装備を強化してお得な価格設定に 「スズキ・ソリオ」に2タイプの特別仕様車

2019.07.11 自動車ニュース
スズキ・ソリオGX2
スズキ・ソリオGX2拡大

スズキは2019年7月11日、コンパクトハイトワゴン「ソリオ」に特別仕様車「GX2」および「GX4」を設定し、販売を開始した。

ソリオGX4
ソリオGX4拡大
 
装備を強化してお得な価格設定に 「スズキ・ソリオ」に2タイプの特別仕様車の画像拡大

今回の2タイプの特別仕様車は、エントリーグレード「G」の「スズキセーフティーサポート装着車」がベース。快適装備などを充実させながらも、買い得な価格設定としたのがセリングポイントである。GX2がFF車、GX4が4WD車となる。

前席SRSサイドエアバッグや後席右側ワンアクションパワースライドドア、IRカット機能付きフロントガラス、プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)などを装備する。

さらに、専用シルバーステッチ付きのファブリックシートが備わるほか、GX2では前後バンパーがエアロタイプとなる。

ボディーカラーは「スピーディーブルーメタリック」および「クラッシーブラウンメタリック」のホワイトツートンルーフ仕様をはじめとした、全7タイプをラインナップする。

このほか、周囲を立体的に360度確認できる「3Dビュー」と自車の周辺に人などが接近していることを知らせる「左右確認サポート機能」を備えた「全方位モニター用カメラパッケージ」をオプション設定した。

特別装備の内容は以下の通り。

【快適装備】

  • 後席右側ワンアクションパワースライドドア(挟み込み防止機構付き、左側はベース車に標準装備)
  • IRカット機能付きフロントガラス
  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • フルオートエアコン(外気温計、エアフィルター付き)
  • リアスピーカー(フロント2スピーカーはベース車に標準装備)
  • 電動格納式リモコンドアミラー(リモート格納)
  • 車速連動式オートドアロック
  • ロールサンシェード
  • 運転席シートサイドポケット、助手席シートバックポケット
  • 後席センターアームレスト、後席シートバックスライドレバー
  • パーソナルテーブル(ドリンクホルダー各2個、ショッピングフック各3個、折りたたみ格納式、後席左右)
  • 助手席シートヒーター(GX2に。GX4はベース車に標準装備)

【安全装備】

  • フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • 助手席シートベルト警告灯、助手席シートベルトリマインダー

【デザイン】

  • ファブリックシート表皮(専用シルバーステッチ、フロント)
  • ドアトリムクロス(ブラック)
  • インパネセンターガーニッシュ(ピアノブラック調)
  • メッキインサイドドアハンドル
  • フロントエアロバンパー、リアエアロバンパー、サイドアンダースポイラー、ルーフエンドスポイラー(GX2のみ)

価格はGX2がベース車から14万7960円アップの169万3440円で、GX4が同11万6640円アップの178万8480円。

(webCG)

関連キーワード:
ソリオ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ ソリオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.3.8 試乗記 スズキのコンパクトハイトワゴン「ソリオ」が新型に生まれ変わった。ボディーサイズの拡大も乗り味の変化も、すべてはライバル車の研究のもとに行われた改良だ。最上級グレードの「ハイブリッドMZ」に試乗し、その進化のほどを確かめた。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ/ソリオ バンディット ハイブリッドMV【試乗記】 2020.12.24 試乗記 5ナンバー規格に収まるフットプリントと背高ボディーで人気の「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ。コンパクトさと広さの両立を求められる日本ならではのファミリーカー、その最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る