ブラックのアクセントパーツでキリッと 限定車「アウディA3 Sライン ブラックスタイリング」発売

2019.07.17 自動車ニュース
アウディA3スポーツバックSライン ブラックスタイリング
アウディA3スポーツバックSライン ブラックスタイリング拡大

アウディ ジャパンは2019年7月17日、「A3セダン」および「スポーツバック」に特別仕様車「Sライン ブラックスタイリング」を設定し、販売を開始した。

 
ブラックのアクセントパーツでキリッと 限定車「アウディA3 Sライン ブラックスタイリング」発売の画像拡大
 
ブラックのアクセントパーツでキリッと 限定車「アウディA3 Sライン ブラックスタイリング」発売の画像拡大

今回のアウディA3 Sライン ブラックスタイリングは、車名の通りにブラックパーツで飾ったエクステリアが特徴だ。セダン、スポーツバックとも1.4リッター直4直噴ターボエンジン(最高出力122ps/最大トルク200Nm)を搭載した「30 TFSIスポーツ」グレードがベースとなる。

フロントグリルやサイドウィンドウトリム、リアバンパーにブラックのアクセントを加えたほか、足元にはブラックとシルバーのコントラストが特徴的な「アウディ スポーツ5トラペゾイドアンスラサイトデザインブラックポリッシュト」18インチアルミホイールを採用。ドアミラーもグロスブラック仕立てとした。

ボディーカラーは「グレイシアホワイト」「ミトスブラック」「タンゴレッド」に加えて、特別色として「ナノグレー」を設定。インテリアカラーはクロス/レザーのブラックとなる。

このほか、「ナビゲーションパッケージ」と「アシスタントパッケージ」も装備する。

価格はスポーツバックが465万円(限定315台)で、セダンが483万円(同200台)。

(webCG)

関連キーワード:
A3スポーツバック, A3セダン, アウディ, 自動車ニュース

アウディ A3スポーツバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • 第163回:カーマニアの回り道 2020.2.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第163回は「カーマニアの回り道」。「スズキ・ハスラー」の新車価格でセレブな中古車は買える!? アコガレのジャガー車で討ち死にし、イタフラ系をターゲットに物色し始めた筆者に、希望を与えたクルマとは?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.15 試乗記 ワールド・ツーリング・カー・カップ(WTCR)参戦マシンのロードゴーイングバージョンとして、台数限定600台が販売される「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI TCR」。伝統のホットモデル「GTI」シリーズで最強となる290PSのパワーを山岳路で味わうべく、富士山麓に連れ出した。
  • アウディA1スポーツバック ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2019.12.6 試乗記 1984年に登場したアウディの「スポーツクワトロ」を連想させるモチーフがそこかしこに用いられた、2代目「A1スポーツバック」。同社のエントリーモデルとしてはもちろん、コンパクトなプレミアムモデルとしても注目度の高い、この新型車の魅力とは?
  • ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード(4WD/8AT) 2020.2.17 試乗記 2019年末に30台限定で導入されるや、発売当日に完売したという「ボルボS60 T8ポールスターエンジニアード」。専用チューニングの電動パワートレインとシャシーを備えた、ハイパフォーマンスセダンの仕上がりを試した。
ホームへ戻る