリギリの10位で何とかチェッカードフラッグを受けた。

ルノーは母国GPでダブル入賞を果たし、ダニエル・リカルド7位、ニコ・ヒュルケンベルグ9位。アルファ・ロメオ・フェラーリのキミ・ライコネンが12番グリッドから8位でレースを終えた。

以下、11位ピエール・ガスリー(レッドブル)、12位セルジオ・ペレス(レーシングポイント・メルセデス)、13位ランス・ストロール(レーシングポイント)、14位ダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)、15位アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)、16位アントニオ・ジョビナッツィ(アルファ・ロメオ)、17位ケビン・マグヌッセン(ハース・フェラーリ)、18位ロバート・クビサ(ウィリアムズ・メルセデス)、19位ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)が完走した。

ドライバーズチャンピオンシップの首位ハミルトンは187点、ランキング2位のボッタスは151点で、両者の差は29点から36点に拡大。3位ベッテルはさらに大きく離され111点、4位フェルスタッペン100点、5位ルクレール87点と続く。

コンストラクターズチャンピオンシップでも、338点を集めているメルセデスが独走状態。2位フェラーリとの間には140点ものギャップができている。136点で3位のレッドブルの後ろでは、4位マクラーレン39点、5位ルノー36点と中団勢が激しいポジション争いを繰り広げている。

【追加更新】
レース後、7位でゴールしたリカルドには2つの5秒加算ペナルティーが科され、11位に降格となった。ファイナルラップ中、スローダウン気味のノリスを抜こうとして一瞬コースオフ、ラインに戻る際にノリスに危険回避を迫る戻り方をしたとしてプラス5秒。その直後、目の前のライコネンをコース外に出てオーバーテイクしたとして、リカルドのリザルトには計10秒が加えられた。

この結果、ライコネン7位、ヒュルケンベルグ8位、ノリス9位、ガスリー10位とそれぞれ順位が繰り上がった。またコンストラクターズランキング3位のレッドブルのポイントは1点増えて137点に、同4位のマクラーレンも1点増で40点、同5位ルノーの得点は4点減り32点となった。

(文=bg)
 

 
【F1 2019 速報】第8戦フランスGPでハミルトン6勝目の画像拡大

関連キーワード:
F1 2019, モータースポーツ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事